建築業界で物議をかもした「安藤忠雄」建築に見る20坪の狭小住宅「住吉の長屋」

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

安藤忠雄が4歳の時に疎開先から移り住んだのが、中宮町の住宅と呼ばれる安藤の祖父母の家です。

中学生のときには増築する手伝いもしたといい、その後、さまざまな手を加えながら45歳まで住み続けたそうです。

そんな中宮町の住宅とほぼ同じ間取りで設計したのが、彼の最初の作品であり代表作でもある「住吉の長屋」

狭い路面に位置する三軒長屋の真ん中の一件だけを切り取って、コンクリートの家に立て替えるというかなり大胆なもの。

当時の建築業界で物議をかもしたそうです。

住吉の長屋2

住吉の長屋3

広さは間口3.45m、奥行き14.25m。

真ん中に屋根のない中庭があるため、家の中を移動するのには必ず庭を通らなければならない。

ゆえに雨の日は傘をさして移動。

中庭からの自然光によって、冷暖房がなくとも快適。

03

sumiyoshi_plan3

施主は今でも楽しんで暮らしているそうです。

奇妙な印象も受けますが、そこはやはり巨匠のデザインですから、住めば都なのかもしれませんね。

Via:SUUMOジャーナル,Het architecture


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。 instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/