夏の定番「そうめん」の箱をインテリアに?驚きそうめん箱DIYを作る13の方法

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

夏の代表的な食材ともいえる「そうめん」。

このそうめんが入っている木箱、ちょっと捨てるのがもったいないときってないでしょうか。

実は、そうめんの入っている箱をDIYの素材として多用している方も沢山います。

今回はそんなそうめんの箱を利用したリメイクをまとめてみました。

そうめん箱をトレーにリメイク

そうめん箱の手軽なリメイクとしてなじみのあるトレー。

ダークブラウン系のペイントを施し、アクセサリーやコサージュなどを飾るだけでもお部屋を素敵に彩れます。

ポイントはクリームホワイト系の色をランダムにペイントして、アンティークな風合いを出すところです。

こちらはそうめん箱にブライワックスやペイントを施して、2種類のトレーをアレンジしています。

一つはダークブラウン系のブライワックスを施し、レターデザインのスタンプを施してアンティークな質感に。

もう一枚にはターコイズブルーのペイントを施し、同様のスタンプを押してキュートな風合いに仕上げています。

出来上がったトレーにはヘアアクセサリーを置いて、ディプレイにしています。

DIYの手法としておなじみのステンシルを取り入れてみると、そうめん箱が一気におしゃれに仕上がります。

ベースのペイントはブライワックスに、黒のペイントをグラデーション風に施します。

真ん中にお好みのステンシルを施し、両サイドに取っ手を取り付けて本格的でカジュアルなトレーが完成。

出来上がったトレーはフェイクグリーンと組み合わせて、お部屋のディスプレイに活用しましょう。

そうめん箱を壁面収納にアレンジ

そうめん箱はちょっとした小物を収納するサイズにもピッタリ。

壁面に設置して機能的に活用してみましょう。

こちらはそうめん箱にワトコオイルなどでペイントを施し、ネジ式にフックを取り付けています。

壁面に設置し、カギや時計などを収納すれば、貴重品をわかりやすく整理整頓できます。

こちらはそうめん箱に仕切りをつけて壁面収納に活用しています。

ブライワックスなどを活用してペイントを施し、お好みで仕切りを取り付けます。

後は壁面に設置し、小物などを収納すればOK。こちらは小物を収納して、シンプルな空間を華やかにしています。

こちらは奥行きのあるそうめん箱を活用したリメイク。

箱の底にはチェック柄の布を貼り付け、木製のタオルハンガーを組み合わせています。

壁面に設置し、お好みの小物を置いたりフックで引っかけるなどでディスプレイしています。

そうめん箱をディスプレイケースにアレンジ

そうめん箱にお好みのアイテムを組み合わせ、ディスプレイケースにしてみるとインテリアのワンポイントになってくれます。

こちらはブランやホワイトなどのペイントを施し、ミニチュアやアンティークペーパーなどを組み合わせて、オールドな質感のディスプレイに。

壁面に飾って素敵なウォールディスプレイに仕上げています。

こちらはそうめん箱にレンガ風のペイントを施し、ツリーモチーフなどを組み合わせたディスプレイボックス。

箱の底にはメガネなどのイラストも施してあり、全体的にカジュアルな風合いの仕上がりになっています。

ワイヤーで取っ手をつけ、壁面に飾ってお部屋のワンポイントとして活用しています。

こちらはそうめん箱にフォトフレームを組み合わせて一つのケースを作成。

箱の中にはポストカードを飾り、おしゃれな作品に仕上げています。

そうめん箱にはブライワックスやブロンズ系のカラーでエイジング加工のペイントにします。

同じサイズのフォトフレームにもブロンズ系のペイントを施し、アンティークな質感言まとめています。

ドライフラワーも添えて、おしゃれなそうめん箱のリメイクに仕上げています。

そうめん箱をスーツケース風にリメイク

そうめん箱と蓋を利用すれば小さなスーツケースのような作品ができます。

こちらはターコイズブルーのペイントを施し、兆番や取っ手などの金属パーツを取り付けてそうめん箱のスーツケースができあがります。

ケースには仕切りをつけて、使いやすくアレンジしていきましょう。

こちらはライトブルー系のペイントをそうめん箱に施したスーツケース風のリメイク。

金属パーツはアンティーク風なものを選び、古い味わいのあるおしゃれな仕上がりにしています。

フェイクレザーの紐やタグを取り付けて、より素敵にしているのもポイントです。

そうめん箱を収納ケースに活用

そうめん箱は浅めのものが多いですが、アレンジ次第で収納ケースとしても活用できます。

おすすめなのはそうめん箱を引き出し収納にリメイクする方法。

こちらはグレー系のペイントを施したそうめん箱を4つ用意し、自作したフレームに組み合わせて引き出しタイプの収納ケースを作っています。

取っ手部分はアンティークなデザインを選び、全体的にシックな作りにしています。

こちらは2段タイプの引き出しをそうめん箱で作成しています。

フレーム部分は少し厚めの木材を活用し、丈夫に仕上げています。

そうめん箱にはブライワックスなどでペイントをし、取っ手をつけてフレームと組み合わせています。

出来上がった収納ケースはキッチンスペースに置き、小物収納に活用しています。

そうめん箱のリメイクまとめ

  • ・シンプルだけどおしゃれなトレーに

ペイントやブライワックスで、色をつけるだけで雰囲気のあるトレーに。ステンシルシートで文字をペイントしたり、緑をとりいれたりしてお部屋のディスプレイに活用しましょう。

  • ・壁面収納にアレンジ

小物置きにしたり、ネジ式のフックをとりつけて小物掛けにしたり、リメイクしてみみましょう。そうめん箱のサイズ感が、壁面収納にぴったりです。

  • ・蓋も使って、スーツケース風に

蓋も使ってリメイクすれば、そうめん箱とは思えないスーツケースに。ペイントをして、兆番や取っ手をつけるだけでなく、紙タグやフェイクレザーの紐で素敵にアレンジも。

  • ・数個あつめて、引き出しタイプの収納ケースに

そうめんの消費量が多ければ、そうめん箱も山積みに。そんなときは、フレームを木材で作って、そうめん箱を収納ケースの引き出しにしましょう。

そうめんは、暑い夏に食べることが多い食材の一つ。

贈り物などでもらうこともあるので、そうめん箱を後始末に困る人も多いはずです。

そんな時は好きにアレンジして、リメイクのための素材として活用してみましょう。

揖保乃糸素麺 特級品 50g×20束

揖保乃糸素麺 特級品 50g×20束

3,240円(09/25 07:33時点)
Amazonの情報を掲載しています
HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント