初心者DIY向き!ソーホースブラケットを活用したDIY事例

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

おしゃれで簡単、しかもリーズナブルにDIYを楽しみたい方におすすめのソーホースブラケット。

アイデア次第で様々なアイテムをDIYできます。

「こんなの欲しかった!」と思えるお気に入りのひとつを作ってみましょう。

今回はソーホースブラケットを活用したDIYをご紹介します。

ソーホースブラケットとは?

そもそもソーホースブラケットは何に使うものなのでしょうか?

ソーホースブラケットは、ソーホースと言われる作業台を簡単に作ることができる金具です。

ホームセンターやECサイトでも手軽に入手できる注目のアイテムです。

お値段も2個セットで600円位からあります。

リーズナブルですのでDIY初心者にも試しやすくおすすめです。

ソーホースブラケットの使い方

基本の使い方としては、ソーホースブラケットに2×4材を差し込みビス止めするだけです。

これが作業台などの脚となります。

あとはこの脚に、お好みのアレンジを加えることで様々なアイテムに変身させることができます。

画像出典:https://goo.gl/vePDki

ソーホースブラケットのDIYに欠かせない2×4材は、他のDIYでもよく使われるポピュラーな木材です。

ホームセンター等で購入することができます。

ソーホースブラケットの中には2×2材を使うタイプのものもあります。

2×4材が厚さ38mm×幅89mmであるのに対し、2×2材は厚さ38mm×幅38mmです。

スリムで場所を取らないアイテムを作りたい時に有効です。

ソーホースブラケットを使うときの注意点

画像出典:http://www.rodcontrol.jp/SHOP/2-926.html

ソーホースブラケットを使うときは、耐荷重量に注意しましょう。

製品によって目安となる耐荷重は変わりますが、1組でおよそ130~230kgまでとなっています。

ただし、使用する木材の種類や製作する物の形状によっては、耐荷重は目安よりも劣る場合があります。

また、ソーホースブラケット自体に錆びなどの劣化が見られるときは同様に注意が必要です。

ソーホースブラケットを活用したDIY15選

1.フラワースタンド

画像出典:http://www.shanty-2-chic.com/2016/11/diy-sawhorse-bookcase-and-how-to-video.html

たくさん飾れるフラワースタンドは何を飾ってもおしゃれに演出してくれます。

屋内はもちろん、耐水性や防腐効果のある塗装を施しておけば屋外でも活躍してくれます。

大がかりなように見えますが、使用しているソーホースブラケットは1組だけ。

あとは2×4材と板材などを準備して取り付けをします。

飾るものや数によって自由に高さや棚板の数を変えられるのがDIYならではですね。

2.シンプルな棚

「ここにカウンターや棚があったらいいな」と思っていた場所に、ぴったりなサイズのものが作れます。

ソーホースブラケットを2組、天板になる板材、天板の下に棚が必要なら棚用の板材を準備しましょう。

3.テーブルライト

画像出典:http://www.funkyjunkinteriors.net/2014/03/junky-sawhorse-pipe-lamps-with-chalkboard-shades.html

こんなにおしゃれなテーブルライトがDIYできたら素敵ですね。

画像のものはライトからDIYするといった本格派DIYです。

あるだけでセンスアップするこんなテーブルライトがあれば、毎日が楽しくなりそうです。

4.ワークデスク

画像出典:http://www.mintdesignblog.com/2012/08/diy-standing-desk/

ソーホースブラケットを使ってお好きなカラーやサイズでDIYすると、あなただけのオーダーメイド家具のできあがりです。

天板を大きくすれば学習デスクにもできます。

脚の長さを変えれば、成長に合わせて使い続けることができます。

5.パーキングゲート

オープンスタイルのお家やカーポートに置きたいパーキングゲート。

主要な材料はソーホースブラケットと2×4材だけでできます。

屋外で使うものなので屋外用塗料を塗りましょう。

ポップなカラーで目立たせたり、ステインカラーでクールに仕上げたりと自由自在にできるお手軽DIYです。

6.ギタースタンド

画像出典:http://photagram.org/media/BZpOhbLDJ9B

ソーホースブラケットを使えばスタイリッシュにギターを収納できます。棚板を付ければアンプなどの小物も一緒に「見せる収納」が可能です。フックをつければコードもすっきりです。

7.バイクスタンド

サイクリストさん注目のアイテムです。

サイクリングコースにあるお店の店先で見かけることもあります。

見た目と機能を兼ね備えたバイクスタンドは、ソーホースブラケットを活用すれば手軽にDIYできます。

8.作業台

ソーホースブラケットの本来の活用方法ですが、ちょっと工夫するとこんな素敵な作業台が完成します。

廃材を利用したとは思えません。

天板の側面に施されたメジャーが機能性をアップさせていますね。

9.アウトドアテーブル

天板になる板をすのこ状に釘止めすると素敵なアウトドアテーブルのできあがりです。

載せた天板を外すだけで収納や持ち運びも容易になります。

こちらもステインカラーなどで木材を保護しましょう。

10.ベンチ

脚を短くすればベンチにもなります。

庭のテラスや玄関ポーチはもちろん、お部屋の中に置いても素敵です。

きれいな色でペイントして子供部屋に置くのも良いですね。

11.カバン掛け

フックを付けるだけでカバン掛けに変身です。

見せる収納として、お気に入りのカバンをかけてみてはいかがでしょうか。

12.ブランコ

丈夫なロープと板を取り付けて手作りブランコもできます。

お子様が大喜びするアイテムですね。

市販の遊具とは違って、ブランコを使わなくなったら別の用途に使えるので無駄がありません。

13.テレビ台

買うと高価なテレビ台も、リーズナブルかつおしゃれにDIYできます。

設置したいテレビの高さにも合わせられる上、もう1段棚を増やせば収納力も抜群です。

お部屋のインテリアに合わせて好きなカラーにできるのもDIYならではですね。

14.サインプレートスタンド

お店や教室のサインプレートの他に、自宅の表札として玄関前に置いてもおしゃれ度がアップします。

余った2×4材に黒板塗装を施して、ホワイトマーカーなどで手書きしたものを表札にするのもおすすめです。

ソーホースブラケットのDIYを動画でチェック!

・「ソーホースブラケットでつくるDIY作業台」

・「ソーホースブラケットをつかって、家族みんなでテーブル作り」

・「ソーホースブラケットを活用して、アンティーク風キッズベンチ作り」

おしゃれで実用的なアイテムを手軽にDIYできるソーホースブラケット。

一見、縁の無さそうな無骨な金具ですが、驚くほどいろいろなものに活用できます。

サイズやカラー、棚の位置まで簡単に自分好みにできるのが嬉しいですね。ぜひあなたのDIYに取り入れてみてください。