簡易防音室をDIYで手に入れる方法10選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

騒音問題が取り沙汰される昨今、住宅における防音室の需要は増加しつつあります。

防音室は、室内の音が外に漏れ出ない空間のこと。音楽や楽器演奏はもちろん、迫力ある音で映画を楽しみたい人や床音や生活音の漏れが気になる人には、是非ともほしい空間です。

しかし防音室は、特殊な工事が必要になるため、工務店などのプロに依頼すると非常に多くの費用がかかってしまいます。

防音室が欲しいけど手が出せないという人にオススメなのが、簡易防音室ならDIYで手に入れることができてしまいます。DIIY実例10選を見て、ぜひDIYにチャレンジしてみてください。


予算2,000円!扉の隙間をフェルトで敷き詰める

 

View this post on Instagram

 

2000円以内で出来る 気休め音漏れ防止…😂 扉を密封状態に近づけた。 どちらかと云うと冷暖房向きかも🤔 ・ 今回使った材料 (家に傷を付けない事が大前提) ①戸あたり ②ぶつけても痛くない用クッション ③それを貼っ付ける両面テープ ④誰も居ないけど、家の中防音用扉 (端材で作成中の2m大物)新聞の敷き方雑😂 ・ #気休め #音漏れ防止 #冷暖房向きかも #2枚扉にするか迷い中 #扉に貼り付けたい #防音対策 #北海道 #バイク #春までお休み #DSC400 #冬眠 #浜田省吾 #ギター #ミニチュア #釣 #筋トレ #妄想好き #安全地帯 #玉置浩二 #チャゲアス #長渕剛 #松山千春

しみさんさん(@433_base)がシェアした投稿 –

防音室を造るためにまず必要なのが、その空間を密封状態にすることです。
隙間が空いていると、室内の音が漏れ出てしまいます。

扉と床や壁の間には少し隙間が空いていることがあります。
簡易的にでも隙間を詰めることによって室内の防音が一歩進み、冷暖房効率も上がります
両面テープがつけられたフェルトのロール、家具の角に取り付ける用のクッションなどを使って隙間を埋めましょう。どちらもホームセンターや通販サイトなどで購入することができます!

既存ドアを防音仕様に!

防音室を造る方法の1つに、部屋のドアを防音ドアに取り換えるというものがあります。

しかし予算などの都合で取り換えが難しいときは、既存のドアを防音仕様に作り替えることで対応もできます。造り替えの方法としては、既存のドアと同寸の吸音パネルをと木枠を作り、扉とパネルの間に防音材を詰めるというやり方があります。
この作り替えをすると扉の厚さは増え、さらにその中に中身が詰まることになるので、扉は必然的に重くなります。

楽器の下に「防音タイル」を敷く

室内を防音仕様にしたい理由の多くが「楽器の演奏音を外に漏らしたくないから」ではないでしょうか。
ピアノなど床に置くタイプの楽器ならば、その下に防音タイルを敷くことによって軽減対策を行うことが可能です。防音タイルが楽器の下にあれば、さらにその下にある床へ振動が伝わるのを防げるからです。

楽器以外でも、たとえばスピーカーやアンプなど音の出るものならばその下に防音タイルを敷くことで下に音が漏れることを防ぐことができるでしょう。

ジョイントマットを敷いて手軽に防音

 

View this post on Instagram

 

足音対策☆ . 先日、階下の方から直接足音に配慮して欲しいとクレームを受けまして… 即日、ポチっとした防音対策用のジョイントマット。 . 管理会社を通さず直接言われたことに驚いたけど、息子の足音が相当うるさかったのかな…と、反省。 . その数時間後、ゴンゴンゴンゴンゴンゴン!!と、大きな音が。 たまーーーに聞こえていたこの音、他所のドアをノックしている音か何か作業している音かと思っていたけど、まさか我が家へのクレームだったのかも?! . 今まで自分達が周りの音がうるさいと感じてもこの様な方法を取らなかったからピンとこなかったけど、お怒りの音だったのかと思うとショック…と、怖いなと思ってしまい凹む。。。 . 今までジョイントマットの面積が小さかったので息子が過ごすスペースを網羅できるよう拡大!! . このマットの上に更に防音カーペットを置いてみる。 . そして、足音対策だけでなく息子の健康管理のためにも早寝早起きを😪保育園行き始めて既に早寝傾向だからここれは継続させよう♪ . でも…おうちの中は走らないで〜!と言ってもまだ難しい1歳児😢 静かにして!って毎日言うのも言われるのもストレスだろうし… . どなたか、良い足音対策をご存知の方がいましたら是非教えて下さい!! . #子供の足音 #対策怠り反省 #防音対策 #気にしすぎると #病みそう #息子の笑顔に癒される #早寝早起き #お外で遊ぼう

aya .hさん(@ayahiro88)がシェアした投稿 –

一枚板の防音タイルのほかに、複数枚を繋げて使用するジョイントマットタイプの防音タイルもあります。
タイル一枚一枚はそこまで大きくないので扱いが楽ですし、タイルを繋げることで防音する面積を自由に調整することができます。

もし、防音をする目的が足跡などであるならば、本格的な防音対策をしなくともジョイントマットタイプの防音タイルで十分防げるでしょう。心配ならば、タイルの上に防音機能のあるカーペットを敷くとよいです。赤ちゃんや子供さんがバタバタ走る音の軽減にも向いてますよ!

しっかり防音したいなら!床下に防音材

 

View this post on Instagram

 

ドラムのステージが完成 完成が見えてきた! #2ピースバンド #防音室#自作防音室#mormotrire

mormot Rireさん(@mormotrire)がシェアした投稿 –

本格的に防音をしたいならばマットを敷くだけでなく、床板を外してその下に防音材、遮音シートを設置する必要があります。

この段階になるとすぐ取り掛かれるものではなくなり、しっかり計画してDIYをしなければならなくなります。床板を外す際に技術も必要になるでしょう。

しかし、防音材を床に仕込めば床自体の振動を抑えることに繋がり、大きな防音を期待できるようになります。初心者の方は少し手が出しにくいDIYですが、本格的にDIYしたい人はぜひ取り入れてみてください。

大建工業 遮音シート 940mm×10m/1巻 GB03053E

大建工業 遮音シート 940mm×10m/1巻 GB03053E

3,440円(12/07 02:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

窓にパネルをはめてガラス振動を防ぐ

 

View this post on Instagram

 

パネルを入れたと同時に効果は体感できます。 何もしていないもうひとつの窓からの音が強調されるので、そっちのパネルを作ってから測定した方がよさそうです。 音漏れも外で確認してみましたが、工場のモーター音のような音の方が大きいので分かりませんでした😅 分かったのは80デシベル前後の音が47デシベル以下ということです。 音を出していなくても変わらないので困りました笑 他の方法を考えます。 #diy防音 #簡易防音 #窓の防音 #防音パネル #遮音パネル #吸音パネル #防音効果 #効果体感 #騒音 #音漏れ #近所迷惑 #工場の音 #測定できず

DIY防音職人さん(@otoreform)がシェアした投稿 –

音は振動です。この振動が空気や物に伝わることによって音は広がっていきます。
つまり、物が振動することを防ぐことができれば防音に繋がります。

窓ガラスは薄いため振動をよく伝えてしまい、これが室外へ音が漏れる原因となります。
そのため、窓枠へぴったりとはめられるパネルを用意することが防音をする際に重要となってきます。
パネルの間に防音材を挟んでおけばより効果的でしょう。
パネルに取っ手を付けておけば取り外しにも便利です。

「防音カーテン」を複数枚かける

 

View this post on Instagram

 

【カーテンで防音】窓からの音を軽減するには3枚使用するのがおススメ! 音は段階を追うごとにどんどん衰退をしていきます。 そして布も素材を変えて三重にすると分かるほど軽減します。 この組み合わせがどうしていいのかは 素材の性質が違うからです。 吸音性があるワッフル素材と間に遮音層を二枚、それぞれアクリル樹脂遮音コーティングをほどこしたコーズ、防音ライナーは遮音布を二層にしてるのですが間には空気層ができるように仕上げてます。 そしてウレタン樹脂遮音コーティングの防音レースカーテン「トル」 だから異素材での組み合わせのため この三種類を組み合わせる方が音を軽減しやすくします。 ピアリビングオススメは ・5層構造の防音カーテン「コーズ」 ・6つの機能つき防音レースカーテン「トル」 ・防音カーテンと一緒に引っ掛ける事ができる間に空気層がつくれる「防音ライナー」 そしてできるだけ カーテンレールの上やカーテンの横の隙間、カーテン下から空気が漏れないように塞いであげてください♪ ピアリビング特性の防音レールカバーもおすすめです(-^〇^-) #窓 #防音 #防音対策 #騒音問題 #騒音 #ピアリビング #遮音 #音対策 #車の音 #音楽 #賃貸アパート #賃貸マンション #防音カーテン #pialiving #楽器演奏 #音 #吸音 #断熱

防音専門ピアリビングさん(@creativesilence.pialiving)がシェアした投稿 –

防音カーテン」というのがあるって知ってましたか?

室外に至るまでの障害物が多ければ多いほど、漏れ出てしまう音は少なくなります。
そのため、窓に複数枚カーテンをかければ防音をすることができます。
防音用カーテンも販売されているので、そういったものを使用すればより効果的でしょう。

注意しなければならないのが、必ず窓全体を覆うことができる大きさのカーテンを用意しなくてはいけない点です。もしカーテンの寸法が短くてカーテンの下から窓が見えてしまっていたら、そこから窓に音が伝わってしまいます。

3枚4枚カーテンをかけるとなるとカーテンレールが足りないかもしれませんが、その時はDIYで新しくレールを設置しましょう。

費用対効果高し!遮音材2枚貼り

 

View this post on Instagram

 

ドアの防音の前に同じ面の壁を防音。 種類の異なる遮音材で二重貼りになってます。 2枚合わせて5ミリほどですが費用対効果は高いです。 重たくて取り扱いが難しい防音材なので、誰でも貼れるというものでないところがあります。 そこで壁用防音パネルを制作したというわけです🙂 この場合、壁防音パネルを使うと窓枠からはみ出してしまい、窓パネルが入れづらくなるため、この方法で薄く防音しました。 押入れ側は外に面していないし、押入れの中は吸音材だけなので私の場合はこれでよし🙂 #簡易防音 #遮音 #遮音材 #防音壁 #高性能 #費用対効果 #取り扱い難しい #diy防音 #防音パネル

DIY防音職人さん(@otoreform)がシェアした投稿 –

吸音や遮音の機能があるパネルには、その作り方や構造によってさまざまな種類があります。
そして、その種類によって防音できる音にも違いが出てきます。あらゆる音を部屋の外へ漏らさないよう、単一の種類のパネルで揃えるのではなく、異なる種類同士を掛け合わせて使用しましょう。

賃貸でも!マスキングテープと両面テープを駆使して壁に防音材を貼り付け

 

View this post on Instagram

 

Attaching sound-proof panels🕺🏻 引っ越し先の隣人が、彼女連れ込んで夜中もワヤワヤ騒いだり、聴くと耳が腐れるようなダサい音楽を昼夜問わず大音量で聴くような人だったので、壁に防音のため吸音材と遮音材を取り付けることにした🧐 ひとまず今日は、吸音材を取り付けるところから! マスキングテープ⇨強力両面テープと貼って、退去時に綺麗に剥がせるように。 そして、後で隙間も埋めなくては。。 途中で隣人が帰宅してまたダサい音楽を聴き始めたので、効果を実感しながら取り付けられたのでした🕺🏻(途中途中壁に耳当てて聴き比べて見てるw) ただ、吸音材はあくまでも音を吸収するためのものなので、この後遮音材を更に上から被せないといけません😞 防音室(自分からの音を外に漏れさせないようにしたい)を作る場合は遮音材⇨吸音材という順で貼るのが正解のようです! 楽器する方なんかいいかも知れない🌈実際吸音してくれて感動でした! 割と逞しく生きてるので、何でも調べて1人でやりますよ🚶🏻‍♀️ 防音壁が完成するまでを徐々にupしていこうかな😂😂 私、引っ越してすぐは騒音があまりにも気になって悔しくて泣いてたので😂、ぜひ同じような思いをしてる誰かの参考になれば嬉しい。。。 ちなみにこの吸音材はホワイトキューオンという商品名です🌸 #私の後ろ姿がたくまし過ぎる件について #防音対策 #diy #防音壁 #ホワイトキューオン #soundproof

zoeさん(@dimebagz)がシェアした投稿 –

いざ防音室を造りたいと思っても、賃貸住宅だと壁に跡が残るような加工をすることができません。
そういったときはマスキングテープと両面テープの二種類を使うとよいでしょう。

マスキングテープとは元々、塗装の際に塗りたくない箇所を隠すためのものです。
塗装後に剥がすことを考えて、のりが接着面に残らないよう粘着力が弱く作られています。
つまりマスキングテープならば壁に貼っても剥がした後に跡がつきません。先にマスキングテープを壁に貼ってから、その上に両面テープを貼って防音材を設置すれば、壁に傷を付けずに済みます。

ポイントは「遮音材→吸音材」の順番で貼ることです!

今回の作者さんは、お隣さんの騒音がうるさくて自室をDIYしたので「吸音材→遮音材」の順で貼ったそうです。通常の防音室(自分からの音を外に漏らさないための部屋)を作りたい方は、「遮音材→吸音材」の順番で貼リましょう。

卵900個分!卵パックを貼り付け防音

格安で防音室を造れるとして最近ネットで話題なのが、壁に卵パックを貼り付ける方法です。

市販されている防音材はそれなりの価格がするものが多いですが、紙製の卵パックならネット通販で1枚50円前後の価格で購入が可能です。この卵パックを壁に隙間なく貼り付けることで防音室を造れるのです。

にわかに信じがたい話ではありますが、インターネットで検索するといくつも検証記事が出てきます。
元手もかかりませんし、試してみる価値はあると思います。

タマゴトレー(紙製モールドトレー)54卵(100枚入り)

タマゴトレー(紙製モールドトレー)54卵(100枚入り)

4,500円(12/07 02:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

工夫次第で、簡易防音室はつくれる!

部屋全体に手を加えなくてはいけないわけですから、DIYで防音室を造ることはなかなか大変です。

しかし、自分の工夫と頑張り次第で防音室を手に入れられることもまた事実であります。今回ご紹介した方法を複数組み合わせてDIYをすれば、きっと理想の防音室に近づくことができるでしょう。

作業を楽しみながら、ぜひDIYにて防音室を手に入れてください。

と言っても、DIYは技術や時間的に難しいという方は、防音リフォームの費用ってどのくらい?対策や施工方法をピックアップも参考にしてみてください。

男の憧れ。ミュージシャンの為の小さい防音キャビン

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント