男の憧れ。ミュージシャンの為の小さい防音キャビン

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

この錆びたスチール製のキャビンは、ミルウォーキーにオフィスを構えるJohnsen Schmaling Architectsによって設計された、ミュージシャンのための練習スタジオです。

依頼主はクラシック音楽の作曲家で、リハーサル室に加え楽器の保管ができるようにデザインされています。

Johnsen Schmaling Architects 4

Johnsen Schmaling Architects 6

リハーサル室の両端は大きなガラス窓になっていて、フレーミングされた美しい景色をいつでも楽しむことができます。

高密度の発泡断熱材で空洞を埋め、壁内には石膏ボードと吸音性接着剤を使用しているそうで、音量問題はばっちり解消されていますね。

コンクリート台座から狭く透けて見えるライトはソフトな輝きを発し、まるで地面からふわりと浮いているよう。

Johnsen Schmaling Architects 2

Johnsen Schmaling Architects 1

さて、このスタジオを設計したJohnsen Schmaling Architectsは、アメリカ建築協会が選出している、小さい建物に注目したスモール・プロジェクト・アワード2014にも選出されています。

このアワード、面積も予算も抑えた建物からチョイスされるのですが、アメリカ建築家協会が審査のために定めた基準は、費用150万ドル以下。

それ、全然安くないし・・むしろ、お高い。

プレーヤーが減っちゃうよー。

この家が実際にいくらで建てられたのかはさておき、アメリカでは多くの家主が建築家を雇わないと言われていて、建築家に設計してもらうことはとっても贅沢なことなのだそう。

だからこそ、DIYな暮らし方が人気なのかもしれませんね。

それにしても防音ルームは憧れるな。

Johnsen Schmaling Architects 5

Via: http://www.dezeen.com/2013/04/11/studio-for-a-composer-by-johnsen-schmaling/

スモール・プロジェクト・アワード2014
http://www.aia.org/practicing/awards/2014/small-project-awards/

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント