家が真っ二つに!?ワイルドすぎるリノベーションのたった一つの秘密

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

家が真っ二つ!おもちゃのような構造

参加型のコミュニティデザインに焦点をあてて取り組むアーティスト、マシュー・マゾッタ。

アラバマ州ヨークというダウンタウンにある朽ち果てた空き家を、地域住民と共に新しい公共空間に再生する活動をしています。

そしてこのピンクの建物は、典型的な家の外観を装って作られた「100人も収容できるオープンエアーのシアターに変身」します。

そう、実際に家そのものが真っ二つ!に開いて「座席」に変化してしまうびっくり仰天のリノベーションハウスなのです。

openhouse_01

Photo by ACT LOCALLY ENGAGE GLOBALLY

「アーティスト×住民」協働で制作

マゾッタは、町の中心部にある食料品店と郵便局の間にある廃屋を、コミュニティの集会場所として適切と判断。

住民と相談しながら、どんなコミュニティスペースにしていくかを話し合っていきました。

そして出た結論が、市民に開かれた公共施設として「オープンハウス」という名の実際に家が開くシアターをつくること。

こうして地元の大工職人とボランティアが集まり、約7か月かけて「オープンハウス」が建設されました。

取り壊す廃屋の木材を再利用し、新しい家にリノベーション。

元の家のピンクの板壁は、地域社会変革の象徴として再びファサードに採用しました。

openhouse_02 openhouse_03

Photo by ACT LOCALLY ENGAGE GLOBALLY

完成した公共施設は、大人3人が1時間30分かけて家を開いていきます。

その過程が地域住民にイベントがあることを告知し、関心を集める役割を担っています。

ショーはゴスペル歌手のライブから、映画の上映、お祈りをするチャペルなどとして利用。

このユニークな施設は、将来多くのミュージシャンやパフォーマー、芸術家を輩出していくかもしれませんね。

openhouse_04 openhouse_05

Photo by ACT LOCALLY ENGAGE GLOBALLY

Source:inhabitat

Editors’ Voice 佐藤 駿

新しいことを始める場合、少なからず「障壁」がうまれます。
今回の記事は「コミュニティデザイン思考のアーティスト×地域住民」がですね。
どちらも「地域をよくしたい!」という思いは一緒なのですが「表現方法が違う」ということは私たちが生きている中でよくあることだと思います。
新しい形態を目論むアーティストの奇抜さと、今までのコミュニティを作り上げてきた地域住民の思いを
「協働で作る」ことで解決したいい例ですね。
まずはいろいろな意見や考え方を「受け入れてみること」が重要だと再認識。
それにしても家を開閉できるようにする発想は、なかなかぶっ飛んでますね笑


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。 instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/