突っ張り棒タイプ別「強度高・取り外し楽・縦方向取付」の選び方&活用法

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


「強度高・取り外し楽・縦方向取り付け」タイプ別突っ張り棒の選び方は?

突っ張り棒にも重さに耐えられる強度の高いタイプや、簡単に取り外しできるタイプ、縦方向に取り付けるタイプなど様々なものがあります。
突っ張り棒を張る場所のサイズをしっかりと測っておくことが大切です。その場所より±5㎝ほどの長さがあるものを選びましょう。

用途にあったものを見極める

クローゼットの中でたくさんの洋服をつるすなら、ネジ式の強度の高いもの、小窓にカフェカーテンをかけたり、仕切りとして使うならバネ式でいつでも場所を変えたり取り外しができるものがオススメです。突っ張り棒は100円ショップなどでも手に入れることができますが、強力なものか、簡易的なものかなど使用目的に合わせてされぞれの突っ張り棒のメリットを考えることが大切です。

最大長さは要チェック

突っ張り棒は様々な種類の長さがあります。商品に記載してある、最大より長く伸ばすことや、最小の長さより狭い場所に設置することはできません。設置したいところの長さが、商品記載の突っ張り棒の長さの最大から最小までにおさまるようなものを選びましょう。また、長く伸ばせば伸ばすほど、耐荷重は小さくなっていきます。重いものをかける予定のある場合は、十分に余裕のあるものの方がオススメです。

圧着部の大きさで強度が変わる

圧着部とは、突っ張り棒の両端についている、壁との接地面の部分です。突っ張り棒の種類や太さによって圧着部の大きさも様々です。太く、クローゼットなどで使うものは圧着部も大きめですが、100円ショップで売っている短めのものは圧着部がちいさく、棒の先端にゴムのキャップのようなものが付いているタイプもあります。突っ張り棒の強度の鍵とも言える圧着部です。壁に傷をつけずに、突っ張り棒を支える重要な部品です。

強力!おすすめのニトリの突っ張り棒は?

ニトリの突っ張り棒は、豊富なサイズや種類が揃っていて、実用性にすぐれています。コスパも良いので、お財布に優しいです。お部屋もすっきり片付いていいことだらけですね。また、ニトリの商品だけでも豊富な種類が揃っているので、きっとあなたの探しているものが見つかるでしょう。

伸縮性つっぱりポール

のれんや、カーテン、間仕切り用の突っ張り棒です。洋服をかけるものと比べとても細く軽いのが特徴です。カラーが、ナチュラルブラウンとホワイト、ミドルブラウンの3つから選べ、お部屋にも馴染みやすく使用することができます。軽くて丈夫なのに、お手頃価格とメリットがたくさんあって嬉しいですね。

カフェカーテン用テンションポール

のれんやカフェカーテンに便利なフック式ですぐにかけおろしできます。壁と壁の間で突っ張るのではなく、突っ張り棒を好きな長さに変えた後、その長さがかかるくらいの幅でフックを壁に取り付けます。突っ張り棒は、フックに引っ掛けて使用します。長さは100cmまでで入り口の幅にぴったりです。カラーもナチュラルブラウンとミドルブラウンの二つから選べるので、部屋に馴染んでおしゃれに使用することができます。

極太つっぱりポール

伸縮式で、お部屋の間仕切りや、押入れの目隠しなどにも使うことができます。バネ式でくるくると回してすぐに長さを変えることができ、いろんな所につっぱらせることができます。100均に売っているものなどに比べて太いので、しっかりと安定して使うことができます。

強力つっぱりポール

様々なサイズと種類があり、用途にあわせて選べる強力つっぱりポール。50〜75cmは、税別で509円。75〜120cmは、601円。110〜190cmは694円。170〜280cmは879円と、非常にお手頃価格です。クローゼットや、壁と壁の間のデットスペースなど、様々な場面で活躍するアイテムです。圧着部には、強力ジャッキがついていてしっかりと固定できて、話気なので安定します。綺麗な白色が部屋にも馴染みます。

強力・極太つっぱりポール

内蔵バネ式の突っ張り棒でしっかりと安定します。178cm〜283cmまで取り付け可能で、178cmの時は、25kg以下、283cmの時は12kg以下に耐えられる強力な突っ張り棒です。クローゼットや押入れの中でたくさんコートや洋服をかけても大丈夫です!群れて重くなった洗濯物のお部屋干しにも便利に利用できます。お値段は、税別で1658円で、とてもお手頃価格です。

種類ごと!おすすめの突っ張り棒は?

バネ式とネジ式にわけて、おすすめ突っ張り棒を紹介します。

バネ式

・平安伸銅工業さんの「強力タイプの突っ張り棒」
くるくると回してつっぱらせるだけ!で簡単に設置できるバネ式の突っ張り棒でありながらも、なんと、最大耐荷重が15kgという強力な突っ張り棒です。低価格なのに、安心して使用できる高品質。オススメしないわけがありません。
・ダイソーさんの突っ張り棒は、種類が豊富でコスパも抜群
バリエーションが豊富でアイディア次第でいろんな場所で使えそうなものが揃っています。18〜27cmや、30〜45cmといった短いものは洗濯機と壁の間や、棚とベットの間、小窓などちょっとしたちょっとしたスペースで活用できて実はとっても便利です。75〜120cm、135〜200cmといった、長ーい突っ張り棒もあります。強力なものは、100円を超えるものもありますが、いずれにせよ低価格なことは間違いありません。

ネジ式

・アイリスオーヤマさんの「突っ張り棒 ホワイト H-NPJ-120」
幅は、75cm〜120cmの強力な突っ張り棒ですが、驚くべきは重さへの強さです。なんと幅75cmの時は50kgまで!最大の120cmまで伸ばしても、30kgまで耐えることができます。ねじ式の突っ張り棒ですが、軽く取り付けもしやすいです。取り付けには、取り付けアダプターがついているので決めた位置をしっかりと固定して楽に取り付けることができます。

突っ張り棒の強度や強化のポイントは?

家に帰ってきたら突っ張り棒ががしゃんと落ちていて、洋服が床に散乱・・・なんて大惨事を目にしたら、気分も盛り下がってしまいます。固定器具や、別売りのアイテムで「突っ張り棒のおちない保険」をかけておくと安心です。

懸垂もできる!だが、やめておこう笑

耐荷重は、突っ張り棒によって違いますが、強力なものを使えば懸垂だってできてしまいます。伸ばす長さが短いほど重さに耐えることができるので、重いものをかける予定がる時は、あまり伸ばさないで使うと良いです。また、「突っ張り棒が落ちない君」という、ホッチキスで取り付けられる、固定器具も売っているので、それで強化するとなんと懸垂もできる頑丈な突っ張り棒になります。

棒をしっかりと固定する

先ほど紹介した、「突っ張り棒が落ちない君」という固定アイテムを使う他にも、突っ張り棒を突っ張り棒で固定するという斬新な方法も有効です。ものをかけたい突っ張り棒に対して垂直に柱のように突っ張り棒を突っ張らせます。また、壁に食い込みやすい場合は、ファンデーション用のパフを壁との間に挟んで突っ張らせることでも、落ちにくくすることができます。
他にも、
・かけているものが重すぎる
・垂直に突っ張っていない
・突っ張り棒を伸ばしすぎている
などでも、突っ張り棒が落ちやすくなるので気をつけましょう。

洋服をかけるだけじゃない!突っ張り棒の活用例は?

様々なアイディアで活躍している突っ張り棒を紹介します。

クローゼット

並べておくとスペースを取り、重ねると形が悪くなってしまうキャップを突っ張り棒とフックを使って壁に収めるアイディア。綺麗に飾られたようにもみえ、お気に入りのキャップがすぐ見つかりそうです。見た目もおしゃれでテンションも上がってしまいます。

 

View this post on Instagram

 

MISAKIさん(@mii_____tan)がシェアした投稿


そこも使えるのかあ!と突っ込みたくなるような、面白いデットスペースの活用法。クローゼットの四方八方どんなスペースも、突っ張り棒なら逃しません!

カーテン

カーテンレールのない小窓にも、小さなカフェカーテンを。突っ張り棒なので、大きいカーテンとは異なり、手軽に取り外しができて気分を変えることができるのもいいですね。

 

View this post on Instagram

 

nonさん(@m.n.k_home)がシェアした投稿

間仕切り・目隠し

工事いらずでお部屋の数を増やす方法知っていますか?間仕切りで、突っ張り棒を使ってお部屋を仕切れば簡単にお部屋が増えます。突っ張り棒にかけるカーテンは、パタパタと折りたためるものや、透けて見えるものなど、お部屋の雰囲気をガラリと変える存在にもなります。「兄弟とお部屋を分けたい!」といった要望も、子供部屋を簡単に応えることができますよ。

 

View this post on Instagram

 

のれん屋さんのインテリアショップさん(@norenkobo)がシェアした投稿

キッチンや階段はドアがついていないので空気が逃げて、リビングの暖房効率が下がってしまいます。のれんをかけるだけでも空気がとどまりやすく、快適!さらに光熱費の節約もできちゃいます。

 

View this post on Instagram

 

ベルメゾンデイズさん(@bellemaison_days)がシェアした投稿

キッチン

必要なものが多いのにイマイチ収納がないキッチンには、突っ張り棒とワイヤーネットでシンクの壁を有効利用してすぐに使うキッチン用品をたくさん収納できます。

 

View this post on Instagram

 

りーさん(@riiiii.ouchi)がシェアした投稿


お鍋やフライパンが重なっていると、下のものが取り出しにくくてイライラ。。なんてことも解消。こちらも、普段使いのキッチン用品を縦に収納。突っ張り棒をはり巡らせて見やすくて便利な引き出しに。

 

View this post on Instagram

 

harukaさん(@haruka__home)がシェアした投稿

トイレ

なんと、今までのトイレをリフォームすることなしに、突っ張り棒を骨組みに、見た目も綺麗な最新のタンクレストイレをDIY! 2枚目の写真だけでは突っ張り棒がどこに使われているか全くわかりません。

 

View this post on Instagram

 

naokoさん(@naonao0407)がシェアした投稿

洗面所

突っ張り棒をご自宅の洗面所と見事に溶け込ませていて、どう見ても既製品のようなすっきりとした清潔感あふれる見た目に。便利さも抜群で自分の用途に合った使い方が工夫されています。

 

View this post on Instagram

 

tamaさん(@tama.living)がシェアした投稿

突っ張り棒まとめ

突っ張り棒はネジ役ぎで壁に穴を開けたり傷つける心配がないのに、強力に壁にくっついて働くとっても便利なアイテムです。ただ、クローゼットで服をかけるだけではなく、様々な場所で工夫して整理整頓に役立ちます。突っ張り棒は様々な場所に取り付けられるので、部屋のデットスペースを有効活用してすっきりとしたお家を作ることができます。用途に合わせて是非あなたに合った強力な突っ張り棒を選んでみてください。

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント