快適なテレワーク環境を構築!狭い部屋でも効率的に作るには?

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

テレワークを推進する会社が増えつつある昨今、家でも快適に働けるよう、自宅のテレワーク環境を整えたいところ。しかし、ワークスペースにできる空間が限られがちな一人暮らしの場合、集中しにくい室内環境や、ビデオ会議で生活感のある背景が映り込んでしまうことに悩む人も多いのではないだろうか。

そこで今回は、快適なテレワーク環境にするためのポイントをご紹介。テレワークにありがちな悩みと併せて、ワークスペースの整え方を見ていこう。

テレワークでありがちな悩みとは?

自宅でのテレワークは、毎日の通勤にかかる時間やストレスを省け、家でリラックスして仕事ができるといったメリットがある。その一方で、ワークスペースをきちんと整えないまま業務を始めてしまうと、反対に業務がはかどらなくなる可能性も。
まずは、テレワークにありがちな仕事環境に関する悩みを紹介しよう。

オンオフが切り替えにくい

オフィスでの仕事に慣れている人は特に、仕事もプライベートの時間も自宅で過ごすとなると、オンオフが切り替えにくいことがある。
多くの場合、一人暮らしでは生活空間も作業スペースも同じ部屋に設けなければならず、なかなか仕事モードに入れないかもしれない。

集中できない

テレビやベッドなど、仕事に関係ない家具が目に入る空間だと、どうしても集中力が続かないこともあるだろう。
オフィスは仕事する環境が整っている上、ほかの社員もいるため、自然と仕事に打ち込めるが、自宅で一人になるとそれが難しい人も珍しくない。

肩こりや腰痛が悪化しやすい

自宅で長時間にわたってパソコン作業をしていると、肩こりや腰痛の原因になることがある。デスクではなくローテーブルで作業をしている人など、家にあるデスクやチェアが長時間の作業には向かない場合は、特に注意したい。

オンライン会議での背景が気になる

寝食も仕事もする部屋でオンライン会議をするときに、ベッドや棚など、プライベートな家具が背景に映り込んでしまう可能性も。業務においては、なるべく生活感のある雰囲気を隠したいという人もいるだろう。

部屋が狭くて環境が整えられない

ワンルームや1Kの部屋に住む人の悩みに多いのが、とにかく部屋が狭くて作業用デスクやチェアなどの環境を整えにくいというもの。
モニターやプリンターなどの周辺機器も置くとなると、どうしても部屋に圧迫感が出て、作業時もプライベート時間も快適に過ごせなくなってしまうだろう。

テレワーク向けの室内環境を整えるポイント

テレワークのために室内環境を整えるのであれば、テレワーク環境に関する悩みを解消する家具選びや、部屋のレイアウトの工夫をすることが大切だ。
ここからは、快適なテレワーク環境を作るための、おすすめの方法を見ていこう。

自分に合う高さのデスクを用意する

作業しやすいデスクの高さは、自身の身長や使用する機器、作業内容などによって変わってくる。高さが合わないデスクで無理に作業を続けると、集中できないだけでなく眼精疲労や肩こり、腰痛などの原因に。
そのため、デスクや椅子を用意する場合は、デザインや価格だけでなく、高さをチェックするなど、使用感の確認もできることが理想。自分に合った高さに調整できる、昇降機能つきのデスクもおすすめだ。

デュアルモニター環境はワイド幅のデスクが◎

ビデオ会議やチャットなどを多く使うテレワークでは、複数モニターで作業したい人も多いはず。デュアルモニター環境にしたい場合は、横幅が120cm程あるデスクがモニターを設置しやすい。

腰痛防止の椅子やクッションを使う

一般的なダイニング用チェアやソファは長時間の作業に向かず、腰痛や肩こりのリスクも高い。腰やお尻への負担をなるべく軽くするためにも、長く座っても疲れにくいチェアや座椅子、腰痛防止クッションを用意しておこう。

オンライン会議用のスペースを作る

オンライン会議の背景問題を解決するためには、専用スペースを部屋の一角に用意するのはどうだろう。おすすめは、背景が壁だけになるスペースを確保して、デスクを配置すること。

もし、背後が窓になってしまう場合は、洗濯物などの映り込みを防げるよう、背後にロールスクリーンやカーテンを設置するといいだろう。

余裕があれば、壁にカッティングシートを貼ったり、ポスターや写真を飾ってみたりするのも◎。

ワークスペースには必要最低限の物を置く

集中力を上げるために、ワークスペースには必要最低限の物だけを持ち込むことも大切だ。作業中に、つい関係ない物が目に入って片づけたくなったり、集中力が削がれたりしないよう、日頃から目に見えないところに物を収納する癖をつけておきたい。

立ち作業の時間も設ける

テレワークに限らないが、長時間座り仕事をしていると腰を痛めたり、運動不足になったりする。よって、ずっと座って仕事するのではなく、立ち作業を取り入れてみるのも効果的。仕事中の気分転換や眠気対策にもなるだろう。

立ってパソコン作業ができるスタンディングデスクや棚を活用してみよう。

部屋が狭い場合、デスクはどう選ぶ?

部屋が狭くて仕事環境を整えにくい場合は、ローデスクやミニマムデスクがおすすめ。

ローデスクのような背の低い家具は圧迫感が出にくく、部屋を広く開放的に見せてくれる。天板を高めにできるローデスクならば、座椅子と組み合わせても足元が窮屈にはならないだろう。組み合わせる座椅子は、体をしっかり支えてくれる背もたれつきを選びたい。

また、横幅を抑えてレイアウトしたい場合は、タワータイプのミニマムデスクが◎。収納機能が充実したミニマムデスクなら、部屋の一角に省スペースで仕事空間を設けることが可能だ。

なお、部屋の角にレイアウトするL字タイプのミニマムデスクも、空間を効率活用できるデザインとなっている。

自宅の一角にワークスペースを確保しよう

働き方が多様化し、現在は毎日出社している人も、テレワークをすることになる可能性は十分に考えられる。

自宅でも快適な環境で働けるよう、自宅の一角にワークスペースを確保したり、作業しやすいデスクや椅子を用意したりしておくのがおすすめだ。

快適なテレワーク環境を構築するポイントまとめ

今回は、自宅でテレワーク環境を整えるためのポイントを6つご紹介しました。ポイントをおさえて、自分だけのワークスペースを確保しましょう。

  • ・自分に合う高さのデスクを用意する
  • ・デュアルモニター環境はワイド幅のデスクが◎
  • ・腰痛防止の椅子やクッションを使う
  • ・オンライン会議用のスペースを作る
  • ・ワークスペースには必要最低限の物を置く
  • ・立ち作業の時間も設ける

 

出典元:REISM STYLE

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント