初心者のためのDIY入門!2×4材と1×4材で作るソファベンチの作り方

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


ドゥーパ!×HANDIYコラボ企画!

日本で唯一のDIY・日曜大工マガジン「ドゥーパ!」と、日本最大級のDIYスナップ共有&メディアの「HANDIY(ハンディ)」のコラボ!

「ドゥーパ!」は、プロ並みのテクニックからいますぐ使えるアイディアまで、DIYに関する情報が満載週末DIY・手作りライフマガジン。

今回は「ドゥーパ ! 2月号から、初心者のためのガーデンエクステリアDIY入門「ソファベンチ」のつくり方をご紹介します。

背もたれつきのソファをイメージして製作されたという木材のソファベンチ。

ガーデンでのくつろぎのひとときを演出してくれること間違いなしですよ。

初心者のためのDIY入門!ソファベンチを作ろう

2×4材と1×4材で作るソファベンチ。木材のカットは直線切りのみ、組み立てはすべて真っすぐなビス打ちと、基本的なテクニックだけで作れるので、 DIYビギナーもトライしやすい作品だ。

ポイントはダボのようにビス頭を隠せるビスキャップを使用すること。

今回は金属製のビスキャップをチョイスしたが、ダークウォールナット色の塗装にもマッチし、アメリカンヴィンテージ感が漂う仕上がりになった。

この作品は座板や座板枠のサイズを変えるだけで、ひとり掛け用のソファベンチを作れる。セットで製作してガーデンをくつろぎのリビング空間にしよう。

ワークショップ 講師、店舗や住宅のDIYプロデュースなどもしている。

3児のママでもある末永京さんのインスタも要チェックです!

ふたり掛けソファベンチの木取り表

材の種類 サイズ    数  使用部位

2×4材 1246mm 2個 座板枠A

2×4材 1170mm 2個 背板枠A

2×4材 510mm   4個  脚

2×4材 430mm   2個  ヒジ掛け

2×4材 380mm   2個  背板枠B

2×4材 350mm   4個  座板枠B、座板枠の補強

1×4材 1246mm  4個 座板

1×4材 390mm   14個 背板

ソファベンチの展開図

  • ※単位はmm
  • ※ビスキャップは省略しています。

座板枠を組み立てる

木取り表に従って座板枠AとB、座板枠の補強を切り、座板枠Aに接合する材(2×4材の木端面) をあてて墨線を引き、接合位置を墨つけする。

ビス留め位置も墨つけしたら、2mm径ドリルビットで下穴をあける。下穴は貫通穴。

材を裏返してダボ錐ビットでビスキャップ差し込み穴をあける。

差し込み穴は貫通穴を目印にする。ダボ錐ビットがない場合は、10mm径ドリルビットで深さ5mmの穴をあけるといい。

座板枠Aと座板枠の補強を75mmスリムビスで接合する。

ポイント:接合前にあらかじめビスを仮留めしておくとスムーズに作業できる。

座板枠Aと座板枠Bを75mmスリムビスで接合する。

残りの座板枠Aを座板枠B、座板枠の補強に75mmスリムビスで接合する。

座板枠に脚を接合する

サシガネで脚に座板枠と接合する位置の墨つけをしておく。

ビス留め位置を墨つけし、2mm径ドリルビットで下穴(貫通穴)をあける。

材を裏返してビスキャップ差し込み穴をあける。

脚と座板枠を接合する。

使用したスリムビス は木口面が75mm、板面が50mm

背板枠を組み立てる

背板枠Bにビス留め位置を墨つけする。2mm径ドリルビットで下穴(貫通穴)をあける。

ビスキャップをはめる上側はダボ錐ビットでビスキャップ差し込み穴もあける。

背板枠Bと背板枠Aを接合する。使用したビスは75mmスリムビス

脚に背板枠を接合し、座板枠に座板を接合する

脚にサシガネをあてて背板枠を接合する位置に墨つけをする。

ビスキャップ差し込み穴をダボ錐ビットであけたら2 mm径ドリルビットで下穴 (貫通穴)をあける。

背板枠を座板枠に載せ、サシガネをあてながら背板枠の傾斜を決める。

脚から背板枠端まで55mmになる位置で墨つけし、50mmスリムビスで脚と背板枠を接合する。

座板の裏面に墨線を引き、ビス留め位置に印をつけたら2mm径ドリルビットで下穴(貫通穴)をあける。

座板を表面にしてダボ錐ビットでビスキャップをはめる差し込み穴をあける。

座板枠の上に座板を配置、35mmスリムビスで座板を接合する。

背板とヒジ掛けを接合する

背板にビス留め位置を墨つけ、2mm径ドリルビットで下穴(貫通穴)をあける。

背板に太鼓鋲風ネジキャップのワッシャーをはめた35mmスリムビスを仮留めする。

ワッシャーの適合ビスは皿ビスで頭径6.5~10mm、呼び径4.8mm以下のもの。

背板枠の上に背板を配置し、ビス留めしていく。

ポイント:最後の1枚がスムーズに入らないときはカナヅチで叩き込むといい。材が傷つかないように当て板をすること。

ヒジ掛けの裏面に2×4材(端材)の木口面をあてて脚の接合位置に墨つけをする。

2mm径ドリルビットで下穴(貫通穴)、ダボ錐ビットでビスキャップ差し込み穴をあけたらビス留めする。

使用したビスは75mmスリムビス。

塗装し、 ビスキャップを取りつける

塗装前に全体的に軽くサンディングし、バリなどを取る。

塗りにくいところから塗装したあと、木目に沿って全体的に塗装する。

塗装できたらビスキャップをつける。

背板に取りつけるビスキャップはワッシャーに回し入れて取りつける。

背板以外のビスキャップはダボ錐ビットであけた穴に差し込む。

スムーズに入らなかったときはカナヅチで叩き込む。

ソファベンチの完成。座板のサイズを変えればひとり掛け用も作れる。

ひとり掛けソファベンチも作り方は同じなので、ぜひセットで作ってみてほしい。

初心者にも嬉しいわかりやすさ!ソファベンチDIY

今回紹介した初心者のためのガーデンエクステリア入門「ソファベンチ」の作り方。

2×4 材と 1×4 材で作り、木材のカットは直線切りのみ、組み立てはすべて真っすぐなビス打ち。

基本的なテクニックだけで作れるので、 DIYの初心者でも作りやすい作品でした。

それでも、はじめてDIYするとなると、緊張しますよね。

「ドゥーパ!」2月号の中では、よりたくさんの解説写真を使ってわかりやすく手順を紹介してくれています。

ドゥーパ! 2019年 02 月号 [雑誌]

ドゥーパ! 2019年 02 月号 [雑誌]

発売日: 2019/01/08
Amazonの情報を掲載しています

ひとり掛けソファベンチの木取り表も載っているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ソファベンチを製作してくださった末永 京(すえなが きょう)さんのインスタも是非チェックしてみてください。

きっとあなたの空間を、より素敵に変えてくれるDIYの種がみつかるはずです!

【必読】日本唯一のDIY本「ドゥーパ!」が教える”インパクト・サンダー・ジグソー”基本工具テクニック

初心者でも3~4日でつくれる秘密基地!日本唯一のDIY専門誌ドゥーパ!が手がけるキットハウス

ソファDIYはあなたにもできる!簡単につくれるソファDIY25選

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント