天板をDIYして新品気分!センスが光る天板リメイク10選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


その発想はなかった!インスタで見つけた天板アイデア

テーブルなどの天板は、経年によってキズが付いたり汚れたりすることは避けられません。しかし、だからと言ってお気に入りの家具を手放してしまうのはもったいないですよね。

そんなときこそ、思い切ってDIYしてみませんか。天板部分をリメイクすれば一気に新品気分を味わえますよ。

今回は、インスタグラムのマネしたくなる好事例から10例を厳選しました。玄人並の作品から、実はとっても簡単なものまであるので、ぜひ参考になさってくださいね。

天板をまるっと取り替え!

 

この投稿をInstagramで見る

 

hakkaさん(@hakkasgallery)がシェアした投稿

家具店に行けば、それこそあらゆる素材、色、形のテーブルがごまんと売られていますが、やはり長年使っていた品は愛着がありますよね。天板が劣化しただけなら、こちらのようにDIYしてしまいましょう。

ホームセンターに売られていた板に木彫オイルを塗って、取り替えたら完成!DIYなら、自分好みのカラー、質感にすることも可能です。サイズがなければ任意の大きさにカットしてもらえる場合もあるので、ホームセンターに問い合わせてみてくださいね。

子ども部屋あるあるを解決!ベニヤに布を張って見た目も可愛く

 

この投稿をInstagramで見る

 

マイホーム/ 専業主婦さん(@saya__666__)がシェアした投稿

壁に沿って配置した低めの収納ボックスは、お子さんのお部屋にピッタリですお片付けの習慣を付けてもらうためにも採用しているお宅は多いでしょう。しかし、どうしても家具と壁の間に隙間ができてしまい、そこに物を落としてしまいがち。

そんなお悩みを解決してくれるのが、こちらのアイデアです。薄いベニヤ板を任意のサイズにカットしてもらい、布を張り付けて天板にして家具の上に置きます。

布を張っているので、見た目もかわいく、ベニヤのトゲが小さな指に刺さる危険もありません。お部屋やお子さんの好みに合わせて、布の柄を選ぶ楽しみもありますね。

あえてランダムな形がおしゃれ!食事も映える天板に

 

この投稿をInstagramで見る

 

haruさん(@kkka.3)がシェアした投稿

木材をきちんと並べるのではなく、あえてバラバラに配置することで、オリジナリティーを醸し出している天板。アンティークっぽい色味と控えめなツヤも素敵ですね。

無骨なように見えますが、実はとても計算されています。いつもの食事も、お庭に咲いた花も、この天板の上ならインスタ映えすること間違いなしですね。

木目をきれいにだしてくれるオイルステイン。ニスとしても使えて着色もできるので、一石二鳥のオイルです。ぜひ試してみてください。

こたつの天板を自分好みにカスタマイズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

makiさん(@tyc02060218)がシェアした投稿

天板と足が一体となっているテーブルと違い、こたつの天板はDIYしやすいアイテムの1つ。既存の天板に手を加えてもいいですし、木材を購入して1から組むことも可能です。

色や質感も思いのままなので、DIYの楽しみを味わえますよ。お手本のようにビンテージっぽい仕上がりにすれば温かみのある雰囲気に、白木にすればお部屋が明るい印象になるでしょう。インテリアや好みに合わせて、塗り替えるだけでも楽しそうですね。

天然木の風合いが優しいミニテーブル

 

この投稿をInstagramで見る

 

tree house ガーデン雑貨&DIYさん(@treehouse_cleebs)がシェアした投稿

デッドスペースを活かしつつ、お部屋をグンとセンスアップさせる天板アイデアです。無垢板を壁に取り付けただけですが、とても居心地が良くなりますね。

お花などの緑を飾るほか、読書やソーイングをしてもはかどること間違いなしです。しっかりした金具で取り付ければ、PC作業も行えます。

滑らかに加工した皮付きの無垢板は比較的高価ですが、これくらいの小さな天板として使うなら、それほどコストはかかりません。デッドスペースを活用して、小物置きカウンターをDIYしてみましょう。

手ごたえのあるDIYをしたいなら、ヘリンボーンに挑戦!

 

この投稿をInstagramで見る

 

tommyさん(@to.mmy6510)がシェアした投稿

上品でおしゃれなヘリンボーンは、杉の葉の形に似ているとされ、和名は杉綾といわれ、古くから愛されてきたデザインです。

木材の色をバランス良く配置していくヘリンボーンDIYは、慣れていなければ少々手こずるかもしれません。しかし、出来上がったときの感動やうれしさはひとしおのはず。

少しずつ組んでいくのも楽しいでしょう。こちらのように、ワンバイ材を上手に利用して並べれば、比較的簡単にヘリンボーンを表現することができますよ。

トイレに天板?こんな使い方もあるんです

https://www.instagram.com/p/BmsXOKsh3bU/

トイレの給水タンクを目隠ししながら、小物を置くスペースを作れる天板DIY。給水タンク上の注水口に穴を開ける必要はありますが、トイレプチリフォーム例として好事例だといえます。

注水口部分は、茶碗に穴を開けて排水口にしていたり、排水レバーをワイヤーでできるようにしたりといったアイディアが満載。

天板は防水効果のあるワックスを塗って、カビや腐食もしっかり防ぐ工夫がされています。木材にアンティークワックスを塗るだけで、天板の雰囲気がグッとおしゃれになりますね。

パステルカラーの天板で、ゆめかわに模様替え

 

この投稿をInstagramで見る

 

rtさん(@no_surf_no_life_70)がシェアした投稿

テーブルの天板といえば木目調がオーソドックスですが、せっかくDIYしようと思い立ったのなら、こんなパステルカラーにしてみるのも素敵です。リビングの雰囲気が、一気に明るくなりますよ。

配色はセンスの見せどころです。お子さんたちと一緒に色味や質感を考えるのも楽しそう。1枚1枚塗装したあとに、好きなように組み合わせていきましょう。

カラーボックスと天板で作る、オリジナル作業デスク

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroyuki Okabeさん(@hiropooh.okabe)がシェアした投稿

仕事がはかどりそうな、小ぢんまりとした作業デスク。実はカラーボックスと天板を組み合わせて作られています。

天板にシックな色味をチョイスしてアンティークっぽいイメージを与え、高級感がありますが、プチプラ家具の代名詞であるカラーボックスを使用しているので、コストパフォーマンス面からも優秀なDIY。

カラーボックスはDIYのベースに使える便利なアイテムの1つ。3千円台のニトリのカラーボックスを使ったDIY事例11選もチェックしてみてください。

天板をリメイクシートでDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

よしぼ〜さん(@yoshiboo_1031)がシェアした投稿

最後は、天板を丸ごとDIYしたように見せるアイデア「リメイクシート」。よくホームセンターで見かけるキャンプ用のアルミ製テーブルとベンチですが、リメイクシートを貼っただけでこんなにおしゃれに大変身。

木材を調達するところから天板をDIYするのはハードルが高いと感じている方も、このアイデアならトライしやすいでしょう。リメイクシートはデザインも豊富なので、好みに合わせやすいのも魅力です。

工夫次第で自分らしさをオン、天板アラカルト

天板は、文字通り1枚の板ですが、その使い方やデザインは無限大の可能性を秘めています。アイデア次第で自分らしさをプラスできるので、出来上がったときの充実感を味わえるDIYだといえるでしょう。

大きな作品でなくても、小さなテーブルの天板を変えるだけでも雰囲気は大きく違ってきます。ご紹介した例を参考に、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ローテーブルのDIY!折りたたみ式やコスパ抜群のアイデア8選

ソーホースブラケットを活用した用途別DIY13選

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント