防音リフォームの費用ってどのくらい?対策や施工方法をピックアップ

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


防音リフォームの種類とメリットは?

Selective Focus Photography of Two Brown-and-black 2-way Bookshelf Speakers

  • 普段生活しておく上でどうしても音は出てしまいます。
  • 音が漏れる理由は、音が伝達による種類があり原因としても様々で、種類としても私たちの耳に聞こえてくる音は、「空気伝搬音」「個体伝搬音」の二つになります。
  • 音が伝わる仕組みを知っておくと防音リフォームをする際にも役立ちます。

それぞれのか所をリフォームするにあたって、どのような特徴や方法があるか見ていきましょう。

床をリフォームする

  • 床の防音リフォームは、防音効果のある床材に変える工事が一般的です。不安であれば床材の下に遮音マットやグラスウールを敷くことで、より防音効果を高めることが可能です。

反対に、もっと手軽に防音したい場合には、防音カーペットを敷くだけという簡単な方法もあります。

壁をリフォームする

  • 壁の防音リフォームでは、壁の中に遮音シートと吸音材を入れるという方法が一般的です。

また換気口が壁にある場合には、換気口も合わせて防音効果のあるものに変えることが必要です。

 窓をリフォームする

  • 窓の防音リフォームでもっとも簡単なのは、遮音カーテンを使うという方法ですが、基本的な音漏れは窓の防音リフォームにより防音ガラスを使ったり、内窓を付けたりする方法を用いることが効果的です。

また、楽器を演奏したい場合には防音ガラスと内窓を二重構造で取り付ける方法必要となることもあります。

防音室をつくる

  • 防音室を作ることにより、通常の生活音以上の大きな音を防ぎ騒音問題の解決にも繋がります。

ただ、場合によっては100万円以上をかける高額なリフォームも必要ですが、楽器は消音機能を使って楽しむ場合なら、制振マットを床に敷いたり窓に内窓をつけたりするだけで解決することも可能です。

 防音するメリット

  • 例えば仕事で疲れていて早く眠りたいときや、集中して作業を行いたいときに外からの音で邪魔されるとストレスが溜まります。
  • 逆に、思いっきり好きな音楽を楽しみたい、頻繁に子供が夜泣きする・子供のはしゃぎ声が大きい等ずっと心配しながらの生活も気持ちが休まらないものです。

防音リフォームをして、近隣の生活音に悩まされたり、ご家庭の生活音の心配やプライバシーを守るためにも防音のリフォームは役立ちます。

 遮音と吸音の特徴

  • 遮音材の特徴

遮音材は音を跳ね返して音を遮断する効果を持ち、同じ階の部屋から聞こえる生活音や自宅から燃える音を防ぎます。種類には遮音シートや遮音パネル等が挙げられます。

  • 吸音材の特徴

吸音材は音を吸収して音漏れを防ぎます。種類としてはグラスウールやロックウール等で、遮音材の間に挟んで使うと高い防音効果を発揮します。

事例あり!床の防音リフォームや費用は?

unpaired white Nike low-top sneaker

床の防音リフォームの方法は4つあります。それぞれの特性やリフォームを行った場合の概算費用についてご紹介します。

防音機能のある床材に変える

今の床材を防音機能のある床材に張替える方法です。防音機能のある床材は様々なメーカーが出しています。リフォーム費用は25~30万円程です。


遮音マットを敷く

遮音マットを敷くことで、スプーンを落とした際などの衝撃音が緩和されます。こちらも様々なメーカーから出ており、遮音マットと吸音性のある素材を組み合わせ、より防音効果を高めたものもあります。リフォーム費用は30~60万円程です。


吸音材を敷き詰める

防音機能のある素材を床材の下にいれる方法です。断熱材としてもよく使われているグラスウールという素材を使用したと仮定します。グラスウールには音を吸収する吸音性があります。リフォーム費用は35~80万円程です。


遮音カーペットを敷く

  • お手軽に床の防音をしたいとお考えの方には防音カーペットがお勧めです。
  • 防音カーペットの下に遮音マットを敷くとさらに防音効果が期待できます。
  • 防音カーペットは以下のような種類があります。クッション性のあるものはしっかりと音を吸収してくれます。しかし、カーペットだけでは防音効果に不安があるという方は、カーペットの下に防音シートを敷く方法がお勧めです。

タイルカーペットの中でも防音効果が高いと評判なのが、日東紡マテリアルの静床ライトで、それぞれの種類ごとに豊富な色や柄が揃います。組み合わせにより価格変動はありますが、相場としては1~5万円程です。

 事例あり!壁の防音リフォームや費用は?

Gray Concrete Wall

壁の防音リフォームの方法は2つあります。それぞれ順番に費用と方法を解説します。

吸音材と遮音シートを入れる

まずは壁の中に吸音材と遮音シートを入れる方法です。石膏ボードを二重にすると更に防音効果が高まり、リフォームの相場としては18~25万円程です。

View this post on Instagram

@koandanがシェアした投稿

防音換気口に変える

換気口を防音仕様のものに取り換える方法です。屋外のキャップだけ変えるケースと、屋内の換気口も一緒に取り換えるケースがあります。さらに、ダクトの中に防音パイプと呼ばれる吸音材を入れるケースもあります。費用はどんなタイプの防音換気口にするかによって異なりますが、相場は2~5万円程です。

事例あり!窓の防音リフォームや費用は?

Modern Building Against Blue Sky

窓の防音リフォームは2つの方法があります。それぞれについて費用と方法を詳しく紹介します。さらに手軽に窓の防音をしたい方のために遮音カーテンについても紹介します。

防音機能のある窓ガラスにする

既存の窓ガラスを取り換える方法です。防音機能のある窓ガラスには、違う厚さのガラスを2枚合わせた異厚複層ガラス、または防音機能のある特殊な中間膜を用いた防音合わせガラスがあります。一般的な相場は5~13万円程です。

内窓をつける

  • 既存の窓の上から新たに内窓をつける方法です。
  • 内窓を取り付けることで、既存の窓との間に空気の層ができ、音を吸収してくれます。また、気密性が高くなるので、音の通過を防ぐことができます。
  • さらに、先ほどご紹介した防音機能のあるガラスを使用すれば、防音効果が更に高まります。

各メーカーが様々な商品を出しており、7~15万円程が相場です。

遮音カーテンをつける

カーテンを遮音仕様のものに変える方法です。遮音カーテンは、赤ちゃんの泣き声や女性の高い声などは防音できますが、電車の音や工事の音などの振動を伴う低い音に対しては効果が期待できませんので注意しましょう。また、隙間があると防音効果が低くなってしまいます。しっかり採寸してご自宅の窓にぴったり合ったカーテンを選びましょう。機能性カーテンの場合は8千円~1万5千円程ですが、デザイン性も合わせるともっと高価なものもあるようです。

事例あり!防音室リフォームや費用は?

防音室を作る方法は、自宅の一室を工事して防音室に作り替える方法と、市販の組み立て式防音ボックスのようなものを部屋に置く簡易的な方法があります。それぞれ費用と方法をご紹介していきます。

一室丸ごとリフォームする

  • 部屋全体を工事して壁の間に空間を作ることで、音が伝わらないような構造になっています。
  • 防音室の費用は防音の程度と部屋の広さ、家の造りによって変わります。

広さや費用も6帖の広さで160万以上、8帖の広さで400万以上、10帖の広さで500万以上と様々なので用途に合わせて選択する必要があります。

組み立て式の防音室を設置する

  • 組み立て式の防音室を部屋に置く方法で部屋自体が狭くなってしまうデメリットはありますが、大規模な工事をしなくていいというメリットがあります。

ホームシアターを楽しみたい、楽器の演奏をしたい場合等、管楽器や弦楽器などにお勧めな0.8畳~1.7畳の小型タイプ、トロンボーンや小さめのピアノにお勧めな2畳~3.5畳の中型タイプ、グランドピアノやシアタールームにお勧めな3.7畳~4.3畳の大型タイプとニーズに合わせて選ぶことが可能です。

防音の程度別!どれくらいリフォームが必要?

防音といっても、音の種類や大きさにより様々です。音の種類に合わせた防音を行うことで、コスト削減にも役立ちます。

では、それぞれ目的にあった防音リフォームの種類と費用について紹介します。

近所の話し声やペットの鳴き声が気になる

  • リフォームが必要なか所として、壁と窓が主で窓には遮光カーテンを用い、防音換気口の交換と防音窓ガラスにすることで抑えることが可能です。

費用としては15~20万円程が相場です。

音楽鑑賞を楽しみたい

メインとして壁と窓のリフォームが必要です。防音換気口の交換と防音窓ガラスと内窓を設置で、費用は20~25万程が相場と言われています。

足音が下に聞こえないようにしたい

  • 2階以上にお住まいの場合は床に遮音マットと吸音材、防音カーペットを施すことにより床をリフォームすることが出来ます。

費用相場は80~85万円程です。

電車や車の音が気になる

床と窓の2か所のリフォームとなり、防音換気口交換と防音窓ガラス、内窓設置することで軽減され、費用は85~90万程が一般的です。

ホームシアターにしたい

防音室の設置が最も効果的ですが、費用が150~270万と高額になってきます。

家で楽器を演奏したい

ホームシアター同様、防音室にリフォームか組み立て式防音室設置が必要となり費用相場は130~500万になります。

まとめ

glass wall people woman girl hair headphones music sound electronic gadget indoor building

様々な防音リフォームの費用を紹介しました。自分の家はどんな防音リフォームをしたらよいか分からないという場合はリフォーム会社に相談してみましょう。

  • その際には
  • 1 今、どのような事で悩んでいるか

2 リフォーム後どのような状態にしたいか

  • この2つの点をしっかりと伝えましょう。

ご自身にあった防音リフォームをして周りの音に煩わされたり、音漏れの心配をしたりすることのない快適な生活を送りましょう。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント