かゆい所に手が届く!DIY用語集

か行

機能性カーテンレール

設置する場所に合わせた形状や操作性、室内環境を整える特に機能面を重視したカーテンレールです。レールが目立たないようにカーテンを吊るすのが一般的となっています。アルミ性や樹脂性のレールがあり、また一枚のカーテンを吊るすシングルタイプと、ドレープカーテンとレースカーテンの両方を吊るすことができるダブルタイプがあります。また設置場所については、壁に取り付ける壁付けタイプと天井に取り付ける天井付けタイプの2種類があります。対照的な言葉として、あえてデザインされたレールを見せるインテリア性の高い装飾カーテンがあります。

ガーデニング

趣味として行われる庭づくり全般のことです。「園芸」「造園」とほぼ同じ意味で使われますが、狭い意味ではイギリス式などの西洋風の庭づくりを指すこともあります。自宅の庭で樹木や草花、ハーブ、野菜などを栽培したり、石畳の小道や木柵などを設置して装飾したりします。庭がなくてもコンテナガーデンや板壁などを利用すれば、ベランダや出窓といった狭い空間でもガーデニングが楽しめます。また棚を作るといった本格的なことから、植木鉢をペイントするなど手軽なことまで様々なDIYを取り入れられます。

カジュアルスタイル

親しみやすく肩の力が抜けた、ラフでくつろぎやすいインテリアスタイルです。無造作、明るい、シンプルで気取らないといった要素がキーワードとなります。赤、黄色、オレンジ、グリーンといった明るい色合い、大柄のチェックやストライプ、遊び心のある大胆な柄が似合います。ビニール、コットン、プラスチックなどの家具や小物と相性がいいです。異なるスタイルとミックスしたフレンチカジュアル、カジュアルモダン、アメリカンカジュアルなども人気です。

カッターナイフ

一枚刃の交換可能な刃が付いた切断用の工具です。よく知られている切れ味が悪くなると刃を折って使用するカッターナイフは折る刃式と呼ばれます。折る刃式カッターは紙などの薄い物を切るのに適した刃幅9ミリの小型刃と、薄手のベニヤ板なども切断可能な刃幅18ミリの大型刃の2種類が広く使われています。その他に細かい作業に向いているペンタイプ、円形にカットできるコンパス型、曲線が切りやすい円形刃、紙やビニールなどに切り離し用のミシン目を付けるミシン目カット用のカッターナイフもあります。

カフェ風

カフェ風とはカフェの雰囲気を出している、とかカフェに合うようなという意味で用いられます。 カフェとは、もともと料理やアルコールも出せる喫茶店でしたが、特にヨーロッパではおしゃれな店といったイメージが強く日本でもそういった店があちこちに見られます。 ここで似合うようなおしゃれなものを指すのに使います。 例えばインテリアもカフェ風といえばしゃれたヨーロッパ調の椅子や、テーブルなどや部屋の飾りつけなどを指します。 またダイニングやリビングをカフェ風に作るといった調子で飾りや家具類におしゃれな雰囲気のものを使ったもので整えるときに用いられます。

カラーボード

カラーボードとは板状の発泡スチロールのパネルで種々の色のものがあり、DIYによく使われる材料です。 発泡スチロール製のため軽くて、簡単に切って加工でき、どこにでも張って使えます。 好きな形に切るには鉄製の定規などを当てて、カッターで簡単に切れます。 壁などに貼るときは発泡スチロール専用のボンドを使えばしっかりくっつきますが、将来剥がす可能性のある場合は両面テープなどでも張ることができます。 カラーボードの表面にいろいろな模様のリメークシートを張れば、自由な模様に仕上げることができます。

カラーボックス

カラーボックスとはColor とBoxという英単語を組み合わせた和製英語で、容易に組み立てる事が可能な収納家具のことを指しています。 一般的には一式のセットとして売られています。 板を組み立てて作れる素材が用意されていて、各板に開いている穴にねじを差し込んでいけば、何段にも重ねたものを容易に作ることができます。 色も木目調のものから種々の色のものもそろっています。 さらにこの中に引き出しとして使えるインナーックスボックスというものも売られています。

カシュー塗料

カシュー塗料とは主に表面仕上げ材に使われる塗料の一つです。カシューナッツの殻から抽出される油分を原材料としていて、塗装すると独特のツヤや光沢をだすことから【漆の代用品】として使用されることも多いです。漆と違い安価であり、触ってもかぶれることがないことからDIYでも使われることが多い塗料です。カシュー塗料を使えば、DIY初心者でも比較的簡単に光沢があり、高級感のある作品に仕上げることができるでしょう。

カンナ

カンナとは材木の表面を削ってなめらかにする大工道具のことです。 厚い板の真ん中に開けた四角形の穴に刃を取り付けて刃の部分を少し出して表面を滑らかにしたい材料の上をこすることによって削っていきます。 平たい板の部分の表面を削るものが平カンナで鴨居や敷居の溝の部分を削る、溝カンナ、角を削って滑らかにする面取りカンナなどがあります。 カンナの刃先は良く研ぐ必要があります。この刃を台の穴にはめ込んで、刃先を少し台から覗かせ、カンナを手元に引いて削るのですが、刃ののもとをたたいて台からの出方を変えて薄く削れるように調整します。

キッチンワゴン

キッチンワゴンとはキッチンやダイニングで食事を乗せて運ぶキャスター付きの台のことです。何段にもなっており、各段にものを載せることができます。 材質は金属のものから木のもの、合成樹脂のものまであります。 運ぶだけでなく、壁際などにおいて炊飯器やポットを上にのせて、下の段には野菜などを置いたりして使うこともあります。 キャスターがついているので自由に置き場所を動かすことができます。また合成樹脂などの籠を下の段に置き、中の籠を置くものにより交換して使うこともあります。

キャスター

キャスターとは家具やスーツケースの下につける車のことです。 台車や椅子、机、ピアノなどにも使われています。車を取り付けた軸の金具が自由に回転して、押す方向によりどの方向にでも運んでいけるような構造になっています。 キャスターを装着する方法も上についているプレートをビスで止めるものや、ねじ込みで止めるものなどがあります。 車の材質はゴムやニトリルなどからできています。 動かないようにストッパーがついていて載せたものを固定するものもあります。

キャスタースパナ

キャスタースパナとはキャスターを取り付けるときに使う専用のスパナです。 ねじ込みで取りつけるキャスターは六角形のネジが先についていて、ここをキャスタースパナでつかみ、回して台にねじ込んでいきます。 この作業をするのには強い力が必要で専用のキャスタースパナを用いて行う必要があります。 スパナは両側または片側に六角形のネジの幅に適合する切り込みがあるもので、ここにねじをはめ込んで回してねじ込みます。 ネジの規格に合わせていろいろなサイズが用意されています。

クサビ

くさびとは木や金属で造られたもので、一方の端を厚くして他端を薄くして傾斜をつけたものです。 木材・石材にノミや釘などで造った隙間に薄い方の端を差し込んで厚い方からハンマーなどで叩くことによりくさびを奥に差し込んでいきます。 これにより木材や石材を割ることができます。 また重い物を押し上げるとき下に打ち込んで隙間を作ってさらにそこに棒などを差し込んでいくのに使われることもあります。 また差し込んだ材料が抜け落ちるのを防ぐため隙間に打ち込んで詰めるためにも用いられます。

クリフォームプラコン

クリフォームプラコンとは重いものを搬送する時に下に敷いて上を滑らせるためのものです。 金属のコの字型の板に回転する車が隙間なくつけられており車が回転することにより上に載せたものを滑らしていきます。 車はステンレスなどでできていて重いものを載せても荷重に耐えます。 車同士は接触していないのでものを搬送しても音も出ず静かに搬送できます。 載せるものの性質で車の径やピッチ幅を変えて最適なものを選択できます。 また載せるものの幅に合わせて複数個並べて用います。

グルーガン

グルーガンとはグルーを溶かして出す銃という意味でグルーとは樹脂のことです。 銃の形をしており後ろから樹脂の棒を装填します。 コードを電源に差し込んで引き金のようなものを引けば内部のヒーターで溶けた樹脂が先からたれ出して物を接着することができます。 樹脂は物につけば冷えて固まるのですぐに接着できます。 紙、木材、発泡スチロールなどはうまく接着できます。 また180度以上の高温のグルーガンを使えばプラスティック、ガラス、鉄なども接着できます。

クルミ油

クルミ油とはクルミの実からとった油のことで乾くと固まる性質をもっています。 木材に摺りこむと浸透して樹脂化するため木の補強や防水にも役立ちます。 木工工芸品・木彫品・家具などの木の部分に布で摺りこむように塗り、後を乾いた布でこするとつやが出て木目が際立ちきれいに仕上がります。 乾燥するには数時間かかるので数日毎に何回にも分けて塗るとさらに効果が出ます。 食料品にも使用する油で食べても問題ないものなので、どこに塗っても危険性がなく安心して使えます。

グレーチング

グレーチングとは側溝の蓋であり、鉄などでできた格子状のスノコの形のものです。 一般的には屋外の排水口などの上にはめて塞ぐのに用いられます。 上部に大きな荷重がかかる場合は鉄材が用いられますが、そうでない時はガラス強化プラスティックなども用いられます。 ガラス強化プラスティックのものは透明で軽くしかも丈夫で、人が上を歩いても大丈夫です。 光を通して明るい空間ができるので天井や床に利用することもできます。 また壁や、階段の踏み板などの利用も拡がっています。 風通しがいいということでベランダの床などにも使われています。

クローゼット

クローゼットとは衣類などを入れる大型収納のことです。 スーツやワンピースなどの洋服類を収納するためのもので中には、ハンガーパイプが取り付けられています。 衣類を入れるだけのものは奥行き50~60cm程度のもので部屋の隅に位置し、扉がついているものもあります。 洋服箪笥が壁についているようなものです。 寝具類やその他の家財道具まで収納できる大きさのもので、人が中で着替えるスペースがある小部屋のようなものもあり、これはウォークイン・クローゼットと呼ばれます。