【好きこそ物の上手なれ】仕事と遊びをシームレスにつなぐべき5つの理由

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

仕事と遊びはまったくの別物と捉えていませんか?

今、仕事と遊びをシームレスにつなぐことでプロフェッショナルな地位を確立している人もいます。

仕事と遊びをシームレスにつなぐべき理由をご紹介します。

シームレスとは?

シームレスとは「つなぎ目がない」という意味です。

複数のことを違和感なく同一として利用したりすることを指しています。

ここでは、仕事と遊びを分け隔てるのではなく、大枠として同一のものとして考えることでより良いメリットを探っていきたいと思います。

仕事と遊びをシームレスにするべき5つの理由

画像1photo:lifehacker

①スケジュール管理がしやすい

メリハリをつけたほうが良いという考えを持つ人もいるかもしれませんが、仕事や遊びがシームレスになることで、スケジュール管理がしやすくなります。

臨機応変に対応できる分、スケジュールが組みやすくなります。

スケジュールが全部遊びだったらワクワクしますね!

②相乗効果が絶大

仕事と遊び、それぞれに相乗効果が見込めます。

仕事と遊びをシームレスにするということは、その境界がないことになります。

なので、知らず知らずのうちに学びがあったり、リラックスできていたりと、無意識のなかで自分にとって良い効果を得ることができます。

また、自分では気付かない「伏線」がいつか繋がる時がくることが増えます。

③自分の好きな事に打ち込める

画像2Photo:menzine

仕事と遊びが一緒なら、好きな事に打ち込むことができますね。

好きな事に打ち込みながらお金を稼ぐことができるのは魅力的です。

また、時間を忘れて打ち込むこともできるので、自分の好きな事にどっぷり浸かることもできます。

好きなものは負けたくない!という気持ちがステップアップの道となるでしょう。

④自分らしさが見つかる

自分らしい仕事のスタイルを見つけることができます。

仕事と遊びをシームレスにしている人は決して多くはありませんが、その分、自分らしさを出すことができます。

自分らしい思考回路も見出せそうですね。

切り捨てる判断軸ができてくると、自分がやるべきことに集中し、一点突破することができます。

⑤良いアイデアが浮かぶ

仕事と遊びをシームレスにすることで、良いアイデアが浮かんだりすることも少なくありません。

遊んでいるときも仕事を忘れず、仕事をしているときも遊び心を忘れないというのは、それだけ自分の思考の幅が広がり新しいアイデアも次々と浮かんでくるはず。

街を移動している時でも、自分がフォーカスしている事象に関する情報がどんどん入ってきます。

赤い車が欲しい!と思った時に、急に赤い車が増えたように見えることってありませんか?

それが集中している状態です。

【まとめ】

画像3

Photo:phpfamily

これまで、自分の働くスタイルや、休息の取り方、休日の過ごし方に疑問のあった方や、なにか変えたいと思っている方はぜひ仕事と遊びをシームレスに捉えて、取り組んでみることが大切です。

まずは仕事に遊び心を持つことと、休息していたり、遊んでいるプライベートな時間でも仕事のことを完全に忘れてしまうのではなく、頭の片隅に残しておくことから始めていきましょう。

慣れてくるうちに、自然と仕事と遊びがシームレスになっていたということも多くあるはずです。

少しの意識で毎日がイキイキするかもしれないので、ぜひ、挑戦してみてください!!

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。 instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/