水回りリフォームっていくらかかるの?概算見積もりまとめ

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

キッチン、浴室、洗面所、トイレなど、生活で毎日使用する水回りですが、築年数を重ねるごとに汚れなどで劣化し不便や不都合が出てきます。

そんな水回りはリフォームすることで快適な暮らしになりますが、気になるのは費用ですよね。費用相場は場所によって異なり、どこをどのようにリフォームするかでも変わってきます。今回は4か所それぞれの箇所のリフォーム内容や費用について解説します。


水回り【キッチン/浴室/洗面所/トイレ】のリフォームとは?

水回りとはキッチン、浴室、洗面所、トイレなど家の中で水を使用する場所のことを言います。こうした水を使用する場所は水垢や湿気、カビなどで劣化するのが早いため家の中のリフォームでも水回りのニーズが高くなっています。

キッチン

キッチンの耐用年数は一般的には約15~20年ですが、コンロや食洗器、水栓、給湯器などは10年が目安となっています。蛇口からの水漏れや排水口の臭いや詰まり、シンクの水漏れや湿気、配水管の詰まりや破損といった症状が表れたら修繕やリフォームを検討しましょう。

浴室・バス

お風呂の耐用年数も一般的には約15~20年と言われています。浴槽やタイルのひび割れ、脱衣所のフローリングの傷み、コーキングの劣化などがリフォーム検討のポイントです。

洗面所

洗面所の耐用年数は20年前後と言われています。この耐用年数は洗面ボウルなので、ゴムパッキンなどの消耗品は劣化が早くなります。また、古いものはメーカーでの部品の供給が終了してる場合があるので、そうした場合に交換やリフォームという選択になってきます。

トイレ

トイレの耐用年数ですが、便器だけに関して言えば割れない限りは使用できるのですが、周辺のパッキンや配管の劣化もあるので約10~15年が目安となります。水漏れや汚れ、変色、臭いがリフォーム検討のポイントになります。

キッチンのリフォーム内容や費用は?

キッチンリフォームの価格相場で多いのは、約50~150万円と言われています。コンロやオーブン、流し台などシステムキッチンの一部を最新式に交換するだけならば30万円以下で済みますが、システムキッチン全体をハイグレードの高額なものに変えるといったリフォームの場合は400万円を超える場合もあります。

システムキッチンに変更  約50~100万円

キッチンの場所を変えずに、古いキッチンを撤去してシステムキッチンに変える工事ですが、導入するシステムキッチンのグレードや大きさによって価格が異なります。

壁付けのシステムキッチンの場合は約50~100万円が相場です。ただし、キッチンの床や壁の補修を行ったりオプションを追加するともっと費用が掛かる場合があります。

オープンキッチンに変更  約200万円以上

対面式のオープンキッチンは調理中も家族との会話ができ楽しく過ごせます。

キッチンの場所を移動させると、床や壁などの内装工事や、水道管などの配管工事が必要になるのでその分費用がかかります。キッチンの場所を変えない場合の費用は約50万円、キッチンの場所を変える場合の費用は約100~300万円です。壁を撤去しキッチンの場所移動をする場合は約200万円以上は見積もっておいたほうがいいでしょう。

アイランドキッチンに変更  約100~200万円

開放感があってオシャレなアイランドキッチン。

アイランドキッチンもオープンキッチンと同様、場所移動の費用や壁の撤去の費用によって大きく変動します。アイランドキッチンは機器台が高いので基本的な費用は約100~200万円です。これに壁工事などが加わると約150~400万円になります。

レイアウトを変更すると高額に

キッチンのリフォームではそもそもの使い勝手や動線が悪いといったことでレイアウトを大幅に変更することがあります。オープンキッチンやアイランドキッチンにするときと同様に、レイアウト変更は床や壁などの内装工事、給排水管やガス管、電気の線を新たに配置したり排気ダクトを延長する、壁を撤去するといった工事費用が必要になります。工事費で約50~200万円かかるので、それに機器台も加わるので150万円~300万円となるケースが多いようです。

内装を変更

壁、床、天井といった内装の変更については、部屋の広さやどこをどの程度リフォームするかによって金額が大きく変わってきます。3畳ほどの独立したキッチンの場合、内装工事費用は床のクッションフロアーの張り替え、壁・天井のクロスの張り替えで約4~5万円かかります。また、リビングやダイニングと同じ部屋にキッチンがある場合、6畳の部屋で約20~25万円かかります。工事する部屋が大きくなればその分費用もアップします。

工期について

キッチンのリフォームは約1週間~10日前後が一般的です。間取り変更などの大規模な工事となるとそれに1~2週間がプラスになるので、約2~3週間かかることもあります。

 浴室・バスのリフォーム内容や費用は?

浴室・バスのリフォームで一番多い価格相場は約50~100万円です。内容によって費用が異なりますので、リフォーム内容について見ていきましょう。

ユニットバスに変更 工事込みで約100万

ユニットバスはシステムバスとも呼ばれ、床・天井・壁などが全てセットになっている組み立て式のお風呂のことを言います。断熱性や保温性から人気で今の主流になっています。ユニットバスの商品価格相場はスタンダードなもので約40万円、ハイグレードなもので約130万円になります。工事費用は約20~40万円かかります。その他、浴槽の素材交換やジェットバス、浴室暖房乾燥機などのオプションを付けるとさらに費用がかかります。

在来工法で浴室をつくる

在来工法とはオーダーメイドで自由な広さに好きなタイルや浴槽、シャワーを組み合わせていく方法を言います。

浴槽や水栓の交換は約30万円~90万円、それに加えてタイルの張り替えを行う場合は約50万円~かかります。浴槽をタイル張りにするフルリフォームは50~200万円、浴槽が高価な場合や、床や壁を総ヒノキにする場合などは300万円を超えることもあります。

シャワーを変更 約3~7万円

シャワーヘッドも今はデザイン性や節水、浴び心地、ミスト機能など様々な選択が可能です。シャワーヘッドと水栓の交換の費用目安は約3~7万円です。

内装を変更 シート貼りなら数万円

浴室の内装リフォームは上から重ね貼りできる浴室用の化粧シートや床シートがあります。費用も施工費合わせて数万円で行えます。

工期について 4~7日程度

ユニットバスのリフォームの工期は平均して4日前後がかかります。解体作業、ユニットバス据え付け、ドア据え付け、水道・電気工事や内装工事といった作業にかかる日数です。元々が在来方式だったお風呂をユニットバスにする場合は大規模な工事になるので4~7日程度かかるようです。

洗面所のリフォーム内容や費用は?

洗面所のリフォームはキッチンやバスルームに比べて費用が安く済みます。平均的な価格相場は約20~50万円になります。

洗面台を変更 約10万円〜

洗面台もグレードにより価格が様々です。シンプルなタイプの洗面台への交換であれば、10万円程度で済みます。間口の広い洗面台やハイグレードな洗面台などになると洗面台だけでも60万円を超えることもあります。

収納を増やす 4~7日程度

収納を増やす方法としては、収納の多いタイプの洗面台に変える他、棚の増設や床下収納の増設といった方法があります。棚の増設費用は約3万円、床下収納についても約3万円が相場になります。

工期について 2日程度

洗面所のリフォームは他の場所に比べて工期も短く、約1日で済みます。間口の広い洗面台や部材が多い場合、工事する面積が広い場合などは2日かかることもあります。

トイレのリフォーム内容や費用は?

トイレのリフォームにかかる費用で一番多い相場は、約20~60万円です。便器を変える場合は便器の本体価格によって大きく変動します。

便座を変更 約10~20万円

便座の交換は一番簡単な工事になります。今ある便器はそのままで、便座を脱臭・暖房・ウォシュレット付きの物に変更する場合の費用は10万円以下で可能です。

便器を変更する場合ですが、便器と便座だけのシンプルなものは10万円以下、脱臭・暖房・ウォシュレット付きのものは10~20万円、タンクレス、全自動洗浄など機能性が高いもので20~30万円の価格になります。

バリアフリーにする 約40万円

トイレをバリアフリーにする場合、和式から洋式便器に変える場合は20~60万円、トイレのスペース拡張は10~30万円、手すりを付けるのは1万円前後になります。全体として多い費用は40万円前後になっています。

手洗い器をつける 約15万円

トイレの個室の中に手洗い器を付ける費用は工事費を含めて約15万円前後が相場になります。

内装を変更 約5万円

内装の費用相場は、床の張り替えで2~3万円、壁・天井のクロスの張り替えで2~3万円です。合わせて5万円を見ておけば良いでしょう。

工期について 約1日

トイレのリフォームの工期は大体が1日で済みます。和式から洋式に変えるリフォームなどは2~3日かかる場合もあります。

リフォーム費用の内訳は?

リフォーム費用は大まかに3つの内訳に分けられます。

機器代

システムキッチンやユニットバス、洗面台、トイレの便器など、直接的な部材にかかる費用のことを指します。水回りのリフォームの場合、機器のグレードによってこの機器代が大きく変動します。

施工費

施工費というのは工事にかかる人件費のことです。主に、機器の設置や内装工事、配管工事などで作業者にかかる費用です。

雑費

雑費は廃材処理費や運搬費、交通費といった経費のことを言います。

水回りリフォームのポイントは?

水回りのリフォームをするにはどんなポイントに気を付ければいいでしょうか。見ていきましょう。

リフォーム時期を見極める

前述のとおり、水回りの各箇所には寿命があります。しかし、使う頻度や使用方法によって劣化の具合は異なります。ある日突然使えなくなって困るということがないよう、劣化の異変を感じるようになったらタイミングを見極めてリフォームを検討するようにしましょう。

まとめてリフォームするとお得

今まではそれぞれの場所にかかる費用を見てきましたが、水回りはセットでリフォームするとセット料金でお得になります。3点セットや4点セットなどがあり、それぞれリフォームする場合に比べて10万円以上、場合によっては100万円近く安く抑えられるようです。

実物を見て選ぶ

水回りのリフォームは機器代がとても高価になります。カタログだけで決めてしまわず、ショールームなどで実物を見て、高さやサイズ、使い勝手などを体験して選びましょう。

まとめ

水回りのリフォームはどこの場所をどのようにどの程度リフォームするかで費用が異なります。ご紹介した費用相場は一例ですので、詳しく費用が知りたい方は実際に見積書をとってみてはいかがでしょうか?

リフォームを安心に安く|リフォーム比較プロなどで相見積もりをとることで、相場を掴むこともできますのでまずは無料見積もりをとることが一歩目です!

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント