【一畳に宿る最上の幸せ】進化型タイニーハウス!軽トラキャンパーTarutaru号の秘密

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

安曇野パーマカルチャー塾の臼井健二さんが、進化型タイニーハウスを製作したと聞いて見に行ってきました。
進化型タイニーハウスの名前は、軽トラキャンパー”Tarutaru号”。
ヤバイ、名前だけ聞いても全然分からない(笑)
でも実際にTarutaru号を見せてもらい、使い方やメリットを聞くともっとヤバーイ感覚に襲われました。
だって、これさえあれば「多拠点ミニマムライフ」が送れるから。
古い大量消費生活でもなく、できることが少ないミニマムライフでもない、まったく新しいライフスタイルを手に入れられる予感がしました。
そこで今回は、安曇野パーマカルチャー塾の臼井さんが開発した軽トラキャンパ―をご紹介します。

パーマカルチャーの実践者、臼井健二

臼井さん
まずは、臼井健二さんの紹介を。
【臼井健二さんのプロフィール】
1949年生まれ。大学卒業後、商社に1年勤めて退社。穂高町経営の山小屋の管理人として5年間過ごす。1977年に大天井岳の山小屋の管理人をやめ、1979年シャロムヒュッテを立ち上げる。長野県内有数の稼働率を誇る人気の宿となり、自然農、シュタイナ-教育、マクロビオティック、地域通貨、共同体、パーマカルチャーなど、21世紀の循環型社会に必要なキーワードを包み込んだエココミュニティとして注目を浴びている。2006年には、シャンティクティもオープンし、現在は拠点を移して活動中。
過去にインタビュー記事をアップしているので、こちらを読んでもらえれば臼井さんの凄さと面白さを理解してもらえると思います。
→ 【未来に伝えたい】古くて新しいサスティナブルライフ!臼井健二氏

安曇野パーマカルチャー塾の講師

thumb_IMG_4769_1024
臼井さんは安曇野市のゲストハウス「シャンティクティ」を運営していて、パーマカルチャーや自然農、持続可能な建物の仕組みなどを実践・紹介しています。
大量生産・大量消費の時代の流れに逆行する「モノを持たないシンプルな暮らし」を実践する臼井さん。
モノを「所有」するのではなくモノを「共有」し、仲間と協力して生きていく道を進んでいます。
ミニマムライフ × パーマカルチャーという時代の最先端を突っ走っている、本当にカッコイイ人です。

新型タイニーハウス”Tarutaru号”?

佐藤さんと臼井さん
そんな臼井さんが新型タイニーハウスを開発したと聞いて、さっそく見に行って来ました。
そもそも”タイニーハウス”という言葉をご存知でしょうか?
タイニーハウスとは、低予算で建てられる移動可能な小さな家で、アメリカを中心にブームが起きています。
→ お金より価値がある小さい家”タイニー・ハウス”ってなに?
臼井さんが製作したタイニーハウスの名前は、軽トラキャンパー”Tarutaru号”。
さすが臼井さん、ただのタイニーハウスではありませんでした!
Tarutaru号は、大量消費生活でもミニマムライフでもない「新しい生き方」を実践するための相棒です。
さっそく、ご紹介しましょう。

タイニーハウス+軽トラ=軽トラキャンパー!

2台の軽トラチャンパー
軽トラキャンパーTarutaru号は、一言でいえば進化型タイニーハウス。
タイニーハウスの課題だった「移動性」を向上させた家で、軽トラにもなるし家にもなるという優れもの。
ちなみに聞き慣れないタルタルゴウという名前は、「吾唯足るを知る」という老子の教えから取ったそうです。
まさに、ミニマリストですね!

次のページへ
1 2 3
HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。 instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/