突っ張り棒は「縦」に使うと便利?実用例を挙げてご紹介!

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

みなさん、突っ張り棒は使っているでしょうか?

多くの方は壁と壁の間など、突っ張り棒を[横]に突っ張っていることでしょう。しかし、突っ張り棒は横に突っ張るだけでなく、[縦]に突っ張ることもできます。今回は、突っ張り棒を縦に使うことで今までになかった便利な使い方ができるということを紹介していきます。


実は「突っ張り棒を縦に使う」と便利!

突っ張り棒は、普通は壁と壁の間など横向きに突っ張るために使います。しかし、突っ張り棒は、横向きだけでなく縦でも使うことができます。縦に使うときは、壁と壁の間に突っ張るのではなく、天井と床の間に設置します。突っ張り棒を縦に突っ張ることにより、横向きに突っ張ることができない場所でも突っ張り棒を突っ張ることができるので便利です。これにより、今まで収納できなかった場所にも収納スペースを増やすことができます。

一緒に使うといいものはどれ?

突っ張り棒を縦に使う時に、一緒に使うと便利なものがあります。ここでは、どのようなアイテムが突っ張り棒と一緒に使うと便利かということを紹介していきます。

ワイヤーネット

まず、紹介するのがワイヤーネットです。ワイヤーネットを、縦に突っ張った突っ張り棒と壁の間に設置することにより、そのワイヤーネットにいろいろなものを掛けることができるようになります。これにより、広い範囲を収納スペースに使うことができるようになります。

すのこ

すのこも突っ張り棒と一緒に使うと便利です。すのこは突っ張り棒と用いることで、棚板としてだけでなく、突っ張り棒を強化する目的でも使うことができます。

有孔ボード

有孔ボードも、縦に突っ張った突っ張り棒と壁の間に設置することで大幅に収納スペースを広げることができるようになります。有孔ボードはたくさんの穴が空いた板であり、その穴にフックを通すことでいろいろなアイテムを収納することができます。

照明器具

照明器具を縦に突っ張った突っ張り棒に付けることもできます。突っ張り棒に取り付けることのできる照明器具はホームセンターやネット通販で購入することができます。このように、収納スペースを広げるという目的だけでなく、インテリアとしても縦に突っ張った突っ張り棒は用いることができるようですね。

クリップ式ハンガー

縦に突っ張った突っ張り棒にクリップ式のハンガーを付けることで、ちょっとしたレジ袋などを掛けることができるようになります。また、レジ袋掛けだけではなくランタンなども掛けることができます。クリップ式のハンガーならいろいろなものを掛けることができるので、いろいろと応用することができそうですね。

縦使いつっぱり棒【玄関編】の活用例は?

まずは、玄関で突っ張り棒を縦に使う例を紹介します。玄関は、靴やカバンなど様々なものを収納する必要があります。そこで活きてくるのが突っ張り棒です。突っ張り棒を上手く使うことで玄関の収納スペースを大幅に広げることができます。

靴箱

まずは、靴箱で突っ張り棒を用いた例です。この例では、突っ張り棒を縦に突っ張り、靴を収納しています。つい靴が多くなってしまいがちな玄関ですが、突っ張り棒を使うことで収納性をアップさせることができます。また、このように靴を収納すると通気性も良いので、靴の収納には向いています。

 

View this post on Instagram

 

ESQUISSEBAさん(@esquisseba)がシェアした投稿

玄関収納

他に、突っ張り棒を用いて玄関の収納を行っている例を紹介します。この例では、熱でくっつくフックを突っ張り棒につけることで、カバンを突っ張り棒に収納しています。突っ張り棒を使って収納することで床周りのものがなくなるので、見た目が良い上に掃除するときに楽になります。

 

View this post on Instagram

 

yuncoさん(@s.s.h.life)がシェアした投稿

つっぱり棒を縦に使う【洗面所・バスルーム編】活用例は?

次に、洗面所やバスルームで突っ張り棒を使う例を紹介していきます。洗面所やバスルームでもなかなか突っ張り棒が活きるのでぜひ見ていきましょう。

ランドリーラック

続いて、ランドリーラックに突っ張り棒を用いた例を紹介します。洗面用品や洗剤やカゴなど、洗面所では細々としたものを収納する必要があります。そこで、突っ張り棒を使ってランドリーラックを作れば、狭い空間でも収納スペースを広げることができます。こちらの例では、はしご式の突っ張り棒とカゴを組み合わせて、ランドリーラックを作り出しています。

 

View this post on Instagram

 

soumamaさん(@soumama_myhome)がシェアした投稿

つっぱり棒を縦に使う【キッチン編】活用例は?

キッチンでも突っ張り棒が活きます。キッチンは、調味料や調理器具などさまざまなものを収納する必要がありますが、収納スペースが足りなくなりがちですよね。そんなキッチンには突っ張り棒が最適です。

スパイスラック

続いて、突っ張り棒をスパイスラックに用いた例を紹介します。突っ張り棒を二本突っ張って、その突っ張り棒に結束バンドでネットをかけることで収納スペースを広げています。ごちゃごちゃしがちなスパイス周りをこのように、突っ張り棒を使うことで綺麗にまとめることができます。

 

View this post on Instagram

 

chihoさん(@chiinyan21)がシェアした投稿

調理器具収納

調味器具も突っ張り棒を使って、収納することができます。この例では突っ張り棒二本を縦に突っ張り、その間にネットをかけています。そして、そのネットにフックをかけることで調味器具を多く収納するスペースを作っています。このようにして調味器具をかけて置くことで、調味器具を使いたいときに自由に使うことができるようになるので、便利さの面でもオススメです。

 

View this post on Instagram

 

花月(たまに月花)さん(@kagetsu50459)がシェアした投稿

つっぱり棒を縦に使う【リビング編】活用例は?

最後に、リビングで突っ張り棒を活用する例を紹介していきます。リビングではさまざまな用途で突っ張り棒を使うことができるので、皆さんもぜひ自分なりの活用例を考えてみてください。

自転車などのディスプレイスタンド

自転車などのディスプレイスタンドを使うこともできます。この例では、突っ張り棒を縦に突っ張り、そこに自転車をかけています。このように自転車などの大きなものも突っ張り棒を使うことで簡単に収納することができます。

 

View this post on Instagram

 

Mayuko🌻⛵️⚽️🚴🎹@Nagoya, Japanさん(@go5mayuko)がシェアした投稿

モニター・スピーカー

モニターやスピーカーも収納することができます。こちらの例では、縦に突っ張らせてその間に棚板を挟んでいます。このように棚板を挟むことで、モニターのような大きなものでも棚の上に置いて収納することができます。

 

View this post on Instagram

 

きたじぃさん(@kitajii3gou)がシェアした投稿

照明器具

突っ張り棒を使うことで、照明器具も吊るすことができます。縦に突っ張った突っ張り棒にランプをかけることで、スペースを気にすることなくランプをおくことができます。このように、収納する目的だけではなくインテリアとしても突っ張り棒を使うことができます。

 

View this post on Instagram

 

竹内香予子さん(@takeuchi_sasai_kayoko)がシェアした投稿

アクセサリーラック

アクセサリーラックのようなものも、突っ張り棒で作ることができます。この例では、突っ張り棒二本を縦に突っ張り、その間にネットをかけて、そのネットにフックをかけています。このようにネットやフックを使うことにより、帽子やメガネやアクセサリーなどさまざまなものを収納することができていますね。横に突っ張り棒をかけるよりも、縦の範囲を使うことができるので、より広い範囲を収納スペースに使うことができていますね。

 

View this post on Instagram

 

角島 奈知(Nachi_Kakushima)さん(@7chi0121)がシェアした投稿

まとめ

ここまで、突っ張り棒を縦に使う方法について紹介してきました。

突っ張り棒は横に突っ張るだけでなく、縦に突っ張るのも便利だということがわかっていただけたと思います。
みなさんもこの記事で紹介したことを参考にして、ぜひ突っ張り棒で自分なりのアレンジをしてみてはいかがでしょうか。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント