賃貸物件でも大丈夫!ディアウォール&ラブリコを使ったDIY14選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

賃貸物件だと、直接壁に釘やネジを打ち付けるのが難しいところ。また、持ち家でも、綺麗な壁に傷をつけるとなると少し抵抗がありますよね。

壁に傷をつけることなく、柱を作ることができるディアウォールラブリコという商品をご存知でしょうか?

via:https://www.wakaisangyo.co.jp

ホームセンターなどにもよく売られている一般的なサイズの木材「2×4」と一緒に使うことで、天井から床まで長い突っ張り棒を付けたようにできるものです。

ディアウォールやラブリコがあれば賃貸物件でも、壁に棚を取り付けたり、新しい壁を作ったりすることができちゃいます!

今回は、ぜひ活用してほしいディアウォールやラブリコのDIY事例を紹介していきます。

組み合わせ自由な壁面収納。

部屋の雰囲気に合わせてホワイトで統一された壁面収納。

右側には板を取りつけ、フックで好きな場所に物がかけられるようにしたDIY。

左側は洋服のクローゼットに上部に棚を取りつけることで、バッグや帽子といった小物の一緒に収納できます。

家具を買おうとすると予算がかさみますが、ディアウォールやラブリコを使えば予算も安く抑えることができるうえ、自分好みの部屋に仕上げることができますよ。

デッドスペースを収納スペースに。

カウンターキッチンの上の空いたスペース。

ちょっとした棚を置くわけにもいかず、デッドスペース化していたスペースも、ディアウォールを使えば素敵な収納スペースに大変身しちゃいます。

空いているスペースの上部にのみ棚を設置すれば、カウンターキッチンとしての役割もそのままで、デッドスペースだけうまく活用できます。

今回は、棚と支柱部分になっている木材には、色を塗ってあるDIY。キッチンの雰囲気に合わせて様々なカラーリングを楽しめるのも、ディアウォールDIYの素敵なところですね。

ディアウォールを使った学習スペース!

新一年生になる子どものために作ったというDIYがこちら。

ディアウォールや有孔ボードを使って作られた棚などがすべてホワイトで統一されていて、とてもおしゃれですよね。

カラーボックスを組み合わせることで、机の下に収納スペースを作ったDIY。ランドセルなどを収納するのにぴったりですよね。

小学生になりプリントを持って帰ってきたら、有孔ボードに張り付けておける利便性も。

ディアウォールを使って、大人の書斎机を作ってもかっこよさそうですね。

配色も可愛い!海が感じられる壁面収納

配色も素敵なディアウォールを使った壁面収納がこちら!

飾ってあるインテリアや部屋の雰囲気との相性もばっちりです。

海が感じられる家をテーマに作られているというインテリアは、本当に海の家みたい。

波の音が聞こえてきそうな素敵なカラーリングですね。

作り方は、ディアウォールを使って壁面に2×4の木材を取りつけます。

その後、2×4の木材に板を取りつけていくだけ。

塗装をしたい方は、板を取り付ける前に、自分好みの色に塗装しておきましょう。

部屋の雰囲気もがらりと変わる壁面収納に挑戦してみてもいいかもしれませんね。

テレビの壁掛け収納も傷をつけずに!

テレビを壁掛けにしてみたいと考えている人も多いのでは?

賃貸だから無理と考えている人でも、ディアウォールを使えば簡単にテレビを壁掛けにできるのです!

ディアウォールに2×4の木材をつけOSB合板を取りつけたら、あとは好きなように棚をつけたり、テレビをつけたりするだけです。

OSB合板は、細長い木片を圧着してつくられた合板で、見た目のかっこよさからも、DIYには人気のアイテムです。

OSB合板を組み合わせれば、インテリアもかっこよく飾ることができそうですね。

憧れのホームシアターを家に作ることも!

ディアウォールを使って、壁にホームシアターを作ったDIY。

大きなスクリーンもディアウォールがあれば、壁に傷をつけずに設置することができちゃいます。

DIYをした人は、このホームシアターを作ってから家ではずっと映画を見てしまうそうです。

でも、こんな素敵なホームシアターがあれば、その気持ちもわかりますよね。

黄色く塗られた壁と赤く塗られた2×4の木材の組み合わせが、素敵なDIYですね。

コンロ奥のデッドスペースを収納スペースに!

コンロ奥のスペースって、どのキッチンでもデッドスペースとなりうるちょっとした空間ですよね。

そんなデッドスペースも、ディアウォールを使えば簡単に実用的な棚ができあがります。

作り方は、コンロ奥のスペースにディアウォールと木材を組み合わせてつけるだけ。

板とフックも取りつければ、おたまなどを引っ掛けて収納できるスペースに早変わり!

コンロ周りで使うものがまとめられていて、一段と使い勝手のよいキッチンになりますよね。

2×4にはワックスを塗れば、自分の好きな色に加工できるうえ表面の保護にもつながります。

玄関には、お出かけグッズ用の棚DIY

玄関にどんどん物が増えて困っている方にぜひ真似してほしいのが、ディアウォールやラブリコを使った収納棚。

ネットや棚板なども組み合わせれば、使い勝手の良い収納スペースになること間違いなし。

このご家庭よりもシューズが多ければ棚の数を増やすなど、家庭ごとにあった収納を作ることもできちゃいます!

上の方に、棚スペースを作ってインテリアを飾ってもおしゃれですよね。

棚をつくりたいときは、棚受用の部材と木材を組み合わせてつくりましょう。

お客様が一番に目にする玄関は、ぜひディアウォールやラブリコを使ってきれいに収納しましょう!

自転車を飾るディスプレイスペースにも!

ディアウォールで作った棚に自転車を掛けるフックを付ければ、自転車がインテリアに早変わり!

自転車の収納場所がないとお困りの方にピッタリのDIYです。

実はこのDIY、木の板に自転車をかけるフックを付けただけの簡単DIY。

自転車の整備道具なども一緒に整頓されているので、この場所だけで自転車の整備もできそう。自転車好きにはたまらないDIYです。

ディアウォールならキャットタワーも簡単!

猫がのびのびと遊ぶことができると人気なキャットタワー。

購入することもできますが、ディアウォールを使えば自分で作ることも簡単なのです。

実はこのDIY、他にも猫が喜びそうな仕掛けがたくさん!

部屋中にぐるりとキャットタワーが作られています。

そのため、このDIYの作者が飼っている猫も、楽しそうに遊んでいるのだとか。

猫が好きそうな仕掛けをたくさん作って猫が満足しそうなキャットタワーを作ってあげましょう!

壁一面をつかった「見せる棚」も!

ディアウォールを使って壁一面に棚を作ったDIY。

レコードを飾るように見せていて、収納とインテリアを兼ね備えたおしゃれインテリアが出来上がっています。

このDIYを応用すれば、雑誌や本などの「見せる収納」を作ることも可能。

また、長身の棚をつくるときは、専用の中間ジョイントをつかうことで、木材を継ぎ足すことも可能です。

収納場所が少ない洗面所にもディアウォール!

洗面所は洗濯機が置いてあったり、タオルなどを置いたり、なにかと置くものが多い場所。

そんな洗面所でもディアウォールが大活躍します。

ディアウォールを使えば、洗面所上部のデッドスペースに棚を作って物を置くことが可能!

写真のように洗剤を置いてみたり、タオルをおしゃれに置いてみたりすると、棚もおしゃれに変身します。

写真の洗面所のように色合いを統一すると、おしゃれ度がよりアップしますよね。

壁をつくって、部屋の間切りも可能

ディアウォールを使えば、写真のように1つの部屋を間切りすることだって簡単にできちゃいます。

もちろん、壁などに傷を付けているわけではないので、原状復帰も簡単。

賃貸でも大掛かりなDIYが可能です。

使う材料は、ディアウォールと2×4の木材と板など。

天井から床まで2×4の木材をディアウォールで何本か取りつけ、その2×4の木材に板を取りつけていくだけで完成です。

自分で好きな位置に棚を取りつけることも可能です。

なかなか大規模なDIYを行いづらい賃貸でもディアウォールがあれば、自分好みのインテリアを作ることができますよね。

屋根付きのディアウォールの壁棚!

ディアウォールでつくった壁収納に、屋根をつけたなんともかわいいDIY。

屋根の色を1枚1枚の板で変えているのが、なんともかわいいですよね。

ディアウォールでつくった壁部分だから、アレンジ施工はし放題です!

お部屋の雰囲気にあわせて、ペイントをしたり棚をアレンジしたりしてみましょう。

1度きりでDIYを終わりにせず、そのときの気分でチェンジできるのも魅力的ですね。

まとめ

  • ・ディアウォール、ラブリコは2×4材と使う

ディアウォールもラブリコも、2×4材専用の商品です。2×4材は、ホームセンターなどにもよく売られている一般的なサイズの木材。部屋のサイズにあわせて木材の長さを選びましょう。

  • ・棚をつくりたいときは、棚受を使えば簡単

棚をプラスしたいときは、棚受用の部材を使って、そこに木材を取り付ければ完了。棚は、L字型の金具などを使って作ることも可能です。

  • ・有孔ボードや木材を使って、「掛ける」スペースに。

ディアウォールでたてた2本の木材の間には、有孔ボードや木材をつけることで、フックや物を直接かけるスペースに。壁には直接施工できなくても、ここには、自分の好きなものを直接かけることができますね。

  • ・長い収納棚をつくるときは、中間アジャスター

専用の中間ジョイントをつかうことで、木材を継ぎ足すことも可能です。天井から床までの壁一面の収納スペースも自分でつくれちゃいますね。

ディアウォールやラブリコを使えば、賃貸でも大規模なDIYをすることが可能なうえ、DIYの自由度も格段にアップします。

自分の家に合ったディアウォールの使い方をして、お部屋を素敵に変えていきましょう!

ディアウォールやラブリコのDIYをするときは、他記事も参考にしてみてくださいね。

きっとDIYのヒントや新しいアイディアが見つかるはずです!

ディアウォール収納棚『作り方と注意点』をわかりやすく解説!

ディアウォール&ラブリコは何が違うの?商品特徴やDIY実例まとめ

ディアウォールを使って「壁掛けTV&テレビラック」をDIYするポイントや実例

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント