四季折々の風情を楽しむ!ウッドデッキDIY10選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

四季折々を通じて装いを変えてみることができるのがウッドデッキの魅力であり、醍醐味ですよね。
華やかな飾りがゴージャスな達人の作品から、初心者でも取り組めそうなウッドデッキDIYまでをご紹介します。


花と緑が彩る!ベランダをウッドデッキDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

leonaさん(@shizuku19ra)がシェアした投稿

ベランダをウッドデッキ風にDIYしているところが、なんとも言えず独創的で目の付け所の良さを感じさせるウッドデッキDIYですね。
しかも、ベランダを使っているだけあって、ウッドデッキの床部分だけでなく、壁部分にも木が使われているので、インテリア面でもとてもオシャレです。
花と緑が効果的に配置してあるところに、柔らかくな灯りを投げかける電気スタンドが置かれているので、夜になるとついつい出てきたくなりそうなのが素敵です。

好きを詰め込む!グリーン満載のウッドデッキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

leonaさん(@shizuku19ra)がシェアした投稿

グリーンが好きな人には一日中でもいたくなる、そんな素敵なウッドデッキです。
マンション暮らしのため、ベランダをウッドデッキにDIYしてあるのですが、壁部分にはウッドフェンスが取り付けられているので、ここがマンションのベランダとは到底思えない出来栄えです。
緑がたくさんあって、その中に効果的にお花の色が入っているところはセンスの良さが感じられますね。

人工芝を敷くだけで心安らぐ

 

この投稿をInstagramで見る

 

leonaさん(@shizuku19ra)がシェアした投稿

わんちゃんの足に優しいようにと、マンションのベランダをウッドデッキにされています。
飼い主さんの優しさが伝わってきますね。
そんなウッドデッキからわんちゃんが下りたがるとのことで使われたニトリのジョイント人工芝は、ウッドデッキに緑がいっそう増えたように見えて、清々しい気持ちにしてくれますね。
ジョイントの人工芝と言われなければ、見た目はかなり本物っぽく見えますので、ウッドデッキのDIYでグリーンが欲しいときにはマネしたい方法です。

女子力高っ!カラフルなウッドデッキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rumiさん(@rumi.618)がシェアした投稿

ウッドデッキDIYの中でお花好きならぜひお手本にしたいDIYです。
庭造りの中の一つにウッドデッキを採り入れていらっしゃいますが、ウッドフェンスが効果的に使われているので、これがウッドデッキだとは思えないくらい、まるで温室のように見えるきれいな空間になっています。
でもウッドデッキに似合う同じく木製のテーブルとチェアが置かれていて、それにきれいな花が置かれていたり、美しく咲いたガーベラがあったりと、女子力高いウッドデッキDIYです。

寒くても出たくなる!温もり感じるウッドデッキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

komaさん(@koma_stagram27)がシェアした投稿

寒い季節にはウッドデッキに出たくなくなるでしょうが、このウッドデッキなら寒いときほど出たくなってしまいますね。
アンモストーブという珍しいストーブが置かれていて、さらにランタンで灯りをともしていることから、火のぬくもりと柔らかな灯りを見ながら、いつまでもぼーっと過ごせます。
ストーブのぬくもりに当たりながらウッドデッキで過ごすときは、ドイツのクリスマスでおなじみのグリューワインを飲んで過ごしてみたいと思ってしまいます。

春に向けてイメージ一新のウッドデッキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

leonaさん(@shizuku19ra)がシェアした投稿

ウッドデッキDIYの楽しみの一つが、季節に合わせて雰囲気を変えるところでしょう。
春はまだ足元が寒いだけに、ウッドデッキにじかに足が触れるよりもラグが敷かれている方が快適ですね。
そのラグが春らしい雰囲気だと、季節の移り変わりがウッドデッキの雰囲気からもわかるので、イメージを変えるのもウッドデッキDIYの一つとして楽しめます。
今年はどんな風に春のウッドデッキにしようかなあと考える時間もワクワクしちゃいますね。

愛犬家なら真似したい!犬も喜ぶデザイン

愛犬を遊ばせてやれる庭がない愛犬家なら、ベランダをウッドデッキにDIYして愛犬が遊べる場所にできるというのは、ぜひ作ってみたいところです。
天気のいい日には適度にウッドフェンスの隙間からお日様の日差しが差し込んで、愛犬も喜んでくれます。
何よりコンクリートのベランダよりもウッドデッキの方が愛犬の足に優しいところが飼い主としては最大の魅力です。
ウッドフェンスが高いところも、愛犬が飛び出す心配がなくてグッドですね。

広大な土地を最大限活かす!豊かなウッドデッキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nagase.shinさん(@shin_g55)がシェアした投稿

リタイア後は田舎暮らしをしてみたいと思っているなら、ぜひマネしたいウッドデッキDIYです。
ウッドデッキ部分がフェンスで囲まれているので、中にいるという感じがするのが安心感になりますね。
これなら子どもはもちろん、ペットと一緒に過ごすにも最適です。
ハンモックだけでなくバスケットゴールまで付いているところに遊び心が感じられて楽しいウッドデッキは、田舎暮らしで広い場所があったら、ぜひマネしてみたいです。借景を取り入れた豊かな生活ですね!

日光浴しながらリラックスできるハンモック

 

この投稿をInstagramで見る

 

Satoshi Uchidaさん(@rodem_14)がシェアした投稿

お日様の日差しがポカポカ暖かく、時折吹く風が心地よいという日にはウッドデッキで過ごしたくなりますが、そのウッドデッキにハンモックがあるのですから、これはもうお昼寝するしかないでしょう。
かなり広々としたウッドデッキなのは、ハンモックの横にチェアが置かれていることからもわかりますから、思い切ってハンモックを二つ置いて、気の置けない人と一緒にお昼寝したいなあなんて憧れを持ってしまうウッドデッキDIYです。

古材を使ったウッドデッキDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

aya(tomo)さん(@iitomo618)がシェアした投稿

ウッドデッキのDIYは、床部分と壁部分が重要なポイントですが、出来上がってからはどんな風にインテリアを仕上げるかが大事です。
やはり木を使ってインテリアを仕上げるのが一番雰囲気がいいでしょうが、古材をロープで巻いてぶら下げるというアイデアがとても素敵で、ウッドデッキの雰囲気にマッチしています。
しっかりぶら下げてあるので、さらに植木鉢をぶら下げるとより雰囲気が良くなって、緑に癒される空間です。

ウッドデッキは、家を拡張する大切な場

ウッドデッキ作りはもちろんですが、ウッドデッキDIYが一番おもしろいのは四季折々で同じ場所がガラリと雰囲気を変えるところでしょう。
寒くても暑くてもウッドデッキに出たくなるような素敵なインテリアのDIYが楽しめるのもウッドデッキならではです!外と中の中間の価値は、日本人にとって昔から縁側として親しまれてきました。現代の形に変わるのがウッドデッキとも言えるでしょう。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント