【リノベってすごい】100年前の給水塔が最高の眺望をもつモダンハウスに変貌

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

100年前の給水塔をリノベ

およそ100年前から村のシンボル的存在でもあったこのベルギーにある給水塔は1990年まで実際に活躍していたそうなのですが、その後は使われなくなり全くの手付かず状態となっていたそうです。

村のシンボル的存在でもありその外観のカッコ良さから壊すという選択はなかったものの、利用するには古すぎるという理由で放置されていたとのこと。

そのままではもったいない!とBHAMデザインスタジオという会社が、なんと給水塔を住居として使える人目を惹き付ける家へとリノベしてしまいました。

new-17

360度のパノラマリビング

その内装はモダンでとってもオシャレ。

歴史的な建築物を保護し、現代建築へと変換されたこの建物はオリジナルの工業建築を残しつつも、ビル5階建て相当にあたる高さの最上部は360度の最高の展望をもつリビングスペースとなりました。

new-29

new-141 new-33 new-92 new-83

建築界に一石を投じる意外性

ベルギーの美しいの農村の風景を見渡すことのできるリビングなんて考えただけでも最高すぎます!

おそらく今後何世紀にもわたって村のランドマークとしての役割と、そこに暮らす人の家としての役割を併せ持つ建物として存在していくのでしょうね。

新たな挑戦と意外性があり、とても興味をそそられるデザインです。

デザイン・芸術的にも建築界に一石を投じる建築物になるでしょう。

ちなみに、戦時中はナチス軍から逃れるための隠れ家としても使われていたことがあるのだそう。

そんな給水塔に今度は人々が幸せになる新しい歴史が生まれたようですね!

water-tower-apartment-bham-design-9 

Via:inhabitat

Editors’ Voice 佐藤駿

普段「古ぼけたもの」というと壊すという考えがはたらいてしまうのですが、世界には有効に使う方法が沢山ある。

空き家問題が深刻になってきた日本でもこの感覚を取り入れ、ランドマークとなり得るものに転換させ、人々を魅了させるものを作れないだろうか。

建物にあるストーリーを可視化するサービスとか面白そうだな。


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。 instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/