狭いユニットバスを快適空間に!自分でできるユニットバスDIY

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

賃貸物件にはつきもののバスとトイレ、洗面が一緒になった3点ユニットバス。お風呂とトイレが同じ空間にあるため避ける人も多いですが、使い方によってはおしゃれで素敵な空間になります。

今回は、バスとトイレが一緒になったユニットバスを可愛くDIYしている事例をご紹介。賃貸物件でもDIYで自分の納得できる空間にすることができますよ。


100均で叶えるリラックスできるユニットバス

 

この投稿をInstagramで見る

 

おーちゃん@空助さん(@kusuke.lapin)がシェアした投稿

ユニットバスを可愛くするために、100均に行って少しずつDIYされているというユニットバスDIY。フェイクグリーンで緑を入れることで、リラックスできる空間になっていますね。

100均で購入したという鏡に、マスキングテープを直接貼り、その後コルクボードのコルク部分を抜いて、強力な両面テープでマスキングテープに貼り付けています。

100円ショップの商品も、ひと手間加えるだけで素敵なオリジナル商品に変えることができますね。

ニトリのトイレマットでDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

‪‪☺︎‬さん(@000m_g)がシェアした投稿

ニトリで990円で購入したというトイレマットを使用してユニットバスをDIY。マットと蓋のカバーをあわせることで、可愛いトイレ空間になっています。

タンクは、リメイクシートでレンガ調のデザインになっています。リメイクシートは、100均やホームセンター、通販などで手に入れることができます。貼ってはがせるタイプを選べば、賃貸物件でもDIY可能です。

インテリアシートで可愛くDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ancheri -アンシェリ-さん(@ancheri.beauty)がシェアした投稿

レトロなトイレ空間をインテリアシート(リメイクシート)を使ってDIYしたというユニットバスDIY。サロン用のトイレだそうですが、これだけ可愛くなればお客さんも快適に使えそうですね。

壁などに貼られているのは、すべて100均で購入されたシートだそうです。木目調やレンガ調、タイルなど様々な種類のものがあるので、好みのデザインを見つけましょう。

白と水色で統一したユニットバスDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayaka.Hideさん(@hiichan_art)がシェアした投稿

こちらもサロン用のトイレに、ユニットバスをDIYされたという事例。セルフリフォームで見事に清潔感のある綺麗な空間に変身させています。

ポイントは「色を絞っていること」。清潔感のある白と水色で全体を統一して空間つくりをしています。鏡は、タイルを縁取った鏡を使っています。

木材が取り入れられたナチュラル空間に

この投稿をInstagramで見る

 

yutori relaxation salonさん(@yutori_space)がシェアした投稿

ユニットバスに木材の質感をいれると、無機質なイメージのあるユニットバスも雰囲気が大きく変わりますよ。木目調のリメイクシートや木材をホームセンターなどで購入して利用してみましょう。

ユニットバスDIYまとめ

「賃貸物件だからDIYはできない」「ユニットバスは狭いだけの空間だな」と最初からDIYを諦めていませんか。実は、狭くて味気ないユニットバスも、アイディア次第で素敵な空間に早変わりしてくれます。

100均のリメイクシートや小物はDIYで使えるアイテムが多いので、ぜひ活用してみてください。ユニットバス内で使う色を統一したり、タイルや木材など質感のあるアイテムを使ったり、あなただけのDIYを楽しんでみてください。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント