ニスの塗り方って実は知らなくない?綺麗な塗り方を解説

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


図工でよく使う「ニス」とは?

DIYをする方は、作ったものに自分でニスを塗って、綺麗にしたいと思う方が多いでしょう。しかし、普段ニスを使わない方は、ホームセンターや通販サイトでニスを探しても、どのようなニスを使ったらいいのか分からないということがあると思います。そこで、この記事ではニスについて詳しく紹介して行きます。

ニスの種類

まず、ニスとは何かについて説明していきます。ニスとは、木材の表面に艶や色をつけて保護するものです。ニスには、水性ニスと油性ニスとラッカー系ニスがあります。次に、それぞれのニスについて詳しく説明していきます。

水性ニス

まずは、水性ニスです。水性ニスは屋内専用であり、耐久性を問わない工芸品や工作品のツヤ出しや汚れ防止のために用います。床やダイニングテーブルなどの実用的な家具などには不向きです。メリットとしては、手軽に塗ることができて、匂いも少なく、ムラが出にくいということがあります。欠点としては、塗った後も塗膜が軟弱なために傷になりやすく耐久性に劣るということがあります。また、塗った後も多少ベタつくという欠点もあります。

油性ニス

次に油性ニスについて説明していきます。油性ニスは、塗膜が硬く、床や実用的な家具に塗るのに適しています。屋外用の家具にも用いることができます。メリットとしては、野外でも使えるほどの耐久性があります。欠点としては、取扱いが少し難しいということや、乾きにくいということがあります。

ラッカー系ニス

最後に紹介するのはラッカー系ニスです。ラッカー系ニスは薄める必要もなくスプレーを吹きかけるだけで良いので、手軽であるというメリットがあります。またラッカー系ニスは乾くのが早いというメリットもあります。しかし、独特の刺激臭があり、引火性が強いため取り扱いに十分に注意しなければならないという欠点や、塗りムラが出やすいという欠点もあります。

塗装に必要なもの

ニスで塗装を行う際に必要な道具は以下のものになります。

・ニス

ニスは用途に合わせて水性や油性などの好きなものを選んでください。

・刷毛

ニスはローラーではなく、刷毛で塗っていきます。ローラーを使うと、泡がたくさん発生してしまい、見た目が悪くなってしまうからです。刷毛はホームセンターなどで買うことができます。安い刷毛を使うと、塗装中に毛が抜け落ちたりするので、綺麗に仕上げたいならちゃんとした刷毛を使いましょう。

・うすめ液

ニスを薄める際に使います。水性のニスを使う場合には必要ありません。

・サンドペーパー(紙やすり)

あまり荒すぎないものが良いです。

・マスキングテープ

マスキングテープは、塗りたくない箇所を、養生するために用います。

・ニスを入れる容器

どのようなものでも良いです。100均などで調達することができます。

この他にも、部屋が汚れないように雑巾や、新聞紙などがあるといいかもしれません。塗っている途中に必要なものが無いことに気づくと大変なので、使うものが全部揃っているかちゃんと点検してから塗装を始めるようにしましょう。

塗るときのポイントは?

ここまで、ニスの基本的なことについて説明してきました。ニスを選び際には、しっかり自分の用途に合うニスを選ぶようにしましょう。では、ここからは実際にニスを塗るときのポイントについて、詳しく説明していきます。

風のない晴れた日に行う

外でニスを塗る際には、風のない日に行ってください。風が吹くとニスが飛び散ったりしてしまいますので、風には注意してください。

また、雨の日に行うとニスの乾きが遅くなってしまいます。なので、外で塗る場合だけでなく、室内で塗る場合にも雨の日にニスを塗ることは避けてください。

換気を十分にする

ニスを塗っている時も、乾燥させている時もどちらの時でも十分に換気を行ってください。特に、油性塗料を用いる際には、換気を必ず行い、できれば車庫などの作業部屋や屋外で作業するようにしましょう。

汚れてもよい服装で行う

ニスでの塗装を行うときには、汚れても良い服装で行うようにしましょう。十分に注意をしていても、刷毛からニスが飛び散ってしまったりして服にニスがついてしまうことがあります。なので、あとで悲しい思いをしないためにも、必ず汚れても大丈夫な格好で作業を行いましょう。

以上、ニスを塗る際のポイントについて説明してきました。ここまで説明してきたポイントを守って、安全にニス塗りを行うようにして下さい。

上手なニスの塗り方は?

ニスは塗るだけだから簡単に塗ればいいだけと思いがちですが、実際はキチンと塗る手順を踏まないと美しく塗ることができません。なのでここからは、ニスを上手に塗る塗り方について詳しく説明していきます。

木材の下準備をする

意外かもしれませんがニスを塗る際に、最も大切なポイントが木材の下準備です。これを怠ると、ニスを綺麗に塗ることが難しくなってしまいます。ニスを塗る前に、木材をサンドペーパーで研磨する必要があります。ニスを塗る箇所が滑らかであればあるほど、綺麗にニスを塗ることができるようになります。なので、バリやささくれなどがなくなるまで、木材をしっかりと研磨してあげましょう。

やすりがけのポイント

やすりがけにもいくつかのポイントがあります。まず、木目に沿って擦っていく必要があります。また、塗る木材に塗料やニスが塗っていないかどうか確認してから塗らないといけません。古いニスや塗料が残っていると、新しくニスを塗ってもうまく塗れなかったり、剥がれてしまったりしてしまいます。

やすりの番号について

やすりにも種類があり、目の粗さを番号によって表しています。この数字が小さいものほど、目が粗く、逆に数字が大きいほど目が細かくなります。例えば、100番のサンドペーパーなら#100などと表記します。ここで、塗装前の研磨の際のサンドペーパーは#240くらいの粗さのものを使うようにしましょう。また、塗装後の研磨の際のサンドペーパーは#400くらいの目が細かなものを使うようにしましょう。

ニスの濃度調整

ここでは、ニスの濃度調整について説明していきます。ニスを薄めたい目的は、2つあります。1つは塗料が固くて塗りにくいため、柔らかくして塗りやすくしたい場合。もう1つは、色が濃すぎるため薄めたい場合です。

前者の場合は、塗料に適したうすめ液を加えていき調整します。塗りやすくするために、うすめ液を入れすぎてしまうと、乾きが遅くなったり、綺麗なコーティング膜が張れなかったり、木材の吸い込みを止めきれなかったりするなどの不具合が起きてしまうので、各塗料に書いてある割合を守って濃度調整をしましょう。

後者の場合は、同じ商品の中に透明なものがあるかどうかで対処法が変わります。ある場合は、透明なものと色付きのものを混ぜて自分の好みの色になるまで調整を行います。ない場合は、うすめ液を加えて色調整をします。

濃度調整のポイント

色が濃すぎるため、濃度調整を行ったときには、液体の見た目だけで色を判断するのではなく、試し塗りをして実際の仕上がりの色を確かめることがポイントです。これにより、思った色と違う…と悲しむことを避けられます。

また、使ううすめ液の種類ですが、水性ニスを使っている場合は水で薄めればいいです。油性ニスを使っている場合にうすめ液を使ってください。また、ラッカー系のニスを使っている場合には、ラッカー系のうすめ液を使うようにしてください。

ニスの塗り方

ニスを塗る前に、マスキングテープを用いて、ニスを塗りたくない部分を養生します。

ニスを塗るときには、厚塗りするのではなく、薄く伸ばす感じで塗ると綺麗に塗れます。何度も重ねて塗っていきましょう。ニスを一度にドバッとかけてしまうと、泡が発生して色むらが出てしまうので注意しましょう。実際にニスを塗る際には、カップにニスを入れて刷毛を全面浸してから、カップの内側に刷毛をつけてしばらく空気を抜いてから塗っていきます。

また、刷毛は、研磨の時と同様に木目に沿って動かして塗るようにすると刷毛の後が目立たなくなります。

乾燥させる

ニスを塗り終わったら、乾燥させていきます。埃が立たないような場所で一昼夜乾燥させます。ここで、完全に乾燥させるようにしましょう。

完全に乾燥したら、目の細かめなサンドペーパー(#320~400)で軽く全体を研磨しましょう。ここで、研磨することで毛羽立った部分が無くなるので、より美しい仕上がりとなります。

この後、2度目の塗装をしていきます。そのときには、1度目の時と同様にニスを塗っていきます。この時はニスを20~30%のうすめ液で希釈しておくと、刷毛ムラや気泡が出にくいので、綺麗になります。

以上のように、ニスの塗装→乾燥→サンドペーパーでの研磨→ニスの塗装→乾燥→サンドペーパーでの研磨→…と、この作業を何度も繰り返していきます。何度も繰り返すことで見た目がどんどんと美しくなっていきます。最低でも2回は繰り返すようにしましょう。

研磨作業がカギ

以上、ニスの塗り方を説明してきましたが、その中でも最も大切な工程は研磨作業です。ニスを塗る際に、木材の表面が凸凹していると、色ムラや艶のばらつきができてしまいます。研磨作業を怠ると、全体の美しさが損なわれてしまうので、研磨作業は十分に丁寧に行うようにしましょう。

ここまで、ニスについて、その種類や塗り方などについて説明してきましたがいかがだったでしょうか?一口にニスを塗ると言っても、意外と丁寧に作業しないと、作品の美しさが損なわれてしまうということが分かってもらえたと思います。ニスをうまく使いこなせるようになると、仕上がりが綺麗になるので今までよりもDIYが楽しくなること間違いないです。ぜひニス塗りの際には、この記事を参考にしてみてください。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント