水に木が生えるの?ロッテルダムの水に浮かぶ森の秘密とは

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

“水に浮かぶ森”って?

水に浮かぶ森と言われましても、なんのこっちゃ?

写真を見ればわかりますよね。

なんだか素敵な光景。

完成形を想像してつくられたCGなのですが、すでにプロジェクトは動き出していて、順調に進んでいるようです。

4 3

Photo:Pop-Up City

デザイナーが考える都市計画

きっかけは、アーティスト集団“マザーシップ”のデザイナーが、Jorge Bakker氏の“In Search of Habitus(習慣の捜索)”という作品に注目し、オランダの企業家たちに都市に森をつくるプロジェクトを提案したこと。

2

Photo:Pop-Up City

こちらがJorge Bakker氏の“In Search of Habitus”です。

“Bobbing Forest”と名付けられたこのプロジェクトは、2014年の3月に始動しました。

本当にデザイン通りに成長するのかを確かめるために、1本のプロトタイプがつくられ、およそ20ヶ月の歳月を経て、立派な成木に成長したようです。

いよいよ、20本の木がロッテルダム港に浮かぶようで、都市に浮かぶ森の完成も間近ですね。

開発が進む中で、都市部の緑化が大きな問題になっていますが、このようなアイデアが形になることはとても素晴らしいことだと思います。

緑は人々を潤し、街を潤し、世界を潤します。

各地へ広まれば、地球温暖化対策にも貢献してくれるはずですから、日本でも採用されることを望みます。

水に浮いていますから、揺れることで発電する“浮動発電”や、水から水素を取り出して燃料電池にするなど、電力活用にも繋がればより効果も高まりますね。Floating-Forest-Rotterdam-5Photo:Pop-Up City

source: Dobberend Bos,Photo:Pop-Up City


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント