【リノベ】穀物倉庫からミッドセンチュリー風スモールハウスに大変身

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

手頃な家に変身した二人のためのミッドセンチュリーサイロハウス

50年代の穀物サイロに住むと聞いたら、幸せに満ちたマイホームを想像するのは難しいかもしれません。

サイロとは、米・小麦・とうもろこし・大豆等の農産物、家畜の飼料を蔵置・収蔵する倉庫、容器等のこと。工場等においては、粉体・粒体製品を出荷・包装(フレコンや紙袋等に充填)するまで一時的に貯蔵するタンクをサイロと称することがある(この場合、寸胴形というよりは 長めの円筒状のタンクを指す場合が多い via:wikipedia)

しかしこの内装を見れば、その考えが一変するのではないでしょうか。

silohouse_04 silohouse_06Photo by Christoph Kaiser

建築家クリストフ・カイザーは、クライアントである夫妻のために、ミッドセンチュリーの穀物サイロを解体し再利用。

手頃な価格で居心地のよい住まいにリノベーションしました。

silohouse_05 silohouse_03Photo by Christoph Kaiser

最初にカイザーはカンザス州の農家からサイロを購入し、建設地のアリゾナ州フェニックスまでトラックで輸送したそうです。

主に手を加えたのは、カスタムメイドの窓とドア、外壁と家の内壁の間に充填した厚さ10インチのスプレー式発砲断熱材。

外壁は砂漠の厳しい日差しを反射するために白くペイントされました。

これで、厳しい自然環境でも家の中は快適に過ごせるというわけです。

silohouse_07 silohouse_02 silohouse_08Photo by Christoph Kaiser

円形のデザインに挑戦

この若き建築家は一般的な四角い生活空間ではなく、あえて円形のサイロを快適な住まいにするための設計に挑みました。

庭でくつろげる二組のイームズのワイヤーチェア購入のために、あえてインテリアに使用する木材は、オンラインで購入したウォルナットの廃材をフローリングに使うなどしてコストを抑えたそうです。

らせん階段の上は、開閉可能な天井が設置され自然光を浴びることができる居心地のよい二人の寝室へと繋がっています。

こうしてローコストで贅沢な二人のサイロハウスが完成しました。

「考え」で住まいの価値は変わってくる。

Sourse:christophkaiser


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。
instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/
FBページ:https://www.facebook.com/handiylife/


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント