意外な◯◯を組み合わせて作る!工具箱DIY10選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

DIYを始めると、どんどん増えて行くのが工具類です。
失くさないためにも工具箱にまとめておきたいのですが、気になるのは使い勝手とデザインです。
どうせなら工具箱にもDIYのモチベーションを上げてくれるかっこよさを求めたいですよね。
そこで今回は、DIYの達人たちがかっこよさを求めて作ってしまったDIY工具箱を集めてみました。


カステラの箱をブライワックス仕上げ!渋い工具箱

なんと、いただき物のカステラが入っていた箱にブライワックスをかけて、焼印を押したDIY作品だそうです。
リューターやドリル、ヤスリなどの工具箱とのことですが、確かにカステラの細長いサイズ感が工具にピッタリですね。
DIYに限らず、工具箱は年季の入ったアンティークの人気が非常に高いですが、これだけ見るとまるで昔の大工職人が使っていたもののようです。
これで材料代は無料なのですから、DIYはやめられませんね。

木箱で引き出し式の道具箱

100円ショップで木箱を8個用意して、引き出し式の道具箱をDIYされています。
もちろん取っ手もすべて付けられていて、トップにも持ち手が取り付けられているので、持ち運びにもとても便利です。
表面に付けた番号やアルファベットもそうですし、スパナのミニチュアも100円ショップのものなので、材料調達がとても手軽でいいですね。
浅めなのでツールをキレイに並べて収納しておけば、引き出したときに使いたいツールが一目瞭然ですし、使い勝手が良いでしょう。

100円ショップの金具でDIY

端材や100円ショップで購入した材料でDIYされたという工具箱です。
最近では留め具や取っ手などが単品で100円ショップに売られているので、ベースとなる木箱があれば簡単に工具箱を自作することも可能です。
木製品のDIYをかなり本格的にされている方なので、木箱は端材で作られたようです。
ただ、最近はかっこいい蓋付き木箱もかなりリーズナブルに売られているので、そうしたものを利用すればとても簡単にリメイク可能でしょう。

エイジング加工でアメリカンテイストに

 

View this post on Instagram

 

tool box完成(^。^)

“icietla いしえら”さん(@runpower72)がシェアした投稿 –

木箱に取っ手と留め具を取り付けて、持ち運びしやすい工具箱に仕上げています。
また、それにプラスしてエイジング加工を施し、ステッカーなどを貼って味のある風合いを出しているのが特徴でしょう。
製作した方はサビ加工が得意な方のようで、英語講師をされているだけあって古き良きオールドアメリカンテイストを出すセンスが抜群です。
主に100円ショップのアイテムをうまくリメイクされているので、とてもリーズナブルに仕上げています。

観音開きの使い勝手と、木×シルバーの相性バッチリ工具箱

 

View this post on Instagram

 

#工具箱 #工具箱diy #toolbox

Daisuke Aokiさん(@freedom1173.da)がシェアした投稿 –

上部から観音開きになるタイプの工具箱で、真上から見るとまるでシックなクローゼットの扉のようなのがかっこいいです。
こうした形の構造は工具箱によくあるタイプで、上蓋が二分割されていて左右に大きく開く両開きケースと言われます。
上蓋を開くだけで内容がすべて浅く見渡せるので、たくさんの工具を使い分けるDIYにはピッタリですね。
収容量は少なめですが、広げたいときにだけ広げて、しまうときにはコンパクトにしまえる機動性重視のタイプです。

使い勝手追求!ピルケースでビス管理

従来の工具箱の概念にとらわれず、自分が一番使い勝手の良い形を追及したアイディア賞です。
DIYで使うネジ入れとして作られたもので、100円ショップで売られている薬入れと木箱を組み合わせて、簡単リーズナブルにまとめています。
DIYを進めて行くと、工具だけでなく細かなネジがかなり多種類必要になりますが、もし混ざってしまったら仕分けるのに大変な労力がかかってしまいます。
いつでも使いたいときに使いたいものが見つかって、すっきり収納できるのがスマートでかっこいいですね。

100均の木製ケースを組み合わせた工具箱

 

View this post on Instagram

 

DIY楽し〜 今日は工具箱 何入れようかなぁ〜😄 #DIY #工具箱 #蕎麦猪口とシンクロ #裏表色違い

Hitochanさん(@hitomi.kawamura)がシェアした投稿 –

100円ショップで販売されている木製のケースを組み合わせて作った工具箱とのことですが、無骨な雰囲気がかっこいいですよね。
製作した方は多目的な収納ボックスとして使われるようですが、大きめなツールや端材などをざっくり入れて持ち運ぶのにとても便利そうですね。
細かなネジ類を収納するような用途ではないでしょうが、蓋がないので背の高いものを上から入れることもできますし、丈夫なのでガレージや屋外などに置くのにもピッタリです。

実はミニチュア工具箱

ちょっと毛色が違いますが、DIY技術がかっこいいのでご紹介。
一見普通の工具箱と思いきや、人の指とのスケール感がおかしい・・・とよく見ると、実はこちらはミニチュアの工具箱だったんですね。
ドールハウスを作っていらっしゃる方の作品ですが、エイジングされたドラム缶や会議室用チェアなど、エイジングされた男前なミニチュアなども数多く手掛けておられます。

木箱リメイクのブラック工具箱

 

View this post on Instagram

 

木箱リメイク 蝶番つけようとして ビスの長さの方が 板の厚みより長かったから 裏に板を付けた ら フタが閉まんない! よく考えれば 分かることでしたが また 勢いで作って やり直し~(笑)(←反省しろ) そして、 ワタシが敬愛してやまない DIYクリエイターの#maca さんがblogで書いていた 「マスキングテープの上から ビスを打ち その後テープを剥がすとよい」 を動画で撮ったのに! 四カ所のビス止めのうち、 撮ってない最初だけがキレイに剥がれ、 後は全部もたついた…(泣) うう、美しい仕事をしたい…。 で紆余曲折あって(←そこ省略?)(←説明に疲れたな) 金具を付け終わりました! レザークラフトにならなかった😅 けど、 レザークラフト用工具箱はできましたー! この後、使いながら 仕切りなんかをカスタマイズ の 予定です。 #木箱リメイク#木箱好き#ものづくり#男前雑貨#男前インテリア#レザークラフト#DIY#DIY女子#ハンドクラフト#手芸#蝶番#工具箱#ハンドメイド好き#キレイな仕事に憧れる#職人技に憧れる

gon2さん(@gongon717)がシェアした投稿 –

こちらは蓋付きの木箱に取っ手や蝶番などを取り付ける過程もアップされているので、初心者の方は失敗しないためのノウハウになるのではないでしょうか。
例えば、蝶番の取り付け位置を間違えて蓋が閉まらなくなったため板を丸ごと外したり、マスキングテープがうまく剥がれなかったりと苦戦されていますね。
取っ手は革にしようとしたけれど金具に変更、などなど、木箱リメイクにこれからトライするという初心者の方は必見です。

足場材でポップなオカモチ風工具箱

 

View this post on Instagram

 

明けまして おめでとうございます☀︎ . 今年もよろしくお願いいたします☺︎ . 今年もマイペースにゆっくりとスウィーツ作りをしていきたいと思います。 . . この冬休み、やりたい事を詰め込んでます☻ と言っても明日からまた野球⚾︎の日々が始まりますが笑笑 . やりたい事の一つ、仕事で使うカッターやピンセットなどを入れる箱を作ること! . 家に余ってた足場材と塗料を使ってオカモチ風に作ってみました。 . 来週からこれで仕事頑張りまーす★☆★ . . #工具箱#おかもち#おかもち風#手作りボックス#手作り#仕事用#足場材#woodpro#toolbox

C…wisdomさん(@fukifukifukinotou)がシェアした投稿 –

仕事で使うカッターやピンセットなどを入れるためにDIYした工具箱とのことです。
使ったのは家に余っていた足場材の端材とのことで、お金をかけずに使い勝手の良い味のある工具箱に仕上がっています。
足場材は建設現場でしっかり使い込まれているので、そのまま使ってもかっこいい風合いが出ます。
あえてあまり手を加えず、傷などもそのまま見せた方がいい味になるでしょう。
取っ手には余っていた塗料を塗ったそうですが、色がとてもポップでオシャレですね。

かっこいい工具箱DIYまとめ

最近はシックな留め具などが100円ショップで単品売りされているので、初心者でもパーツを組み合わせるだけで簡単に工具箱を作ることができます。
また、DIY用に市販されているアイアンパーツなどを流用すれば、大型の工具箱も作りやすいでしょう。
アイディア次第で自分のDIYモチベーションを上げてくれるかっこいい工具箱を作ることができますので、ぜひチャレンジしてみてください。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント