森の中にリサイクル木材だけで作ったスタジオ兼住宅

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

映画監督のアンナ・フーバーは森の中に約700平方フィートのスタジオ兼住宅となる建物を作ったのだそうですが、その材料がすべてフリーリサイクルの木材を使ったとってもエコな建物。

6本の支柱のみで出来るデザインを考え、最低限の建築費用だけで作り上げたとのこと。

その費用は1平方フィートあたり200ドル以下だそうです。

総費用は公表されていませんが、ほとんどは自分たちで作り上げたので、かなり安い予算で出来たみたいです。

リサイクルの木材なため材質も無骨な色合いですが、それもまたうまくデザインにマッチしてとってもクール!

Hoover Studio

また、この家をデザインした時のコンセプトは「座りながら外を眺め、インスピレーションが得られる」だ。

周りが森に囲まれ、自然を大きく見渡せる窓が付いているのはいつでもここで最高のアイデアを生み出すためなんですね。

雄大な自然力はクリエイティブワークをする人には必要だと感じます。

Hoover Studio Hoover Studio

ロフト部分にある寝室も一面窓に囲まれて、周りの自然がまるでインテリアのように感じれるとても素敵な寝室です。

外を含む建築物の構想は絶対必要ですよね。

このスタジオから一体どんなアイデアが生まれているのでしょうか。

とっても興味を惹かれるスタジオですね!

Via : dwell

Hoover Studio


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。 instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/