塗装DIY講座!プロから学ぶペイントの基本

坂下佳奈
坂下 佳奈 

DIYの基本ともいえる「壁塗り」。

壁にペンキを塗るだけの簡単な作業ともいえますが、いざ塗るとなるとどこから手をつければいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。

今回は、壁塗りの色の選び方から実際の作業手順まで、実際に行われた壁塗りワークショップをもとにご紹介!

1人だと分からないことも、講師に教えてもらいながら一緒に作業をすると自信がつきますよね。

この壁塗りワークショップが行われたのは、長野県木曽町のコワーキングスペース・ふらっと木曽

ワークショップには、こどもから大人まで幅広い年齢層が参加されていました。

さあ、こどもも大人もみんなで楽しくDIYしましょう!

「ペイント」と「壁紙」どっちがいい?それぞれの特徴

壁の雰囲気をかえたいとき、選択肢としてあがるのが「ペイント」と「壁紙貼り」。

DIYをするからには、お部屋の雰囲気によりあったものを選びたいですよね。

また作業のしやすさなども気になるところ。それぞれの特徴をみていきましょう。

ペイントの特徴

素材感をだすことができる

選ぶペンキによっても違ってきますが、壁紙のようにツルッとした質感になりにくく素材感がでます。

素材感をだすことができるので、古民家などのDIYにはもってこいです。

すこし古めかしい雰囲気をだしたいときにもオススメです。

グラデーションなど自由自在

ペイントを塗るときに、自由に色みを変えてみたり、グラデーションにしたりすることができます。

簡単にできる

ペイントは壁紙貼りよりは、比較的に簡単にできます。

また、巻いてある状態で届くとはいえ、壁紙は保管するのに場所をとってしまいます。

壁紙(クロス)の特徴

洗練された仕上がりになる

壁紙であれば、均一な仕上がりを目指すことができ、洗練された仕上がりになります。

つるっとしたフローリングなどには、壁紙の方が合いやすいといえます。

柄の壁も多く、楽しみ方が豊富

ペンキで柄の壁をするとなると、技術が必要にもなってきますが、壁紙なら簡単に実現できます。

また壁紙はそのデザインも豊富で、自分の好みにあわせて選べるのも魅力のひとつです。

賃貸物件でも大丈夫

はがせるタイプの壁紙シールを使えば、あとで復元が可能になります。

現状復帰が必要な賃貸物件のDIYには、向いているといえます。

もし賃貸物件でペイントをしたい場合は、はがせるタイプの壁紙シールを貼って、その上からペイントしていきましょう。

ペンキの色の選び方

色を選ぶときに気をつけてほしい「面積効果」

面積効果とは、小さな面積でみたときの色よりも、大きな面積でみた色のほうが、その色が持っている特性が強めにでることをいいます。

壁全体に色を塗ると、色の特性が強くでてくるので、ペンキの色を選ぶときは、気持ちマイルドな色を選びましょう。

照明の色みや光の入り方

照明の色みや外からの光の入り方などによっても、壁色の見え方が変わってきます。

白っぽい色の照明なのか、温かみのある照明なのかを確認して、色の最終的な見え方を考えてみましょう。

それでも、塗ってみるまでは最終の仕上がりがわからないのも正直なところ。

一度色をぬってみて、違うなと思ったときは、ペンキの色を調整して二度塗りしていきましょう。

ペイントに必要な道具

壁塗りをするときに、必要になるものって何でしょう。

今回のワークショップで使ったペイント道具4点をみていきましょう。

ハケ

壁の角など細かい部分を塗っていくときに活躍する刷毛。

ローラー

壁全体に塗っていくときは、ローラーを使ってまんべんなく塗っていきます。

様々な大きさのローラーがあるので、使用場所によって選んでみましょう。

バケツ

塗るときのペンキを入れるバケツなどを用意しましょう。

特にバケツにこだわることはなく、使えそうな器などで代用することも可能です。

今回のワークショップでは、使い捨てのバケツを使用しました。

ペンキ

ペンキの種類には、油性と水性があります。

一般的に油性のほうが、耐久性があり雨水にも強いといえます。

ただし、水性ペンキも、乾けば簡単には剥がれないので、トイレなどでも使用できます。

水性ペンキは匂いも少ないので、お部屋で使用するときは基本「水性」がオススメ。

今回のDIYワークショップでも、水性のペンキを使用しました。

ペイント前に注意すること

 

古い壁紙は剥がした方がいい!?

お家のDIYであれば、古い壁紙は剥がさなくても大丈夫でしょう。

プロの人たちは、壁紙を一度剥がして作業を行いますが、剥がすだけでもかなりの重労働になります。

また、きれいな仕上がりにするため、剥がしたあとは段差をなくすためのパテ作業なども必要になってきます。

ペイントできるか事前にチェックしてはじめよう

ペイントする場所の材質によっては、ペンキをはじくいてしまうときもあります。

全体に塗る前に、少し塗って確認してみるようにしましょう。

万が一はじく場合は、古い壁紙をはずしてからDIYしていきます。

そのときは、壁紙を剥がして、段差ができてしまった部分にパテを塗って、段差をなくしていきましょう。

暖房をいれているときは注意!

お部屋の室温が高すぎると、ペンキが固まるのが早くなるので注意しましょう。

乾かすときは、お部屋を暖かくしても大丈夫です。

冬場で暖房をいれているときなどは、一度暖房を切るなど注意して作業しましょう。

ペイント前の準備

ペイント前の準備としては、塗りたくない部分を保護することがあげられます。

きれいに仕上げるためにも、前段階は大切な工程のひとつです。

ペイントに使う道具とは別で、準備段階に必要になってくる3つの道具を紹介します。

1.マスカー

養生テープとシートがくっついたもので、これを貼れば広範囲をカバーすることができます。

シートの長さは選べるので、場所にあったサイズのものを選びましょう。

基本的に、マスカ−は必ずするようにしましょう。

2.マスキングテープ

天井部分などは、シートのついてない通常のマスキングテープのみを貼っておくだけでOK。

3.コーキング


養生テープやマスキングテープと壁紙の間を埋めるもの。

固まるとゴムのようになります。

厚塗りをすると、逆にペイントが剥がれる原因になってしまうので、間を埋めたあと薄く伸ばしましょう。

【準備の手順】

コンセントやスイッチ、床や壁などの「塗りたくない部分」をマスカ−やマスキングテープを使って、保護していきます。

その後、マスカーやテープと壁のすきまをコーキングを使って埋めていきます。

一度塗ったあと、指でうすく伸ばしていきましょう。

薄く伸ばしておくことで、仕上りもきれいになります。

また壁紙に汚れがあるときは、しっかりとっておきましょう。

汚れは、ペイントが剥がれてしまう原因にもなってしまいます。

手順1:ハケで端からペンキを塗る

まずは、壁の端・角からペンキを塗っていきます。

前準備で貼ったテープに少しかぶるくらいで、塗っていきましょう。

たくさんペンキをつけすぎないように、ハケの先にペンキをつけてから、バケツの端でペンキを落として塗っていきます。

手順2:ローラーで全体にペンキを塗る

ローラーをバケツにいれて、くるくるしながらペンキを全体につけます。

横側にもペンキをつけておきましょう。

ローラーにペンキがついたら、全体に色を塗っていきましょう。

勢いが余って塗るはずでなかった場所に色をつけないように注意しましょう。

養生シートを使ってない部分は、特に注意しておこないます。

手順3:二度塗り

一度塗りから5−10分ほどしたら二度塗りにはいって大丈夫です。

ヒビや切れ目の部分にペンキを少し多めにおいてから、全体に塗っていくようにします。

全体の色みが均一になるようにバランスをいて塗っていきましょう。

特に、境目などがでて気になる部分には、塗料をおしていく感じでペイントしていってください。

手順4:養生テープやマスカーを取る

ペンキが乾ききる前に、準備段階でつけた養生テープやマスカ−を取っていきます。

ゆっくりと引っ張りながらテープは取っていき、取れにくいところは無理に引っ張らず、つながっている部分をカッターで切っていきましょう。

無理に引っ張ると、ペイントした部分も一緒に剥がれてしまうこともあります。

ペンキは、季節にもよりますが、2〜3時間程度で乾くので、それまでは触らないように気をつけましょう。

覚えておくと便利!ペイント裏技2つ

あると便利!サランラップ

サランラップが、壁塗りでは意外と使えるDIY道具になります。

使ったあとのハケを一時的に置いておくときにラップでくるんだり、ペンキを少し置いておくときの蓋代わりにしたりすることができます。

ぜひ壁塗りのDIYのときは、活用してみてください。

缶のフチを保護しておくためにテープを貼る


缶からペンキをだすとき、蓋まわりを汚さないようにするためにテープをしておくと便利。

余ったペンキを保管するとき、蓋まわりが汚れているとしっかり封をすることができません。

事前にフチを汚さずに、ペンキの出し入れができるように工夫しておきましょう。

DIY講座「壁塗り」まとめ

今回は、長野県木曽町にあるコワーキングスペース・ふらっと木曽で行われた壁塗りワークショップをもとに、コツや手順などについてご紹介しました。

講師は、京都で不動産業を営みながら、自分で賃貸物件のDIYも行うこっすんこと、小杉亜李羽さん。

ぜひこちらのインタビュー記事もチェックしてみてくださいね。

「住みたいところに住んだらええやん」 DIYで、”住まい”の間口を広げる。【こっすんインタビュー】 

今回のワークショップは、DIYをしたことがある人でも、「なるほど!」と思う部分が多々。

ちょっとした工夫が、DIYライフをより楽しくしてくれそうですね。

また一度もDIYをしたことがない方も、実践を通して自信をつけることができたようでした。

手順とコツさえわかれば、案外簡単にできてしまうものですよ。

まずは実践あるのみ。みなさんもぜひお家でDIYにチャレンジしてみてくださいね!

坂下佳奈

WRITTEN BY

坂下 佳奈

富山県出身。長野県木曽町にて、古民家をDIYをしながら暮らす。空き家活用に興味を持ち、DIY合宿を和歌山県有田川町にて共同主催(1泊2日延べ40人以上が参加)。リノベーションスクール和歌山に参加。DIY物件を見に行くのが趣味。

instagram facebook


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント