1928年式キャンピングカーを【19年】かけ復元したビンテージホーム

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

19年にも渡る復元期間

このクールな1928年式REOスピードワゴンの現在の所有者は、アメリカ、ノースダコタ州エリッジーのDon Paulさんと妻のTheresaさん。

Gypsieと呼ばれるこのREOスピードワゴンは魅力的なストーリーを持っています。

REO Motor Car Companyによって1904年から1975年の間、スピードワゴンと呼ばれる自動車とトラックが製造されました。

1987年にフロリダ州サラソータを訪れていた時に、新聞広告に掲載されていたGypsieを見つけ、将来的に修復して旅をするつもりで購入しましたが、彼らは常に不定期な国内外への放浪の冒険旅行をし続けているため、このプロジェクトは引き延ばされ続けようやく数年前に終了。

修復にかかった年月は約19年!にも渡り完璧に復元されたプロジェクトになりました。

reo-speedwagon-campcar-1 reo-speedwagon-campcar-4 reo-speedwagon-campcar-5 reo-speedwagon-campcar-8 reo-speedwagon-campcar-9pic: TINY HOUSE SWOON,PRAIRIE PAULS STUDIO

旅をし続けるモーターホーム

Gypsieがもし話ができるのであれば、魅力的なストーリーを語ってくれることでしょう。

明るくペイントされ美しく磨き上げ仕上げられたボディーは、多くの人々から注目を浴び、過去の輝きを取り戻したようです。

現在もアメリカ国内を旅し続けておりますが、面白いストーリーを持っているモーターホームは残り少なくなってきています。

歴史を大切に守り続ける素晴らしさを多くの人に伝えていく存在としてこれからも走り続けて欲しい。

via: TINY HOUSE SWOON,PRAIRIE PAULS STUDIO


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント