飾らないサーフスタイル!海を楽しむサーフスタイルのお部屋にDIY

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

「サーフスタイル」と一言でいっても、人によって西海岸風やハワイ風、湘南風などそのイメージは異なるかもしれません。

サーフィンを1年中楽しめるよう、海に近い場所に小屋を建てる本格的なDIYから、普段はサーフィンには行けなくても、お部屋で潮風を感じるようなインテリアのDIYまで、様々なサーフスタイルが存在しています。

今回は、海が近くにある人もない人もヒントになる「サーフスタイル」5選をご紹介します。


流木タペストリーでお部屋に潮風を感じて

海沿いのおしゃれなサーフショップに飾られているような流木を使ったタペストリーはDIYで作ったものです。

海岸に流れ着いたイメージの流木に青いヒトデのモチーフや海の絵葉書などちょっとしたおしゃれアイテムを吊すだけで、一気にサーフ感が感じられる仕上がりになりました。

ご友人がDIYしてくれたというサンバーストミラーもサーフスタイルの演出に一役かっています。

白の木目調の壁をベースにすることもサーフスタイルらしさを醸し出すポイントかもしれません。

サーファーに憧れの海を臨む小屋づくり

サーファーや海が好きな方なら誰しも憧れる窓からも庭からも海を臨めるお家ですが、それをDIYしてしまう凄腕の持ち主です。

外壁や天井にレッドシダーの板を張り、開口部を広めにとってガラスの建具を埋めこみ、海が存分に眺められるようにする予定とのことで楽しみも広がります。

DIY上級者になったら一度はやってみたい、本格的な小屋づくりの事例です。小屋ができあがったら、内部のインテリアもサーフスタイルに統一されることでしょう。

海辺に建てたい古民家の廃材を活かした小屋づくり

こちらの所在は明らかではありませんが、海沿いに建っていたら潮風の感じられる、サーフボードが似合いそうな小屋です。

取り付けたばかりの小さな窓は古い家を取り壊した際にご近所から頂いた廃材や、使わなくなった食器棚の扉や木枠を組んで、古ガラスやプラダンをカットしたものを入れこんだとのことです。

使わなくなったものを再生したエコでおしゃれな、お手本にしたいDIYと言えるのではないでしょうか。

セリアのラインステッカーで西海岸風に

ホワイトオーク調の壁にはサーフボードの形のインテリアが飾られている、西海岸テイストのサーフスタイルのお部屋です。

茶色だった全身ミラーを、セリアのラインステッカーの木目柄を貼って白にチェンジさせています。

ラインステッカーだけでも、だいぶ印象が変わっていますが、それでは飽き足らず、木板を貼って雰囲気を変えたくなってきたとのことです。

DIY初心者やじっくり取り組みたいけれど時間がないという方なら、取り急ぎセリアなど100均アイテムでDIYするのも楽しいものです。

スタイリッシュな海を感じるインテリアで玄関をアレンジ

白を基調にして流木が飾られるなど、サーフスタイルが感じられます。

玄関が北向きで光が入らないので、白を基調にして明るさを演出しているとのことです。

正面にはエコカラットを張り付け、ウォールシェルフを取り付けて、DIYで手作りしたウッドミラーとクロスオブジェもサーフスタイルらしさの演出に活かされています。

フェイクグリーンや落ち着きのある観葉植物を置く点も海辺の家らしい感じで素敵です。

飾りすぎないサーフスタイル

サーフスタイルと聞くと、「サーファーが楽しむDIY」と感じるかもしれませんが、実はもっと気軽に海を感じることを楽しめるのが「サーフスタイル」。

サーフスタイルの家は、飾りすぎず、白や木目を基調に仕上げているのが基本です。

流木、古くなった食器棚の木枠やガラス窓などをDIYに利用することでも、サーフスタイルらしさが演出できますよ。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント