【遮るものは何もない!】屋根を開いて空を楽しむツリーハウス

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

大きく開く!屋根の醍醐味

ツリーハウスに憧れる理由は自然が好きだったりワクワクする冒険心をかき立てられたり喧騒から離れた場所でのんびりと過ごしたいといった様々な理由がありますが、その理由をすべて満たし、さらに想像以上にツリーハウスを愛する人を満足させてくれる家がイギリスのKielder Water and Forest Parkと呼ばれる敷地内に設置されました。

そのツリーハウスはなんと屋根が開いて遮るもののない空を楽しむことが出来る!というのもの。

Skyden-1

天窓が開くというわけではなく、三角屋根で構築されたツリーハウスは豪快に建物全体が開くようにして部屋と空を一つに繋げてくれることが出来ます。

四角、三角、丸という形を組み合わせそれぞれが独立した機能を持つように作られたというツリーハウスは四角となる部分にキッチンとダイニング、丸の部分は屋外で森の景色と川のせせらぎを聞きながらのんびりとできるスペース、そして三角部分がベッドがあるだけのシンプルな部屋。

シンプルと言っても屋根全体が開いちゃいますけどね。

Skyden-5 Skyden-3

星空も日差しも独り占め

夜には満天の星空を見ながら寝転び、朝には小鳥のさえずりと気持ちのよい森の日差しで目覚めることが出来るという、ツリーハウス好きにとっては最高の贅沢かもしれません。

自然をより楽しみたい、周りの環境を贅沢に感じたいそんな気持ちが屋根全体を開くというアイデアを生んだのかもしれません。

もっともっと!という気持ちも楽しいアイデアを生むインスピレーションの一つかもしれませんね。

Skyden-4 Skyden-2

Via:thetinylife

Editors’ Voice 佐藤駿

外に出ればそれでいいんじゃないか!という家ですが笑

「家の一部が可動する仕組み」という点は、アップデートとして必要な感覚かもしれませんね。

不動のものでなくなれば、家という用途が拡張していきます。

例えば、今日は風が強いから風力発電装置出そうとか、今は日差しが南東に向いてるから南東向けに太陽光発電を角度調整したり。

ioTがどんどん発達しているので、モノのインターネットはどんどん試していきたい分野ですね。


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。 instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/