泡のように一瞬で消えていく世界を逃さない!【体験する透明テント】

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

透明=自然を余すことなく感じられる

フランス人デザイナー、ピエール・ステファン・デュマが作ったのは、エスキモーハウスのような形をした透明のバブルテント。

彼は人が自然の中で生かされていることを、より身近に感じることができるエコスペースを作りたいと考えていました。

「キャンプをする多くの人は、満点の星空の下で一晩を過ごしたり、陽が昇っては、沈んでいく様子を目の当たりにすることが体験できません。普通のテントやキャンパーバンにいる人は、これらの機会を逃しているのです」

と彼は唱えます。

bubbletent_03Photo by Bubble tree

贅沢なキャンプ「グランピング」が話題

グランピングという言葉をご存じでしょうか?

最近欧米では「豪華なキャンプ」や「おしゃれなキャンプ」を意味する「glamorous camping」というスタイルが生まれています。

星空の下での珍しい体験を提供するために、透明のバブルテントは設計されました。

ただのテントではありません。

球体の室内は思いのほかスペースが広く、ベッドスイートの快適さを持ち込むことができます。

今では、家具なども持ち込んだアウトドアホテルの1部屋として機能している場所もあります。

bubbletent_01 bubbletent_02Photo by Bubble tree

遮るものがない、ベッドの上は満点の星空

360度、ぐるりと自然を見渡せる。

普段は見落としてしまう、陽光の移り変わりや、動植物たちの息遣いを感じることができるでしょう。

隠す所のない透明のテントの中にいると、実は人が自然に見られているような気がしてくるかもしれません。

78c8dff1

そして日常生活では気づきもしなかった、新しいアイディアが突然浮かんでくるかもしれません。

それほど人にとって自然を近くに感じることは大切なのです。

思考を柔らかくするには、普段と違う光景、体験が必要ですね。

bubbletent_05 bubbletent_06Photo by Bubble tree

Sourse: Bubble tree


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント