20年後、子供を幸せにする為の建築とは?若手建築家が作ったタイの孤児院

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

Soe Ker Tie House, Noh Bo, Tak, ThailandPic:Arch dairy

「デザイン」とは適応すること

オシャレなものや素晴らしいデザインは裕福な人のためにあるものではない、そしてデザイナーや建築家も同じく裕福な人のために存在しているのではないという考えを持ち、タイに孤児院を作った二人のノルウェー若手建築家がAndreas Grøntvedt GjertsenさんとYashar Hanstadさんがいました。

Soe Ker Tie House, Noh Bo, Tak, Thailand By TYIN Tegnestue Soe Ker Tie House, Noh Bo, Tak, ThailandPic:Arch dairy

タイ孤児院計画は、資金集めから

ふたりは強い信念のもと、孤児院の設立のために様々な資金集めの活動を行い、集まった資金の元で自身たちも約一年間タイに渡り、孤児院の建設ために力を注ぎました。

限られた資金で立てることが出来るよう、この地域で伝統的に作られる家屋の手法と材料を使い、そこに自身たちのデザインを組み込みました。

Soe Ker Tie House, Noh Bo, Tak, Thailand Soe Ker Tie House, Noh Bo, Tak, ThailandSoe Ker Tie House, Noh Bo, Tak, ThailandPic:Arch dairy

デザインのコンセプトも「普通の子どもと同じような生活を味あわせてあげたい」という想いが込められており、プライベートなスペースが確保されつつも、みんなで遊んだりくつろいだり、また家族のように時間を共有できるといった空間が設計に反映されています。

孤児院に込められた想い

この孤児院の建設によって子どもたちを幸せのある方向へ向かわせるということだけでなく、私たちに強い信念を持って行動することの大切さと同時に、より人間味のある行動の大切さというものを教えてくれたような気がします。

この少年の無邪気な笑顔を作り出したことが、全てを物語っているように。

Soe Ker Tie House, Noh Bo, Tak, ThailandPic:Arch dairy

Via:Arch dairy


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント