足場板古材を使ったDIY!真似してみたいセンスが光る秀逸アイデア

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


気に入った脚を選ぶだけ!テーブルDIYは以外と簡単

Source: https://ameblo.jp/charizo1414/entry-11431621734.html

アイアンの足と足場板古材の組み合わせは、テーブルDIYの定番といえる名コンビ。

新品のテーブルと違って、古材なら多少汚れがついても気になりにくいのも利点です。

4枚の足場板古材を2×4材でつないで、アイアンのテーブル脚をねじ止めしてあります。

キッチン周りはほとんど自分でDIYしているそうです。

Source: http://dichotomic.jp/?mode=f6

ねじ止め不要のテーブル脚もあります。

天板さえ用意すれば、あとは挟み込んで脚を固定するだけ。

同じサイズに切り揃えた足場材を、両端からさらに角材で固定して、反りが少なくなるような工夫の施された天板は、アイアンの脚に合うよう塗装されています。

カフェのようなオシャレなミニテーブルの出来上がりです。

これくらいのサイズなら、天板を気分に合わせて替えることもできますね。

足場板古材を使った無骨なローテーブルで男前インテリア

Source: http://blog.livedoor.jp/tsukamoku01/archives/50887568.html

足場板古材とアイアンの丸脚を組み合わせたローテーブル。

汚れと敬遠される塗料もヴィンテージ感を増すアクセントになっています。あえて上から塗装を施さず、足場板古材とアイアンの丸脚の風合いを活かした仕上がりのローテーブルです。

同じく、アイアン脚を使っている古材テーブルをDIY!具体的な作り方を「写真付き」で徹底解説も参考にしてみてください。


source:https://www.pinterest.jp/pin/354025220698739562/

足場板古材を箱型に組み上げて、キャスターを付けたローテーブルは、足場板の幅をそのまま高さに利用して、長さだけを切り揃えて組み上げています。

手間がかからず手軽にできそうなDIYアイデアの1つです。

ただし、キャスターをつけるときには対荷重に要注意です。足場板の重さも考慮した上で、使用目的にあわせてキャスターを選びましょう。

また、床とタイヤの素材との相性にも気を配りましょう。カーペットにはナイロン製のキャスター、フローリングにはウレタン製のキャスターがオススメです。

椅子やベンチはインテリアとしても使い勝手が良い

座面に足場材古材を使った角椅子は、なんだか学校を思い出させます。

椅子としてはもちろんですが、台としても活躍できる便利なアイテム。

植物を飾ったり好きなオブジェクトを載せたり、ベッドのサイドテーブルにもぴったりです。

Source:https://www.pinterest.jp/pin/561753753503610993/

座面の下が収納になったベンチも便利。

足場板古材の長さを最大限に利用したベンチは、スキー板などしまう場所に悩むものでも入りそう。なかなか確保できない収納スペースをDIYできる一石二鳥のアイディア。

蓋が開きすぎないように押さえているのは、金具で止めた麻ひものようなもの。長さも調節でき取り付けも簡単です。

足場板古材に足をつけただけの簡易なベンチですが、施したペイントがアクセントになり、ワイルドさよりもおしゃれな雰囲気を増しています。

手書きに自信がない人は、レタリングシートやステンシルを利用するのがおすすめ。ヴィンテージ感のあるロゴを書くことができますよ。

ステンシルは文字やイラストを書き込みたいときにオススメのDIY方法。ステンシルシートってなに?作り方からアイデアまで徹底紹介!を参考にしてみてください。

何を並べるか楽しくなる個性的なシェルフ

Source:https://www.pinterest.jp/pin/313563192785672350/

サイズや形の違う色々な大きさのボックスに区切られた収納棚。

入れるものに合わせて仕切ってもよいですし、棚に合わせて入れるものを決めても面白そうですね。

足場板のヴィンテージ感がうまく引き出された個性的な棚は、入れたものの個性も引き出してくれるようです。

Source:https://www.pinterest.jp/pin/253609022737076639/

玄関ホールの収納棚は、コートハンガーやシューズ入れとして大活躍。

腰をかけて靴を脱ぎ履きするときにも便利です。

上部の棚には出かけるときにあると便利なものを収納できます。

傘や帽子はもちろんですが、出先で読む本がすぐ手に取れるのもいいですね。

床や壁も大胆にDIY!一部分だけのアクセントにもなる

Source:https://www.pinterest.jp/pin/103793966392604397/

壁一面を足場板古材で統一したインテリア。

もともとの白い内装のアクセントをなっています。

店舗の壁のようでエントランスから店内へ続く通路は、反対側がガラス張りで店内を見ながら進むデザイン。

光が入るスペースなので一面が足場板古材の壁も、印象が重たくありません。

玄関の土間部分の壁を足場板古材で覆ってあります。

左に見える部屋も足場板古材の床のよう。

天井の梁との相性も抜群の壁は、やはり白い壁とのコントラストが合うようです。

天井から吊るしたライトは壁よりの低い位置に置くことで、あえて視界に入るようにしてあります。

杉の足場板を使ってヘリンボーン柄を作った床DIY。

きれいに足場板を組み合わせていて、古材の雰囲気がかっこいい床に仕上がっています。

ヘリンボーン柄は、床に限らず人気の高い柄の1つです。床サイズにあわせて、45度にカットする部分を確認しておけばDIYできますよ。

アートな存在感を持つ足場板古材のインテリア

Source:https://www.pinterest.jp/pin/354236326925784915/

オブジェを乗せるための飾り棚。

足場板古材をカットして棚を取り付けただけのシンプルなデザインですが、存在感はそれ自体がアートのようです。塗装や金具なども古材そのままに活かしてあるのがポイント。

デコラティブなものよりも、シンプルなデザインのオブジェが合いそうですね。

足場板古材でDIYした後に出る端材も、フレームに使えば立派なインテリアに早変わり。

端材を組み合わせて、後ろからアクリル板を固定するだけで作れます。

お気に入りの写真やポストカードのほかに、ドライフラワーやレースといった立体物も飾るのもおすすめです。ドライフラワーが手元にない方は、部屋がぐっとおしゃれになる!DIYドライフラワーのつくりかたを参考にDIYしてみてもいいでしょう。

ポイント:足場板古材のDIYは手間をかけずに取り入れる

足場版古材をDIYに取り入れるポイントは、あまり手間をかけないこと。

シンプルなデザインの方が、素材の持つ良さが引き立ちます。

例えば、市販のカラーボックスに組み合わせるだけでも、ローボードやワークデスクに早変わり。

レンガやブロックを使えば、工具を使わずに収納棚だって作れます。

DIYなら好みのサイズに合わせられるのもメリットです。

家具を買う前に、足場版古材を使ったDIYも一度検討してみてください。

きっと素敵なインテリアが実現できます。

足場板DIY動画の参考はこちら!

前のページへ
1 2
HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント