引き戸にリフォーム!知っておきたい相場やメリット・デメリット

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

開閉する際に力がいらず、開閉時のスペースも取らないことから人気の引き戸。高齢者や小さいお子さんにも便利なことから最近は家の玄関や室内ドアを引き戸にリフォームする方が多くいます。今回は引き戸にリフォームする場合の実際のメリット・デメリットや、リフォーム方法別の費用、リフォーム業者の選び方について解説します。


開閉しやすく、省スペース!引き戸のリフォームってどんなもの?

引き戸にリフォームする場合、どんな方法があるのでしょうか。パターンを見ていきましょう。

開き戸から引き戸に変える

開き戸は蝶番を軸として前後に開閉するタイプのドアです。その開き戸をスライド式の引き戸に変えるというのが一番多いパターンではないでしょうか。開き戸には開閉する前後のスペースが必要となり扉の周辺に物が置けない、開閉時にバーンと開けると廊下を歩いている人にぶつかり危ないなどのデメリットがありますが、引き戸にすることで解消することができます。

間仕切りを引き戸に変える

室内の既存の間仕切りを引き戸に変えるという方法もあります。間仕切りでは開閉ができない、音や光が漏れる、気密性が低いといったデメリットを解消することができます。

扉を新しいものと交換する

すでにご自宅が引き戸の場合は、扉そのものを新しくするという方法もあります。見た目や機能性を変えるだけで印象も使い勝手も大幅に変わってきます。

引き戸のメリットは?

引き戸にリフォームすることにはメリットがたくさんあります。

スペースを有効活用できる

開き戸の場合、ドアの開閉に必要なスペースに家具や物を置くことができませんが、引き戸であれば扉の周辺に物を置いても開閉の邪魔にならないので狭い部屋でもスペースを有効活用することができます。特にトイレや洗面室といったスペースが限られた場所や、廊下が狭い場合にも引き戸はおススメです。

開放感が生まれる

引き戸は、大きなスペースを区切る際にも使用できます。例えばリビングと隣の1室の間を壁や開き戸ではなく、全て引き戸に変えることで、開け放つと開放的で一体となったスペースを作り出すことができます。もちろん閉めればそれぞれが独立した空間になります。こうした開放的な空間の使い方は引き戸ならではと言えるのではないでしょうか。

風通しがよくなる

今の家は非常に気密性の高い造りになっているため、適度に換気が必要です。玄関から窓まで家全体に風を通したい場合でも、間取りが細かく分かれていると風が抜けなかったり、開けたはずのドアが風でバタン!と閉まってしまうこともありますが、引き戸の場合は、開放したままで家中に風を通すことができます。また、目隠ししたい時などに、開口部を少しだけ開く、半分だけ開けておくといった調整ができるのもメリットです。

敷地が狭くても門をつけられる

引き戸は開閉時のスペースを取らないので、狭い玄関にも適しています。玄関扉の外に門があると防犯性が向上します。門を設置したいけど敷地が狭い、といった場合でも、引き戸であれば門の設置が可能になります。

安全に開閉できる

廊下にいたらドアが勢いよく開いてきて危ない!という経験はありませんか?それが階段付近だと尚の事危険ですよね。引き戸であればそうした心配がありません。また、小さな子供はドアに指を挟んでしまうということがありますよね。開き戸で多いのは、蝶番の部分の隙間に指を挟んでしまう事故や、ドアをバタンと閉める際に指を挟んでしまうといった事故がありますが、引き戸にするとその点は解消できます。ただし引き戸でも指を挟むことはあるのでさらに安全性を求める場合は、引き戸が閉まる際にゆっくりと閉まるソフトクローズの機能を付けることや、指はさみ防止ストッパーを付けることをおススメします。

玄関からの物の出し入れがスムーズ

玄関ドアを引き戸にすると、車いすや自転車やベビーカーなど、物の出し入れがスムーズになります。引き戸は開閉部が大きく取れるので大きな物も運べますし、開け閉めが楽なので両手が荷物で塞がっていても大丈夫です。また、何度も荷物を出し入れする際は開け放しておけばスムーズに行えます。高齢者や車いすにも便利なのでバリアフリーには非常に有効な選択です。

玄関を明るくできる

玄関ドアをガラス張りの引き戸にすれば、太陽光をしっかりと取り込むことができます。また、採光や通風のために少しだけ開放しておくということもできるので、明るい雰囲気の玄関にピッタリです。

引き戸のデメリットは?

メリットがたくさんある引き戸ですが、もちろんデメリットもあります。メリット、デメリットを参考にしてご自宅の状況とよく照らし合わせてみましょう。

気密性や遮断性が低い

引き戸は開き戸に比べて気密性や遮断性が低くなります。そのため、開き戸に比べて隙間風が入りやすく、音が漏れるといったことがあります。特に吊るすタイプの引き戸は隙間が多くなるので独立したプライベート空間をしっかりと確保したい場合には適しません。

防犯性が低い

引き戸は開き戸に比べて気密性が低い=隙間が多いということは、防犯面でもその部分が狙われやすいということになります。引き戸と引き戸が重なる部分に生じる隙間から鍵を開けられてしまうということもあるので、対策としては鍵を複数付けておくことをおススメします。ガラス部分の多いデザインだと割られるということもあるので注意が必要です。現在の引き戸は昔と比べて防犯性能もアップしている物が多いので、そうした物を選ぶと良いでしょう。

引き戸の種類は?

引き戸にはいろんな種類の物があります。引き戸のそれぞれの特徴を解説します。

引き違い戸

 

View this post on Instagram

 

セレクターホーム(株)伊川工務店さん(@wataruikawa)がシェアした投稿 – 2018年 4月月28日午前4時01分PDT

2枚の扉が左右にどちらでも移動させ開閉することができるタイプです。左右どちらからでも行き来できます。

片開き戸

 

View this post on Instagram

 

こだわり木の家さん(@wisehouse_)がシェアした投稿 – 2018年12月月11日午後3時26分PST

1枚の戸を壁に沿ってスライドさせて開閉するタイプです。

連動式の片開き戸

 

View this post on Instagram

 

オレンジデザイン株式会社さん(@orangedesign_omiya)がシェアした投稿 – 2018年 8月月31日午前3時36分PDT

2枚や3枚の戸が連動して同じ方向に開き、広い開口部が得られるタイプです。2枚引き戸や3枚引き戸とも言われます。

引き込み戸

 

View this post on Instagram

 

RAGU DESIGNさん(@ragudesign0930)がシェアした投稿 – 2018年11月月4日午後2時15分PST

戸を壁の中の戸袋に引き込み収納するタイプです。片引き戸よりデッドスペースが少なく、戸を開けていると戸が見えないので、普段は開けておきたい場所や空間を繋げたい場所に向いています。

リフォームの方法別の費用は?

引き戸は開き戸よりもドアそのものの値段が高いと言われています。それぞれのリフォーム方法別の実際にかかる費用を見てみましょう。

開き戸から引き戸に変える

開き戸から引き戸へ変える場合、設置する場所や引き戸の種類によって相場が異なります。

室内の費用相場

  • 片引き戸:約10~25万円
  • 引き込み戸:約35万円
  • 引き違い戸:約25~40万円

 

玄関の費用相場

  • 片引き戸:約30~50万円
  • 引き込み戸:約55万円
  • 引き違い戸:約80万円

 

引き戸そのものの費用相場は約10~30万円です。あとは大きさや厚み、断熱効果や防犯性能といった機能によってさらに金額が高くなるものもあります。バリアフリーに特化した場合は約20~50万円になってきます。片引き戸は既存のドア枠を使用できることがあり費用が安く済みますが、引き込み戸は壁に戸袋を設置する工事が必要となり金額が上がります。引き違い戸は2枚以上の戸を設置するので間口を広げる必要があり、壁を解体する工事が必要になります。戸の枚数も増えるのでその分価格も上がってきます。

間仕切りを引き戸に変える

部屋の間仕切りを引き戸に変える場合の費用相場は、約10~40万円です。既存の間仕切りが簡単なパーテーションやカーテンだった場合には撤去が簡単なのでほぼ引き戸の価格と新設費用だけで済みますが、間仕切りがしっかりした壁の場合は解体と撤去に費用がかかります。壁の撤去の相場は5~10万円です。

扉を交換する

既存の引き戸の扉を新しいものと交換する、という場合の費用は、基本的に新しい引き戸の価格に、既存のドアの撤去費用約1~2万円、取り付け施工費と諸経費をプラスした費用が相場となります。取り付け施工費は室内の場合は約2万円、玄関の場合は約3~10万円になります。

リフォーム業者の選び方は?

引き戸にリフォームすることを決めたけれど、リフォーム業者はどうやって選べばいいの?という方に、選び方のポイントを説明します。

複数の業者に依頼して検討する

上記で費用相場を見た通り、相場には幅があります。それぞれの状況によって金額は変わってくるので適正な相場を把握し、正しい判断材料を得るためにも、少なくとも3社以上から見積書を取るようにしましょう。また、リフォーム業者は見積書の書式が統一されていないので、記載がないのに工事後に請求されるという場合があります。他社の見積書に含まれる詳細の内容を比較するか、見積書を統一した形式で依頼すると比較がしやすくなります。

無料見積もりも使用してみる

ネットでは、匿名で行える無料見積りのシミュレーションがあります。まず大体の費用を把握する手段として、そういった無料見積りを利用するのもおススメです。また、各社に依頼した見積書が本当に適正かどうか不安な方は、国土交通省の所管する公益財団法人が運営する「住まいるダイヤル(住宅リフォーム・紛争処理支援センターで無料の見積りチェックサービスがあるので、そちらを利用されてみてはいかがでしょうか。公的なサービスなので安心です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。引き戸はスペースが有効活用でき開閉がしやすく安全というメリットがたくさんあり、今やバリアフリーの手段としても注目されています。今のドアに不便を感じている方はぜひ引き戸へのリフォームを検討されてみてはいかがでしょうか?

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント