「有孔ボード×フック」で無限に広がる!魅せる収納術

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


有孔ボードとは?

有孔ボードとは、名前の通り小さな孔が規則正しく開いている薄い板です。ペグボードやパンチングボードとも呼ばれています。近年ではこの有孔ボードにカラーバリエーションが増えてきたこともあり、これを使ったDIYが人気になっています。本記事ではその魅力に迫っていこうと思います。

有孔ボードでDIYをするメリット

穴がきれいに並んで開いているため、ひっかけ収納ができます。壁に直接フックをつけると、壁を傷つけてしまいますし、綺麗な角度でつけられなかったり、凸凹になってしまったりしますよね。有孔ボードなら簡単に、美しく自由にフックをつけられるのが魅力です。フックをつけない箇所も、この孔が絶妙なデザイン性を持つので、飽きの来ないボードにすることが出来ます。

ホームセンターや100均で買える

有孔ボードは小さい物なら、100均ショップにも取り扱いがあり、大きい物はホームセンターやインテリアショップなどにて購入出来ます。もちろん通販でも買えます。名称は「穴あきボード」「有孔パネル」「パンチングボード」「ペグボード」などです。

賃貸DIYにおすすめ

 

View this post on Instagram

 

URA0404さん(@ura0404)がシェアした投稿


ものを引っかけたくても賃貸などで壁に穴を開けれない方は、有孔ボードを利用してみましょう!有孔ボードを壁一面に取り付けたい時便利なのが、ディアウォールやラブリコなどです。

上のインスタ画像の様に、2×4材と呼ばれる木材につけて、天井と床の間で突っ張らせて、柱を作ります。その柱に有孔ボードを打ち付けるだけです。これらはホームセンターで購入できます。

有孔ボードの使い方は?

フックを穴に差し込む

 

View this post on Instagram

 

marialifeさん(@marialife89)がシェアした投稿


ホームセンターには有孔ボード専用のフックが沢山売られています。大小様々なので、好みのもの、用途に合うものをチョイスし、上のインスタ画像に様に孔に差し込みます。

好きなものをひっかける

フックを引っ掛けたら、アクセサリー、小物から、バッグ、帽子、洋服、本、キッチングッズなど、様々なものが引っ掛けられます。また、この引っ掛けを利用して小さな棚を作ることも可能です。詳しくは後半にて紹介します。

他にも、生活用品の収納だけではなく、メッセージボードやナンバープレート、写真などで自分なりにデザインボードを作ることも可能です。


上の画像は、収納ではなく完全にデザインボードとして有効ボードが使われていますね。

布やネットを画鋲で固定して、本当に好きなものだけを自分のセンスで付けてオシャレな壁にしています。こんなデザインボードとしての一面も持つ有効ボードはかなり万能アイテムと言えるでしょう。

おすすめのフックは?

色々なサイズや形がある

View this post on Instagram

 

体験型DIYショップtukuribaさん(@tukuriba)がシェアした投稿


上のインスタ画像では様々な有孔ボード用フックを紹介しています。比較するにはとても分かりやすいのでこちらの方の画像をもとに説明していきます。

U型フック
インスタ画像の一番左上と、左下から二番目にある、ボードから出ている部分が綺麗にU字カーブに曲がっているのがU型フックです。オーソドックスな形として知られています。様々なものを引っかけられて見た目もスマートに収まります。

T型フック(バーフック)
画像の左上から2、3段目と一番下、右の一番上にもある、ボードから垂直に伸びているのがT型フックです。バー型とも呼ばれています。こちらもオーソドックスな形です。バー型なので、ある程度の長さを選ぶと小物だけではなくバックや洋服も引っ掛けられます。あまりにも長すぎるものはボードに負荷がかかるので注意が必要です。

L型フック
画像にはありませんが、U字型と似た、L字型なんてものもあります。この流れで想像できる様に、ボードから出る部分がL字になっているものです。これもU字フックと用途は似ています。定番の形です。

ワイドフック
画像の真ん中に位置する、横長の幅広いフックが3つ縦にあるのがワイドフックと呼ばれるものです。本来は本やメモなど薄いものを上から置くためのフックです。しかし実際にはこの用途を飛び越えて、さらに小さなS字フックをぶら下げたり、ペーパーロールなど輪っか状の物をこのフックに通したり、曲げて変形させて様々なものを置いたりと、DIYにおいてその用途は多岐に渡ります。

リングフック
画像の左下に二つある、輪っかの形をしたものがリングフックです。本来の用途としては、ブラシやドライヤー、スプレー、小鉢など頭でっかちなものをこれに通すと、途中でこの輪っか部分に引っかかり、固定されます。ですがこれもワイドフック同様、その使用目的によって他にも色々な工夫が出来ます。

この他にも多種多様な形のフックがホームセンターには売られています。それぞれ用途別になっていますが、DIYの材料として見るとまた別の可能性が沢山ある様に思えますね。

フックが手に入らない時はこれ!


上のインスタ画像はダイソーで売っているワイヤーフックです。

有孔ボード専用のフックはホームセンターなどで売っていますが、結構値段が高いみたいです。安上がりにしたい、近くにホームセンターが無く専用フックが手に入らないという方には、100均などで売っているカーテンレールやS字、ワイヤーフックを変形させるなどして使うと安上がりにもなるのでオススメです。

実際に様々な形のフックを駆使した有孔ボードを作った方がいるのでそのアイテムを紹介します。

 

View this post on Instagram

 

うんちゃんさん(@yuncha55)がシェアした投稿


この方はオール100均グッズで作っています。お見事です。有孔ボードに引っ掛ける様の小棚やリングフックを、100均のワイヤーフックやホースクランプで代用していますね。見た目も統一感が出ていて素敵です。

有孔ボードの活用アイデアは?

キッチン

 

View this post on Instagram

 

それらしく出来た 左側が重くなってちょっと傾いてる #DIY#キッチン#有孔ボード#キッチン収納#有孔ボードdiy

服部慎也さん(@htrsny96)がシェアした投稿 –


こちらはキッチンに有孔ボードを使った棚を設置しています。フックで引っ掛ける以外にも、ワイドフックにペーパーを通して固定させたり、市販の固定用金具と小さな木材で棚を作ったりすることが出來るので、それぞれの用途によってアレンジできるのが有孔ボードの魅力ですね。

玄関


こちらのアイデアは玄関先に有孔ボードを利用し、専用のフックやフック棚で靴磨きグッズ一式や靴ベラ、スリッパを収納しています。

有孔ボードは沢山の孔を利用して収納したいものをどんどん引っかけられるので、ゴチャつきがちな玄関でもスペースを取らず沢山のものを収納出来ます。見た目もスマートでオシャレですよね。

小物置きにもできる

 

View this post on Instagram

 

moko_Kさん(@moko_kuro)がシェアした投稿


こちらの様に小物を収納する小物置きとしても有孔ボードは使えます。薄い底板と固定用金具を揃えれば好みの高さに、好みの段数で作ることができるのが有孔ボードならではですね!孔はデザインとして見てもキュートな印象を受けますよね。

光 パンチングボード 白 約600×900mm PGBD609-2

光 パンチングボード 白 約600×900mm PGBD609-2

2,268円(07/18 15:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

利便性とデザイン性を兼ね備える有孔ボード

以上に紹介した様に有孔ボードは様々なものを引っ掛けたり上から乗せたりして収納が出来、自由自在にオシャレにアレンジすることも出来ると言えます。自分の乗せたいもの、引っ掛けたいもの、そしてその場所でさえも、全部選べるのは有孔ボード特有の性質と言えるでしょう。DIYにはもってこいのアイテムですね。

毎日の生活を便利にオシャレに、自分だけの有孔ボードをDIYしてみてくださいね!

有孔ボードを活かしたインテリアの紹介記事

有孔ボードを使った簡単DIY事例!インテリアを彩る16個のテクニック

すぐに増やせる壁収納!有孔ボードを活用したDIYアイデア5選

光 パンチングボード 黒 約600×900mm PGBD609-1

光 パンチングボード 黒 約600×900mm PGBD609-1

2,268円(07/18 16:23時点)
Amazonの情報を掲載しています
HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント