【オフィスレイアウト参考】大きな空間を上手く区切る手法とは?

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

広いスペースの中に「箱」を置く

“80坪ワンフロア”なんて貸事務所、日本にもよくありますよね。

だだっ広いだけのフロアを、「ボックスで間仕切ること」で効率良く働けるワークスペースに変えてしまったのがこのコワーキングスペース“Zamness”です。

スペイン、バルセロナにあるビーチから徒歩5分という素敵な場所にあるオフィスビルのワンフロアです。

その中に8畳ほどの四角い箱を3個置いただけで、用途の違う6つの空間を生み出したのです。

僕もコワーキングスペースを運営していることで、空間を間仕切ることと、オープンスペースである共有部分の設計は困っていました。

それを簡単に解決するのが、「空間の中に箱を置く」感覚です。

以前紹介した家具以上、部屋未満。 「家の中の小屋」ってなに?も参考に。
日本にもこんなプロジェクトがあります!

floorplan

space2

photo:Zamness

バーカウンター

barphoto:Zamness

ちょっと一息入れたいときのバーもお洒落に決まっていますね。

こんな空間でお茶が飲めたら、仕事もはかどることでしょう。

こんな素敵なワークスペースがあったら、仕事の効率もあがりますね。

ワークショップ、カンファレンス、カルチャーイベントなどはもちろん、プライベートでもいろいろと活用できそうです。

ミーティングルーム

ビルの窓に向かってクリアな壁が配置してありますので、部屋の中は明るくて快適な空間です。

12_2xphoto:Zamness

ワークスペース

シャットアウトされてはいないものの、見事に空間として仕切られていますので、集中して作業に打ち込めることでしょう。spaceworkspacephoto:Zamness

共用部分

ユニットバスとトイレが2つ。

シンプルながら使いやすそうなサニタリーも清潔感があって良い雰囲気です。

トイレはユニットの中にありますので、前室ができて気を遣わずに使えそうです。

WC&Bathphoto:Zamness

家の中に小さい箱を入れよう!

日本にも似たような貸事務所はたくさんありますから、こんなアイデアを活かせるチャンスはたくさんあるはずです。

しかも、このアイデアは何処ででも活かせると思うのです。

家でも会社でも学校でも。

“1つの大きな空間をゆったりと仕切る”だけで、用途は無限にひろがるはずです。


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント