100均や無印良品のアイテムでつくるシンプルな裁縫箱DIY

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

針や小さなハサミ、ボビンなど細々したものが多い裁縫道具。大切な道具を無くさないように、裁縫箱にまとめて収納している人は多いと思います。

今回は、100均や無印良品のアイテムで作ることができるシンプルでおしゃれな裁縫箱をご紹介します。

もう裁縫箱を持っている人でも、サイズや見た目など自分にあった裁縫箱があれば、DIYに挑戦してみてください!


合計1420円!無印のキャリーケースを裁縫箱にDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

まるき⋆さん(@maruki_home)がシェアした投稿

無印良品の自立するキャリーケースをソーイングボックスにDIY。

中身は、仕分けボックスを使って種類ごとに分けて入れることができるので、散らかりがちな裁縫道具もキレイにまとまってくれます。

手芸用品は多めに持っているという投稿者さんは、使う頻度が高いアイテムだけをまとめて収納しているそう。チャコペンなどのペン型小物もスッキリまとめて収納できるのが、いいですね。

無印良品のスチール工具箱を裁縫道具にDIY

 

この投稿をInstagramで見る

 

さふぁいあさん(@safaiapo925)がシェアした投稿


無印良品のスチール工具箱をベースに作ったという裁縫箱。他にも、整理トレーやボビンを入れているケースも無印良品で購入されたものだそうです。

ボタンやパイピング、ファスナー等の小物の手芸用品は、入りきらないということで、別のところに収納されているそうです。

蓋部分に付けられいているハサミは、マグネットでくっつけているそうです。定位置に収納できて、すぐに使うことができそうですね。キレイに片付けて置けば、なくすことも防ぐことができますよ。

DIY裁縫箱とピンクッション

この投稿をInstagramで見る

 

asamiさん(@momohome500)がシェアした投稿

こちらも無印良品の工具箱を裁縫箱にDIYされたもの。収納したい裁縫アイテムにあわせて、工具箱のサイズも選びましょう。小さいサイズであれば、持ち運びも楽そうですね。

裁縫箱の中に入れているというのが、DIYで作ったミニピンクッション。可愛らしい出来栄えですが、なんとペットボトルのキャップを使ってDIYされています。

身近にあるものでDIYできるのは嬉しいですね。アイディア次第でお金をかけずに素敵なアイテムが作れますよ!

100均の2段弁当箱も裁縫箱に!

 

この投稿をInstagramで見る

 

横浜の整理収納アドバイザー 長島ゆかさん(@yuka_nagashima)がシェアした投稿


お子さんが学校に入られたのを機に使用頻度が多くなったという裁縫道具。

使っている裁縫道具を整理すると、意外と量が少なかったということで登場するのが100円ショップ・セリアの弁当箱。

糸切りバサミは、強力磁石をテープで貼り付けてくっつけて収納されたそうです。無くなることもなく、綺麗に収納できるので嬉しいですね。

100円ショップのペンケースも裁縫道具入れに!

 

この投稿をInstagramで見る

 

*tomoさん(@tomo_home0007)がシェアした投稿

こちらも裁縫道具の整理に、100均・セリアのアイテムを使用された事例です。

散らかりがちな糸をスッキリ収納させるために選んだのは、ペンケース。サイズ感もぴったりだったようで、次は大量のチャコペンを収納するのに購入を検討しているということです。

小さいながらの抜群の収納力で、収納する裁縫道具に合わせていくつか購入しても良さそうですね。

100均や無印良品のアイテムを使った裁縫箱まとめ

シンプルなデザインで、複数のサイズがある100均や無印良品のアイテムたちは、裁縫箱DIYにうってつけ。

「裁縫箱」としては売ってないですが、工具箱、キャリーケース、弁当箱、ペンケースなどをうまく活用して、自分の好みにあった裁縫箱をDIYしていきましょう。

なくなりがちな断裁バサミは、磁石(マグネット)を使って蓋に取り付けるもオススメ。散らかりがちな裁縫道具を、手作り裁縫箱でスッキリ収納しちゃいましょう!

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント