ステンシルシートってなに?作り方からアイデアまで徹底紹介!

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

ステンシルシートって?

文字や模様の形に切り抜きをした型紙の上から、好きな色を塗布して転写することを「ステンシル」と言います。ステンシルをするためのシートが「ステンシルシート」です。

壁や雑貨にステンシルを施すことによって独特の風合いがでてきますし、必要な材料も最低限度です。低価格な負担で気軽にできますから、DIYビギナーにもおすすめできます。

100円ショップやネット通販でリーズナブルな費用で転写に必要な型紙であるステンシルシートは入手できます。デザインは豊富にそろっていますが、さらにこだわりたいならば、文字を印刷して切り抜いて自作してもOKです。

簡単に転写できる

好きなステンシルシートを見つめて文字が決まったら、あとは転写するだけです。
あったら便利なものをご紹介しておきましょう。

・マスキングテープ:ステンシルシートをおさえるときに利用します。
・新聞紙:汚れないように適宜使うといいでしょう。
・塗料:水性の塗料でもいいですが、下地にニスが塗布してあるならば、油性の塗料がいいです。
・スポンジ:筆の代わりに塗料をつけて使用します。
・塗料を入れるお皿:植木鉢の水受けが、ちょうど良い大きさです。

転写を手軽にするならば、アクリル絵の具です。水などで落ちない油性のアクリル絵の具ならば、キレイに仕上がります。水がかからないような使用方法をするならば、水彩絵の具でもステンシルできますが、にじんでしまう可能性が高いですので注意してください。

ステンシル専用インクならば、キレイに転写できますし、いろいろな色が揃っています。グラデーションでステンシルしたいならば、専用のスタンプ台が市販されています。

インクや絵の具でグラデーションを作るのは簡単ではないし、失敗することが多いです。グラデーションでステンシルしたいならば、専用のスタンプ台は必須です。このほかにもラッカーやマニュキュアでもステンシルできますね。

図案がカットされたタイプもある

市販されているステンシルシートには、(1)図案のカットが済んでいるタイプと(2)自分でカットする無地のタイプがあります。

(1)のタイプならば、自分で型を作ることもありませんし、好きな図案を選ぶだけ。
後は色を載せればいいので簡単にできますから、初心者はこちらのほうで、まずは挑戦してみてはどうですか。
購入する場合は、仕上がりにサイズを確認して選ぶと失敗しません。

初めての場合は、細かすぎない図案がいいでしょう。細かすぎる図案にしてしまうと、色がしっかり乗せられなかったり、にじんでしまったりして、キレイな仕上がりになりにくいです。簡単な図案から初めて、ひけつ・コツをつかむといいでしょう。

おすすめのカットされたシートはこれ!

ジョーホク ステンシルシート

アルファベットのステンシルシートで、サイズも豊富にありますので、使いやすくおしゃれ感もあります。
アルファベットと数字がセットになっていますし、使用頻度が高い文字は複数枚のセットになっています。

MyHot いろいろな模様を楽しめるステンシルシート(16種セット)

サークル柄やアニマル柄など、自分ではキレイに描くことが難しい模様を楽しめるステンシルシート。シートの枚数も多く幅広い模様をそろえることができるのでおすすめです。パターンや模様を楽しみたいならば必携のステンシルシートです。

マーサスチュワートクラフト 粘着式ステンシル

粘着質のシートになっていますから、滑りやすい曲面にもピッタリと貼って固定できます。シートがずれる心配もありませんし、仕上がりはとてもキレイです。ステンシルシートが汚れても、洗えば何度でも使えますし、細かい柄でも隅々までステンシルしやすいですね。

ステンシルシートを作るには?

市販のデザインされたステンシルシートでは満足できなくなれば、自作でステンシルシートを作りたくなります。そんな場合でも、ちょっとしたコツを知っておけば、失敗しません。必要な道具やおすすめしたい素材についても説明しておきましょう。

作るときのコツ

ステンシルの定番と言いますと文字ですが、この文字が小さすぎると難しいので、できるだけ大きな文字から挑戦してゆきましょう。希望の型紙ができますが、時間も手間もかかりますし、結構疲れますので、慣れるまでは長い文章や細かい模様は避けることをおすすめします。

注意するポイント

型紙になる素材に文字や模様を描いたりトレースしたりします。この場合に、ずれないようにマスキングテープで固定するように注意しましょう。せっかく作業をしていても、ずれてしまうと残念な結果になります。切り抜いてしまう場所は、塗りつぶしておくと分かりやすいでしょう。

必要な道具

ステンシルを自作する場合は、(1)デザインカッターや普通のカッターナイフ(2)工作マットやカッティングマット(3)定規が必要です。工作マットは100円ショップで市販されているものでもいいですが、サイズはA4版のほうが使いやすいです。

おすすめの素材

梱包用の透明ビニールテープやマスキングテープ

簡単ですし、一番キレイな仕上がりになりますが、何回も使い回しはできませんけれども、2回から3回程度ならば大丈夫です。印刷した文字の裏と表にビニールテープを貼ります。(表だけでもいいですが複数回使いたいならば、両面に貼る方がいいです)1回だけの場合は表だけに貼ると切り取りやすくていいので、ビギナーはこれで挑戦してみてください。

クリアファイル

下に印刷した原稿を入れて、切り抜きます。クリアファイルの場合は硬めなので、カッターナイフのほうが使いやすいでしょう。

ダイソーなど100円ショップで市販されているステンシル用カッティングシート

印刷紙のように薄いですが、クリアファイルほどの強度はなく、紙に近い感じですが、小さいサイズでもクリアファイルよりはしやすいです。

シートの作り方は?

マスキングシートの作り方ですが、(1)型紙に文字・模様を描く(2)文字を切り抜くという手順です。

型紙に文字・模様を描く

絵心がある人は自分で自由に書いていけばいいのですが、下絵を作っておいて、それをトレースする方法がいいでしょう。インターネットでフリー素材をダウンロードして、それを使う方法がお手軽にできます。

ステンシルに向いているフォントはインターネットでフリーのものがたくさん配布されています。ダウンロードして、使うといいでしょう。好きな文字が利用できます。模様に関しても自分で書く必要もなく、「模様 フリー 素材」などのキーワードでダウンロードしちゃいましょう。

それらを自由に組み合わせるのはあなたのセンス次第ですね。特に絵心がなくても、楽しめるのがステンシルの魅力でもあるのです。

文字を切り抜く

カッターなどで文字を切り抜きますが、その場合に注意したい文字があります。アルファベットの場合は「A」「B」「D」「O」「P」「Q」「R」などです。文字の外側を全て切り抜いてしまうと、中の空白部分までなくなってしまいますので、途中にラインを入れるなどして、空白部分を残しましょう。

時間があるならば、まずは紙にコピーして練習するといいでしょう。切り抜きを丁寧にするかどうかで仕上がり具合が随分違ってきますので、時間をかけて切り抜きしてください。

シートを使ったアイデア例は?

ステンシルシートを使ってお洒落にできるものの一例をご紹介しておきましょう。

インテリアボード

無地なインテリアボードでも、空いたスペースにステンシルすると、グッと奥行きがでてきます。おしゃれ感があってステキな部屋に変身してくれますね。無地だとさびしく見えるところへ、ちょっとした模様や英文字をステンシルすると小物や雑貨との相性もピッタリです。

文字の色も白や黒が定番ですが、少しカラフルにしても動きがでます。インテリアボードが黒系や茶系ならば、文字色は白文字の方がいいでしょう。逆に淡い色ならば、黒系や茶系の文字にするとクールでスタイリッシュは雰囲気になります。

ブリキ缶

ブリキ缶はステンシルの定番ですし、一度は試してみたいリメイク用のアイテムです。ゴミ箱に使ったり、ちょっとした小物入れに使ったりできますし、最近は植木鉢代わりに使うようなシーンもあります。ブリキ缶を塗ったあとに同じ色調のステンシルで仕上げると、落ち着いた雰囲気になり統一感もできます。いくつか作っておいて並べるだけでもステキなインテリアになってくれます。

布にはアルファベットのステンシルが似合うでしょう。クッションカバーなどもシンプルなモノを購入してきて、好きな文字をステンシルできます。大きな文字になると思いますので、ビギナーにも挑戦しやすいですね。

古着やシンプルなTシャツなどにステンシルをすれば、オリジナルなファッションにリメイクできます。
シール素材のシートを使うようにすれば、シワがよっても比較的大丈夫です。慎重にステンシルするのがコツです。

ピローカバーやシーツにステンシルをする場合は、スプレーを使うと簡単にできます。無地の枕カバーやシーツをそろえて好きな文字をステンシルすると、とても格好いいです。最初は100円ショップのクッションカバーンなどで練習をして慣れてきたら大きなものに挑戦しましょう。
パッチワークのものにステンシルしても、かわいらしくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ステンシルシートを利用したDIYは比較的手軽にできることがご理解いただけたと思います。あらかじめ図案がカットされているタイプならば、好きな色で塗るだけでできますから楽でしょう。

慣れてきたら、オリジナルで作りたくなりますので、何度もやってみるとコツがわかってきます。必要になる道具も入手しやすくリーズナブルなものばかりです。今回ご紹介した内容を参考に、いろいろなものをステンシルして、おしゃれな空間を作って楽しみましょう。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント