【テラリウム】100均でもできる!コケや桜をあしらった実例10選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

テラリウムとは水槽や透明のケース、ガラスのボトルや器などに形作る箱庭のようなもので、男女問わず人気を集めています。

苔を植え込んで花木を植栽したミニ盆栽的なものや、小石や水草などを植えて水を加えたアクアテラリウムなど、アイディア次第で楽しめます。

テラリウムにはまっている方たちの事例を10選集めてみました!


桜が花開く!苔テラリウム

これぞジャパン、日本の春といったテラリウムです。

テラリウムは世界的に人気を集めており、インスタでも海外からの投稿写真もよく見受けられます。

ですが、この苔に桜の組み合わせは日本人でないと発想ができません。

小さな透明の器の中が、まるで山のように見えてくるから不思議です。

山間の大きな岩に苔が生え、その頂上に桜の木が立っているような感じがしてきませんか。

自分が小さな人物になってテラリウムの中に入り込んだとすれば、そんな光景に見えてきます。

こちらの作品ですが、桜がワンポイントになった苔テラリウムです。

桜と苔の組み合わせといっても、作る方で全く表現方法も使う材料も異なるのが面白いです。

先の作品は風情や大和魂の情緒を感じるテラリウムでしたが、こちらは桜の木を前に花見を楽しみにやってきた造形人形も配されて、現代的な雰囲気が感じられます。

蕾がふっくらとしてきたので、ミニチュア人形たちと同様に開花が待ちきれません。

老若男女に愛されるテラリウム

 

View this post on Instagram

 

休みのたびに苔リウムを作る男、それはわし🐈 * #苔リウム#苔テラリウム#かしわらあきお

かしわらあきおさん(@akio_kassi)がシェアした投稿 –

テラリウムは女性も男性も問わず、年代も問わず楽しめるのが魅力です。

日本で古くから親しまれている盆栽は、年齢を重ねた男の人の趣味的なイメージがありますが、テラリウムは老若男女問わず楽しめ、特にアラサー、アラフォー世代の男性、女性に人気があります。

仕事に育児に忙しく、複雑な人間関係や情報過多の社会でストレスを溜める人が多い中、1人静かに植物と向き合い、テラリウムをコツコツ作ることで心が癒やされるのかもしれません。

ライトアップの幻想的テラリウム

テラリウムは小さな器で作れば、持ち運びも楽々です。

こちらの作品をDIYした方は、ご自身の癒やしのためか、いつも見えるところに置いて楽しんでいるご様子です。作業をするときは机の上、リラックスしているときには目に入る本棚の上など、やさしく癒やしてくれます。部屋の照明を落として小さなライトで照らせば、幻想的な光景も楽しめます。

自分で作って、自分なりの鑑賞スタイルで楽しむ、そんなところもテラリウムの魅力です。

テラリウムがカエルのお家に!

 

View this post on Instagram

 

チェレスケのお家を造りました🐸 以前から気になっていたテラリウムのお家🌱 * 滝行に行く途中、談合坂サービスエリアで苔を見つけて帰りに寄った甲府のペット屋さんで造形君(自由な地形を作れる土)を見つけて思い立ったが吉日、造りました😀植物が落ち着いたらチェレスケ、お引越しです( ・ิω・ิ)✨ * ①②③完成形(*´∀`)全くもって作り方が分からんかったのでネットのデザインと作り方を参考に(^_-) @usakoara さんおすすめの排水パイプも設置しました😀 * ④土台となる軽石、鉢底ネット、ソイルを敷き、お義父さんが壊した植木鉢😅を用意。次に造形君をこねますが、ウンコに行きたくなったので小休止💩 * ⑤ウン💩、、造形君をもって用意した植物、苔を植えます🍀  造形大学出身エロハンは手が汚れるからと口しか出さんかったですが、私の不器用さを見兼ねて造形してくれました😬 植物は横文字なので名前が覚えられませんが苔にあったものをカインズホームで選びました😃 * ⑥イメージ図 * ⑦植物が落ち着いたらチェレスケの引っ越しです(ㆁωㆁ*) どんな反応を示すかな(*´∀`)✨ * ⑧へいちゃんの水槽を横取りしてしまいました💦へいちゃんは前にベタのベータがいた水槽にお引越しm(__)m💦 * ⑨談合坂SAの200円の苔(・ิω・ิ) * ⑩造形君、植えれる君ლ(´ڡ`ლ) #テラリウム#テラリウム作り#テラリウム初心者#テラリウム好きな人と繋がりたい #ペパーミントツノガエル #ツノガエル #カエル#カエル好きな人と繋がりたい #苔#造形君

あきとさん(@akitontora)がシェアした投稿 –

「チェレスケのお家を造りました」とありますが、飼育されている珍しいカエルのお家としてテラリウムを作っていますね。

ドライブに行った際、談合坂SAで偶然に見つけた200円の苔苔と、甲府のペット屋で見つけた自由に地形を作れる土を購入して帰り、ネットで検索した情報をもとにテラリウムづくりにチャレンジされています。

初めてとは思えない造り込みで排水パイプを設置し、土台となる軽石、鉢底ネット、ソイルを敷いて、壊れた植木鉢を配し、植物や苔を植えました。

植物が落ち着いたところで、カエル君がお引越しされるとのことです。

100均ケースでお気軽テラリウム

テラリウムDIYに使われる材料は人によってさまざまで、ある意味、何でもいいのかもしれません。

アイディア次第で上手に使いこなせばいいのです。

初心者向けにお値段がはるテラリウムづくりキットなども販売されていますが、こちらは100均のクリアケースをレイアウト用のベースの器に使っています。

他のインスタグラマーさんも100均ケースを愛用している方は多く、ミスト式で草を育てたりもできるとのことです。

綺麗に保つにはメンテナンス必須

テラリウムは一度作って完成ではありません。

生きている苔や植物を植えるのですから、成長していきます。

管理を怠れば、伸び放題になって無残な姿になってしまうこともあれば、枯れてしまうこともあります。

そこで、適宜、メンテナンスをしてあげることが大切になるのです。

こちらは、最初の作成時から3ヶ月が経過し、伸びまくってたコツボゴケやらシノブゴケをトリミングしてあげたという状態です。

カビも生えず、今のところ環境も落ち着いています。

シンプルなほど難しく、だが美しい

 

View this post on Instagram

 

苔とシダ、鹿沼土と軽石でアレンジして見た😁😁 #苔 #苔テラリウム #苔盆栽 #シダ #シダ植物 #盆栽 #ミニ盆栽

こけまるさん(@kokemaru39jp)がシェアした投稿 –

日本でもトップクラスの人気を誇る良質な庭土の鹿沼土苔と軽石を配し、苔とシダだけを配したシンプルな構成です。

明るめの茶色が美しい鹿沼土と軽石の白のコントラストに、緑が美しく映えてシンプルながらも存在感の強い印象を与えてくれますが、苔の管理は意外に難しいとのことです。

乾燥しすぎると茶色く変色してしまうほか、濃い緑を保つにはあまり加湿せずにフードパックに入れて管理するなど、手間暇を惜しまず管理してあげましょう。

メンテナンスでピカピカに

テラリウムは継続的なメンテナンスが必要であり、苔の管理も意外に大変というお話をしてきましたが、こちらのインスタグラマーさんは、ちょうど苔をメンテナンスしたことをアップしてくれました。

手順として、苔が伸びすぎた部分をカットし整え、薄めたグリーンFというカビ防止のための薬剤を使い、さらに薄めた液肥に漬け込んで養分を与え、最後に水を抜いたとのことです。

メンテナンスをしっかりやることで、苔もイキイキしてきました。

テラリウム手順の動画はこちら

テラリウムを作る際には完成イメージ図を描いてから取り組まれる方やテーマを決めてそれに向かって造り込んでいくという方が少なくありません。

今回のテーマは「滝のある森を作る」とのことです。

動画も見ることができるので、テラリウムってどんな風に作るのだろうと悩んでいる初心者の方や複雑なデザインにチャレンジしてみたいといった方には参考になるのではないでしょうか。

まとめ

テラリウムは男女問わず、年代も問わず楽しめる人気のDIYですが、ストレスを抱えている世代には特に人気です。

コツコツ作業で癒やされ、自分で作った作品を鑑賞して癒やされ、植物を育てメンテナンスしていく楽しみでも心が満たされるのではないでしょうか。

苔テラリウムを中心にさまざまな発想でオンリーワンの作品が作れるので、10つの事例を参考にチャレンジしてみてください。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント