玄関インテリアで違いをみせる!6つのテクニック

REISM
REISM 


REISM×HANDIYコラボ企画!

東京のリノベーション賃貸の「REISM」と、日本最大級のDIYスナップ共有&メディアの「HANDIY(ハンディ)」のコラボ!

「REISM」は、中古物件をリノベーションで”再生”することで物件の魅力を高める。これまでになかった全く新しい価値や価値観を提供する、不動産に止まらない、都会での暮らしをワクワク豊かにするライフスタイルブランド。

今回は、REISM公式ウェブマガジン「REISM STYLE」より、限られたスペースの玄関でも、おしゃれに見せるインテリアのコツを紹介します。

狭くてもおしゃれに。玄関インテリアのコツ

一人暮らしの部屋に多く見られるが、狭い部屋であるほど、その分玄関もミニマムで味気ない雰囲気になりがちだ。しかし、いわば「部屋の顔」でもある玄関は、ゲストや宅配業者など家を訪れる多くの人の目にふれるスペースであるため、少しでもおしゃれにしておきたいところ。
そこで、狭い玄関でもおしゃれに見せるための、玄関のインテリアのコツを紹介しよう。

玄関には物をあまり置かない

玄関はシューズ類や傘など、限られたスペースに対して何かと物が溜まりやすい場所だ。しかし、生活スペースとなる部屋と同様に、さまざまな物があふれている状態は、おしゃれな玄関にするにあたってはNG。インテリアを考える前に、まずは物を収納したり減らしたりしてすっきりさせよう。

日頃から玄関に物を出しっぱなしにしないのも、すっきりした玄関にするためには重要。脱ぎっぱなし・置きっぱなしにせず、帰宅したら靴を必ずシューズボックスなどに収納する習慣をつけよう。

玄関をおしゃれにする6つのテクニック

一人暮らしの狭い玄関であっても、玄関はインテリアの工夫次第で大きく雰囲気を変えることができる。壁やシューズボックスの上、照明など、それぞれのスペースに着目して、好みのイメージにするためにはどのようなインテリアにすべきかを考えていくことがポイントだ。
ここでは、玄関をおしゃれにするためのインテリア配置のテクニックを6つ紹介しよう。

1.壁に明るさを加える

特にアパートやマンションなど、集合住宅の玄関は採光しにくく、薄暗くなりやすい。玄関の壁に明るい色を置くことで、手軽に明るい印象の玄関にすることができるだろう。

2.壁紙を変える

壁紙の変更は、物を増やさずに雰囲気を変えることができる。華やかな柄の壁紙に変えるなどして、イメージを大きく変えてみてはいかがだろうか。

貼ってある壁紙の上に貼れてきれいにはがせる壁紙が販売されているので、そういった物を利用するのがいいだろう。玄関は限られたスペースであるため、貼り替えの負担も少なく済むはず。シューズボックスの上のスペースなど、一部分だけ変えるのもおすすめだ。

3.靴箱の上を飾り付ける

玄関に靴箱がある物件なら、その上を飾り棚スペースとして活用してみよう。鍵など外出時に持っていきたい物を置いておくだけでなく、次のような物を飾ってみてはどうだろう。

絵や小物

好みの絵や小物を飾ることで、手軽に玄関をおしゃれにすることができる。季節ごとはもちろん、ハロウィンやクリスマス、正月といったイベントのタイミングに、飾る絵や小物のテーマを変えてみても楽しいのではないだろうか。

グリーン

ひとつ置くだけで、おしゃれなスペースを演出できるグリーン。カラフルな花も華やかになっていいが、まめに水やりをしないといけなかったり、長持ちしなかったりということもあるため、世話が楽なグリーンを置くのが◎。
また、グリーンには空気をきれいにしてくれる効果も期待できるため、履物が並ぶ玄関には置きたいところだ。

ルームフレグランスを置く

玄関扉を開けたときにふわっと香るルームフレグランスも、おしゃれな玄関の演出に効果的。また、玄関特有の靴のにおいを解決したい場合は、靴箱の中に消臭剤を入れておくといいだろう。
インテリアにもなるおしゃれなパッケージのフレグランスなら構わないが、いわゆる「消臭剤」を玄関の見えるところに置いてしまうと、一気に生活感が出てしまうため、その場合はなるべく見えない場所に置くようにしよう。

4.棚をつける

玄関に置物をするようなスペースがないという場合は、自分で棚をつけてみてはどうだろうか。壁に取り付けられるタイプの棚など、壁に穴を開けずに済む、大掛かりな作業が不要なアイテムも登場しているため、チャレンジしやすいだろう。
DIYで棚を作る場合は、マスキングテープと両面テープなどを使って、跡が残らないようにしたいところ。棚にフックなどを取り付けて、傘や鍵を収納できるようにしてもいいだろう。

5.照明にこだわる

玄関が暗いと感じる場合は、照明を変えることも検討してみよう。照明は明るさだけでなく玄関スペースの雰囲気にも大きな影響を与えるため、おしゃれにしたい場合は好みの明るさやデザインにこだわってみたい。ライトは、さまざまな種類やデザインが販売されているので、お気に入りの物を探してみよう。

6.玄関マットを敷く

玄関を上がった床に敷くマットのデザインやサイズも、玄関の印象を大きく変えてくれる。
例えば、シンプルでナチュラルな印象の玄関にしたい場合は、玄関マットもあっさりとした色合いや柄の物が合うだろう。また、シンプルな中にもアクセントをつけたいのであれば、落ち着いた配色や柄でも、サイドにフリンジがついているタイプや、変形タイプのマットを敷くのが◎。

玄関マットは壁紙やシューズボックスの上のインテリアなど、ほかのインテリアと調和するようなデザインの物を選ぶことで、失敗せずに済むはずだ。

インテリアを工夫して玄関をおしゃれに演出しよう

玄関は狭いスペースではあるが、その分、少ないインテリアでも雰囲気に与える影響が大きく、統一感も出しやすい。
普段から靴などは極力収納するよう心掛けながら、好みのインテリアにすることで雰囲気を変えてみてはいかがだろうか。

転載元:REISM STYLE

ライフスタイルを充実させる部屋探し

REISMは、リノベーション賃貸といった不動産に止まらない、自分らしく生きたいと思う人たちのライフスタイルを総合的に上質にするトータル・ライフスタイルブランド。

REISMは、部屋づくりをライフスタイルのベースづくりと考えている。お部屋は、居心地よく、こだわりをたくさん詰め込むことができるあなただけのベース。ベースが充実すると、仕事への活力を養ったり、趣味に打ち込んだり、好きなひとを招待したり、大切なことの充実につながるはず。

中古物件をリノベーションで”再生”することで物件の魅力を高めるREISMで、ぜひ自分らしさを表現できる物件をぜひ探してみてください。

REISM

WRITTEN BY

REISM

REISMは、リズム株式会社が運営するリノベーション賃貸のブランド。
「住む人」のニーズを捉えたルームコンセプトと本物の素材にこだわり、中古不動産をバリューアップ。住空間に触発されてライフスタイルをつくる楽しさをご提案しています。

instagramへ facebookへ Twitterへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント