砂壁を使ったDIYとは?具体的な手順から注意点まで徹底解説

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

和室を中心に使われている砂壁は、オシャレで上品な見た目をしていますよね。
専門技術が必要だと思われがちな砂壁ですが、実はDIYで作ることもできるんです。

今回は、砂壁の具体的なメリットとDIYの方法を中心に、たっぷりとご紹介していきたいと思います。


砂壁とは?

砂壁とは、色砂と呼ばれる色のついた砂を、糊液を用いて練ってから上塗りした壁のことです。
主に和室や床の間の内壁など、土壁の仕上げとして使われています。

緑、黒、黄土色といった色のついた色砂は、天然砂や砕石、貝殻粉、金属粉、色ガラス粉といった材料によって着色されることが多いです。
糊液は、古くから使われてきた海藻の煮沸液やデンプン糊、近年使われ始めた合成樹脂など、場合によって使い分けられています。

砂壁の特徴

それでは具体的に、砂壁の特徴について解説していきたいと思います。

メリット

調湿性が高い

砂壁は、和室が基本的な構造となっている日本の木造建築で長年採用されてきたため、高温多湿の風土に合った調湿効果に優れています。

夏は風通りが良く、冬は保温性が高い状態であるため、一年中過ごしやすい気温が保たれているのも魅力的です。
湿度が高くなった時には湿気を吸い取り、湿度が低くなった時には自動的に放湿する機能があるため、空間の湿度も常に一定に保たれる上に、カビやダニといったハウスダストの発生も抑えることが可能です。

シックハウス症候群を予防できる

砂壁は、シックハウス症候群の主な原因となる、アンモニア、ホルムアルデヒドといった有害物質を吸収する性質をもっています。
建築物の高断熱化や高気密化、化学物質の多用化によって発生するアレルギーを、根本から対策できる高性能の壁であると言えます。

防火性が高い

砂壁は、不燃性の物質である土や砂を原材料として作られた壁です。
そのため非常に燃えにくく、防火性や耐火性に優れているため、木材の部位にも安心して使うことができます。

デメリット

掃除に手間がかかる

日本の気候に合致した高性能の砂壁ですが、砂で作られているために掃除が面倒な一面もあります。
硬いものが当たったりなどして衝撃を受けたり、時間と共に劣化してしまったりすると、壁の表面が削れて砂がこぼれ落ちてしまいます。

カーテンやシーツ等の布が触れると砂が付着する場合もあり、掃除や洗濯をする手間がかかってしまうのも難点と言えるでしょう。
砂が削れてしまうと見た目も不自然になってしまうので、慎重に扱うことを心がけていくことをおすすめします。

工事期間が長くなる

砂壁に関する施工には、一定以上の技術と手間が必要になります。
砂壁を塗ったり解体したりする作業は、通常1日で終わる壁紙の張替えに比べて時間を要するため、最大で4日間ほど工事期間が延びてしまいます。

工事費用がかかる

砂壁に関する工事には技術が要求されるため、工事期間と共に費用もかさんでしまいます。
砂壁の施工に慣れた左官屋に依頼することで、通常の壁紙リフォームより手間賃や人件費などが発生してしまうので、見積もりを出す際には注意しましょう。

砂壁DIY方法

続いて、DIYで砂壁を扱う際の具体的な工程について解説していきたいと思います。

下地調整

養生テープで塗装面の周囲を保護しよう

スキングテープやマスカーテープを使い、塗装面の周囲を保護します。
照明スイッチ等の壁に取り付けられた設備も養生し、塗料や砂が飛び散らないように気を配っていきましょう。

砂を払う

ハケや紙やすりを使い、作業する壁面についた砂を落としていきます。
養生する前に砂を落として、掃除機やほうきで取り除く方法もあるので、作業しやすい方法を実践してみてくださいね。

シーラーを塗る

砂を上手く固めるために、シーラーと呼ばれる下地調整材をハケやローラーによって塗っていきます。
砂を固めるだけでなく、塗料を塗りやすくする効果も付与できます。
ホームセンターでは、砂壁を固めるための専用スプレー等も扱っているので、塗る労力を削りたい方にはおすすめです。

乾燥させる

シーラーを塗った後、数時間ほど乾かせてしっかりと砂壁を固めていきます。
手で触れても、砂がつかない状態になるまで待ちましょう。

ベニヤ板を貼る

砂壁に壁紙を貼りやすくするために、上からベニヤ板を貼り付けていきます。
厚さ2.5ミリから4.0ミリほどの板を、カッターで適切な大きさにカットした後、ボンドとタッカーを使って位置を固定させます。

接着する際、木工用ボンドを使うと、固まる時に水分が蒸発して反りやすくなってしまうため、ウレタン系やアクリル系などのボンドを使うことがおすすめです。

塗料でペイントする

四隅や細かい部分をハケで塗った後、ローラーで全体的に塗っていくというのが基本的な工程です。

塗装面を綺麗に仕上げたい場合は、塗料を二度塗りするとより完成が美しくなります。
一度塗りをした後は十分に乾燥させてから、一度目と同様に隅から全体にかけて塗っていきましょう。

漆喰を塗る

コテ受け台に漆喰を載せた後、コテを使って砂壁に塗っていきます。
厚さ1ミリから2ミリほどを目安にしながら作業すると、乾燥後も剥がれてしまう心配はありません。

漆喰は、すでに練られている半練りタイプのものならそのまま塗ることが可能ですが、粉状の漆喰は自ら水と混ぜて練り上げていく必要があります。
乾いて固まらないように、こまめに水を加えていきましょう。

壁紙を貼る

最後の仕上げとして、壁紙を貼っていきます。
砂壁の上に壁紙をセットした後、撫でバケで上からなぞることで空気を抜いていき、平らな状態にしていきます。
完全に位置が固定できた時点で、壁紙の端を地ベラで押さえつけながら、余った部分をカッターで切っていきましょう。
砂壁の大きさに合わせてぴったりと切ることができたら完成です。

砂壁のDIY例

具体的に、砂壁を用いたDIYの具体例を見ていきましょう。

両面テープで壁紙を貼りつけ

 

View this post on Instagram

 

すいさん(@sui6245)がシェアした投稿


こちらは100均ダイソーの布用両面テープを使い、壁紙を貼りつけた事例です。
カラフルで色鮮やかな見た目の壁は、レトロでとてもオシャレですよね。

有孔ボードでコンクリート風の壁に

 

View this post on Instagram

 

MIKIさん(@peace_1mk)がシェアした投稿


こちらは、緑色の砂壁の上に有孔ボードを貼ってコンクリート風の壁に仕上げた事例です。
部屋の内装を一気に変えたい場合にも、砂壁DIYは有効な手段と言えるでしょう。

砂壁をDIYするときの注意点

高性能で見た目も良い砂壁ですが、DIYで扱う時には注意すべき点がいくつかあります。

砂壁の下が何でできているかを知る

シーラーを塗る前の工程でマスキングテープを貼った際、その後に同じ種類のテープが貼りながら塗装してしまうと、最後にテープを剥がした際に砂も一緒に落ちてしまう恐れがあります。
そのため、シーラーを塗り終えた後には、きちんとテープを剥がすことを心がけていきましょう。

電気の配線に注意

壁の裏に電気配線などが通っている場合があります。
壁の中には何かしらの設備が隠されている場合もあるので、事前にしっかりと確認することをおすすめします。

時間と労力がかかる

これまで紹介してきたように、砂壁でDIYを行う際には通常より材料費や時間がかかってしまいます。
しかし根気が必要な作業であるぶん、オリジナリティーや味わい深さも存分に出せるので、DIYに慣れてきた方はぜひ挑戦してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。
上級者向けのDIYと言える砂壁ですが、チャレンジできればアレンジの幅が一気に広がる画期的なアイテムなんです。
皆さんもぜひ砂壁DIYに挑戦して、家のリフォームにさらなるオリジナリティーを出してみませんか。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント