たった8万円の家?裏庭に立てたDIYツリーハウス

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


クラフトマンが3週間でつくった8万円のDIYツリーハウス

QP Collectionというハンドメイドのレザーウォレットやバッグなどを展開するオーナーのクインさん。

クラフトマンの性分なのか、自宅の裏庭にツリーハウスを建ててしまった!

使用した材料は、ほとんどリユースした環境にも優しいエコハウスで、なんと費用はたった約8万円。

クインさんは建築期間の想定は3,4ヶ月ほどかかると思っていたが、やればやるほど楽しくなってしまい、約3週間で完成した。

Via:sayyes.com

ツリーハウスを作りたいのに、適した木がなかった… だが、しかし

クインの自宅の裏庭には、ツリーハウスに適した木がなかった。

だが、クインさんは、自宅の敷地の私道に沿って立っている、5本の木に注目。

またがる形で、ツリーハウスを建てられるのではないか?とデザインを考えた。

思い立ったクインさんは翌日には、早速木材を購入し、作り始めてしまった。

この行動力と、今を生きる感がとてもいい。

Via:sayyes.com

リユースした窓ガラスの組み合わせ

クインさんが手がけたツリーハウスの目を見張る部分が「リユースした窓ガラスの組み合わせ」だ。

彼が手がけた別プロジェクトで余っていた窓ガラスを利用して、誰がみても特徴的な外観に仕上がった。

クラフトマンである彼の持つ特徴が融合されたデザインは、とてもアイデンティティを感じる。

Via:sayyes.com

木の揺れの影響を受けない工夫

ツリーハウスをつくるときに難しかった部分は、設計プロセスの中の試行錯誤の中で、様々な人に相談して解決されていった。

1つではなく、5つの木を支えにしているので、風が吹いたとき、バラバラに揺れる木の影響を家がもろに受けてしまう。

そのため、木の動きが少ない地面から約1.8mのところを土台にして家が建てられています。

また、床を支えている土台の7本のボルト以外は、どこの部分も木に触れないように作られている。

このため、木が動いて風に揺れていても、ツリーハウスは完全に静止していることができる。

そして、ちょうどよいことに、ツリーハウスの下は、彼のバイクコレクションの収納スペースとして活躍している。

via:sayyes.com

工夫を凝らし、自らの手でつくる

彼は幼少の頃から家族と一緒に、「スリフトショップ」という古着や家具・家電などを寄付によって集め、再販し、その収益を慈善活動や寄付に当てるお店で買い物をし、イマジネーションを最大化させ自分がいいと思うものを創作してきた。

ツリーハウスもその延長線上にある創作物だ。

素敵な家族と共に、豊かな人生を送っているに違いない。

 

Airbnbトップクラスの人気!森の中の吊り橋付きツリーハウス

リサイクル木材で建てた「迷路のような遊び心」満点なツリーハウス

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント