【都市計画】都市と融合する「住人だけ」の森林が刺激的な体験を生む

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

treescraper

未来都市へのひとつの提案

オランダOAS1Sという建築集団は、アニメ「もののけ姫」の森さながらの、ユニークな未来都市緑地地区概念を紹介しました。

古代から息づき、人が生きていく上で最も大切な酸素を供給し、重要でなくてはならないもの、それは「木」。

「木」をモチーフにした、100パーセント自給自足の家、緑の壁断熱高付加価値有機木材からなる未来の建築。

建物と自然を一つに融合する21世紀の家のカタチです。

1OAS1S18OAS1S1Photo:inhabitat,fastcoexist

配電網を完全になくすことが可能

OAS1Sの家はいわば「treescrapers」であり、摩天楼(skyscrayper)が木で覆われているのです。

壁は木と葉から成り立って「表面には花やトマトなどを植え込んでいる緑を想定している」OAS1Sの建築家レイモンド・デ・フッロは言います。

彼の設計では、再生可能エネルギーと敷地内の水や廃棄物処理のおかげで配電網を完全になくせます。

典型的な「treescrapers」は高くてスリム、一戸建てで6×6×12mのブロックのような戸建ての建物をデザインです。

14OAS1S1Photo:inhabitat,fastcoexist

木製のキャビンのようなOAS1S内部は4階(基本型)以上で160㎡の総面積をもち、カスタマイズ可能。

ダイニングルーム、デッキ ホール、倉庫、2つのバスルーム、ラウンジ、ユーティリティルーム、フェンスで囲まれたバルコニー、最上階には天窓と3つのベッドルームがあるといいます。

家から一歩外に出ると、草や土の匂いいっぱいで、幸せな気分になるでしょう。

 3047952-slide-s-6-in-these-new-neighborhoods-the-houses-look-like-trees 3047952-slide-s-10-in-these-new-neighborhoods-the-houses-look-like-treesPhoto:inhabitat,fastcoexist

都市と融合する「住人だけ」の森林

レイモンド・デ・フッロは、都市に散在する新しい家並みの区画を構想します。

このデザインが「森林にあるだけではなく、都市にあることで刺激的で新しい経験となるだろう」といいます。

18OAS1S1Photo:inhabitat,fastcoexist

車の駐車場はコミュニティの周辺部にあるため、車の乗り入れのない安全な公園を、しばし散策しながら家路につくことができます。

小さな動物が、ひょこり顔をのぞかせそうです。

これまでも都市の生活では、公園、花壇、街路樹など、意識してできるだけたくさんの植物を取り入れてきました。

大胆にも、OAS1Sは、ビルの壁を緑で埋め尽くし、その緑のビルを配置したコミュニティをも作り出そうとしています。

19OAS1S1Photo:inhabitat,fastcoexist

プロジェクトは現在開発中ということですが、森のビルディングが突如として現れるのは、時間の問題かもしれません。

Via:inhabitat,fastcoexist


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント