アウトドアにはマストアイテム!パラコードDIY7選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

最近人気が高まってきている「パラコード」。

パラコードとは、「パラシュートコード」の略で、その名前からもわかるように、元々はパラシュート用のコードとして使われていたものです。

パラシュートに使われていたコードのため、強度は抜群。

色合いも可愛くデザイン性も抜群なので、実用性とデザイン性を兼ね備えていると人気が高まっています。

最近では、そんなパラコードをブレスレットなどのアクセサリーに使う人が増えつつあります。

強度と幅広い活用性がパラコードの魅力

パラコードは、パラシュート用に使われていたコードで、軽く強度が高いのが特徴です。

また水にも強いため、アウトドアシーンでよく使われる紐です。

色や柄の種類も多く、キーホルダーやブレスレットなどアクセサリー用品として目にすることも多いのではないでしょうか。

しかし、パラコードの魅力は、その見た目だけではなく実用性の高さです。

アクセサリー用に使われるパラコードの多くは、太さが約4mm。

550パラコードとも呼ばれ、約250kg(550ポンド)の重さにまで耐えることができます。

via:https://www.amazon.co.jp

パラコードは、7本の糸で構成されており、更にそれらはそれぞれ3本のより糸からできています。

アウトドアシーンでは、アクセサリーだけでなく、テントを張るときや洗濯物を干すときなどに使われ、さらにコードから糸を取り出し使われることもあります。

糸は、魚釣り用の糸やテントの修理用の糸、裁縫用の糸として使うことができます。

編まれたパラコードを持ち歩いていれば、いざという時にほどいて紐や糸の代わりにすることも、火おこしの材料にすることもできるのです。

登山靴の紐がほどけてしまったときも、パラコードが活躍します。

パラコードは、7本の糸で構成されているので、太さを調整することができます。

もし登山靴の紐がきれてしまったときは、自分の靴にあわせてパラコードの太さを調整して靴紐として活用しましょう。

アウトドアシーンでは、思いがけないハプニングが起こってしまうことがあります。

普段はおしゃれにアクセサリーとして身につけ、なにかあったときに活用できるパラコードは、アウトドアの強い味方です。

また登山やキャンプには行かないという人にとっても、防災の観点からパラコードを身に着けておくのがオススメです。

いざ何か起こってしまったときに、パラコードが活躍するときがあるかもしれません。

可愛く身につけられるアクセサリーが、紐として、糸として、活用できるのは心強いですよね。

防災グッズにもなるアクセサリー「パラコード」。

ぜひDIYしたパラコードを普段から身につけておきましょう!

パラコードのおしゃれなDIYを7個ピックアップしたので、チェックしてみてくださいね。

黒と白の配色がカッコいいブレスレット

黒と白の配色がカッコいいブレスレットがこちら。

アウトドアの時だけでなく、普段のファッションにも合いそうですよね。

このブレスレットは、パラコードの編み方の中でも最も基本的な編み方といわれている「コブラステッチ(ソロモンステッチ)」で編まれています。

初めてパラコードを編むときは、コブラステッチから始めてみるのがおすすめです。

出来上がった編み目がコブラのように見えることから、このような名前になっているそう。

コブラステッチを初めて編む際は、2色の糸を1本ずつ用意して編むといいでしょう。

というのも、コブラステッチを編む際には、上になる糸の色を決めておくと、その色が常に上にくるように編むことができるため。

そのため、慣れるまでは2色で編み、自分の決めた色が常に上に来るように意識して編むといいでしょう。

男性でも女性でもOK!カラフルなブレスレット

配色が素敵なカラフルなブレスレット!男性でも女性でもどちらでも使えそうなカラーリングですよね。

このブレスレットは、「スネークノット」という編み方で作られています。

スネークノットとは、パラコードの基本的な編み方。編んだ形が「ヘビ」のように見えたことから、この名前が付けられているとか。

2本を使って編む簡単な編み方でありながら、様々な応用もできる、使い勝手の良い編み方です。

2本の色を変えても、この写真のように同じ色のパラコードを2本使用して編むのもOK。

ただし、違う色のパラコードを2本使って編む場合は、初めに2色のパラコードの先端をライターなどで溶かし、先端同士を付けておく必要があります。

先端同士を接着した場合は、その接着部分を隠すように初めに接着部分をずらして編み始めなければなりません。

2色のパラコードで編んだ場合は、表と裏でカラーリングのパターンが変わってきます。

カラーパターンを楽しむならば、2色で編んでみるのもおすすめです。

丈夫なパラコードなら、犬の首輪にもピッタリ!

パラコードの魅力の1つは、なんといってもその丈夫さ。

そんな丈夫さを生かしたDIYが犬用の首輪です。

犬と私たちをしっかりとつないでくれる首輪は、丈夫でなければ意味がありません。

その点、丈夫なパラコードならピッタリ!首輪としての役割もしっかりと果たしてくれます。

リードもパラコードで作られていて、とてもおしゃれです。

パラコードで作る首輪ならば、自分の好きな色のパラコードを組み合わせて作ることも可能。

写真のように渋い色を組み合わせて落ち着いた色合いにしても、派手な色を組み合わせて目立つ首輪を作るのもOKです。

首輪と飼い主のブレスレットをお揃いにしても、素敵ですよね。

首輪をDIYする際に欠かせないのが、「リリースバックル」。

リリースバックルを1つとパラコードを用意すれば、あとはパラコードを編んでいくだけ。

編み方は、シンプルな平編みなどでもOK。

パラコードの編み方はいろいろな種類があるので、様々な編み方をしてみてもいいでしょう。

幅広く編めば、丈夫なベルトだって簡単!

ベルトのバックルからパラコードを編み始めれば、こんなカッコいいベルトだって作れます!

パラコードは丈夫なので、穴が開く心配もベルトの形が崩れる心配もなし。

長い期間使うことができるベルトの完成です。

ベルトのように幅の広いものを編むときにピッタリなのが、コブラステッチを発展させた「ツインコブラ」ともいわれる編み方。

コブラステッチが2つ並んでいるように見えることから、このような呼び名で呼ぶ人もいるようです。

表側の編み目にのみ、中央にクロスの編み目が出ることが特徴で、裏にはクロスした編み目はできません。

コブラステッチを発展させた編み方は、他にもいろいろとあります。

基本のコブラステッチをマスターしたら、様々なコブラステッチを試してみるのもおすすめです。

長さを調整して編めばストラップにもなる!

慣れてきたら挑戦したいのが、カメラストラップ。

長めに編まないといけないけれど、パラコードの強度の高さが活かされた活用方法です。

カメラストラップとしてだけでなく、携帯やキーストラップとしても使えます。

パラコードは、ナイロン製なので、編み終わりの末端処理は、ライターなどで炙って溶かしてくっつけるという方法がよく用いられます。

パラコードの長さが足りないときも同様。

2本のパラコードの端を炙って溶かし、アツイうちにくっつけて、長さを伸ばしていきます。

冷えて固まると、しっかりと溶接されるので、そう簡単にとれることはありません。

パラコードの編み方を工夫すれば、可愛いピアスも簡単!

パラコードは、パラシュートで使われている紐。

そのため、どちらかというと、カッコいいイメージが強いものですよね。

ですが、そんなパラコードでも編み方を工夫すれば、可愛い花のモチーフだってできてしまうんです。

パラコードで作った花をピアスに付け、パラコードの先にパンダを付ければ、女子にピッタリのピアスが完成!女の子っぽい小物が出来上がりました。

パラコードの編み方には、花を編む方法の他にも、モンキー結びと呼ばれるパラコードを丸く結ぶ方法やランヤードノットなど、パラコードを編むのではなく結ぶ方法もあります。

いつでも使いたいときに使いやすいパラコードキーホルダー

パラコードを使いたいときに使いやすいパラコードキーホルダー。

リュックに付けても、車のカギに付けてもOKですよね。

このパラコードの結び方が「モンキー結び(モンキーフィストノット)」です。

丸くなっている形がぎゅっとこぶしを握り締めたサルのこぶしのように見えることから、このような名前が付けられました。

飾り結びとして使われることも、重しとして使われることもあり、モンキー結びをしてからコブラステッチをすることもあるようです。

もちろん、写真のように先を編まずにシンプルにしてもOK。

パラコードの編み方は様々。自分の好みの編み方をしましょう。

まとめ

  • ・ブレスレットやキーホルダー

定番のブレスレットや持ち歩くのにも便利なキーホルダー。普段から持ち歩いておけば、いざなにかあったときに、使うこともできますよ!

  • ・丈夫さを活かして、首輪やベルトに

パラシュート用のコードなので、丈夫さはお墨付き。首輪やベルトなど、簡単に切れてほしくないものにもパラコードが向いています。

  • ・長めだけど挑戦したいカメラストラップ

強度の高いパラコードは、ストラップとして活用するのもオススメ。カメラだけではなく、携帯や鍵のストラップとして活躍します。長さが足りないときは、溶接してコードをつなぎ合わせましょう。

  • ・他の人と差をつけるピアス

普段身につける小物に可愛くアレンジしてみましょう。パラコードのもつアウトドア感のおかげで、可愛くなりすぎないのがいいところ。他の人と差がつくピアスはおすすめです!

パラコードは、アウトドアに持っていけば、様々なことに役に立つ、あるととても便利なギア。

そんなパラコードはまとめずに持ち歩こうとすると、かさばるうえコブができてしまいます。

そのため、持ち歩くには、できる限り編んで持ち歩くのが最適です。

パラコードには、ここでは紹介できなかった編み方が数多くあります。

自分の好きな編み方を見つけて、パラコードDIYを楽しみましょう!

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント