ロンドンを最高の場所から眺める、”21世紀ノアの方舟”ホテル

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

現代版ノアの方舟?

ロンドンの中心地に突如現れた、”21世紀のノアの方舟”

現代の”ノアの方舟”は都会のど真ん中に停泊したようです。

クイーンエリザベスホールの上に半分落ちそうな不安定な状態で、船首はサウスバンクのウォータールーステーションへ向かう歩行者通路に突き出しています。

下からじっくりと見てみると、本当に一晩過ごすのに安全なのか?と思ってしまいます。

もちろん、神様がここに置いたわけでもなく、洪水がロンドンを襲ったわけでもなく、本当のノアの方舟でもありません。

ですが、ファンタジーの世界からやってきたような建物です。

article-2403217-1B7F6064000005DC-558_306x423pic:Chris Leadbeater

船の窓から眺めた東西の景色は、テムズ川をすべて見渡せます。

article-2403217-1B7F614F000005DC-823_634x454 pic:Chris Leadbeater

「航海」がテーマの近代建築プロモーション

航海がテーマのとても目を引く建物を最高の場所に、A Room For LondonをLiving Architectureが設置しました。

この建物のミッションは、「世界クラスの近代建築のプロモーションと楽しみ」だとLiving Architectureは言っています。

航海がテーマの建物は窓の設計によって強調されています。

article-2403217-1B7F62C4000005DC-516_634x456pic:Chris Leadbeater

ロンドンに拠点を置く、建築家David Kohn氏と、英国のアーティストFiona Banner氏(2002年ターナー賞最終選考者)によって、クーイーンエリザベスホールの屋根の上に設置されました。

ロンドンオリンピックとエリザベス女王のゴールデンジュビリーの祝典のシンボルとして設置され、2012年の終わりに取り除かれると思われていました。

しかし、この建物の人気は強く、今年末まで延期されることになりました。

すべてが船の形をしており、アッパーデッキはテムズ川の景色を何にも遮られることなく望めます。

article-2403217-1B7F614F000005DC-823_634x454pic:Chris Leadbeaterarticle-2403217-1B7F60AC000005DC-726_306x423pic:Chris Leadbeater

大人気!滞在する為には2ヶ月おきの抽選

何かとても特別で、中に入ることが出来ないように思えますがそんなことはありません。

A Room For Londonはとっても人気があると証明されています。

滞在希望の場合は、2ヶ月おきに行われる公開投票に申し込みをして抽選で決まります。

この、一泊の滞在の競争はものすごく厳しい競争率だそうです。

一度泊まってみたい…

この1年半の間で部屋に泊まった有名人は、ミュージシャンのDavid ByrneとJarvis Cocker、受賞作家Jeanette Wintersonなど。

部屋の大部分は大きなダブルベッドが設置されています。

article-2403217-1B7F5FD2000005DC-60_634x485pic:Chris Leadbeater

飾り気のない強く健やかなインテリア

内部のインテリアの最初のイメージは、質実剛健。

独立シャワーとトイレ、シンク、冷蔵庫、電子レンジ付きのキッチンエリアがあります。

この部屋の最大のセールスポイントでもある大きな窓からの眺めが、キッチンとベッドルームの仕切りを超えて目の前に広がります。

ちなみに、宿泊料金は一泊、£300(約¥55,000-)

部屋の上部はメタルの風車のようなデザイン。

article-2403217-1B7F5F6B000005DC-483_306x423pic:Chris Leadbeater

窓から眺める、ライトアップされたビッグベン。

ライトアップされた、ウォータールーブリッジとセントポール大聖堂。

article-2403217-1B7F611C000005DC-612_306x423article-2403217-1B7F5EA2000005DC-540_306x423pic:Chris Leadbeater

グレーで寒い朝のロンドン。真っ赤なダブルデッカーも部屋から眺められます。

このゲストブックは特別です。

ここに旅のログを残すことに価値があり、たくさんの宿泊者の記録が残っています。

article-2403217-1B7F62FA000005DC-308_306x423article-2403217-1B7F5E82000005DC-36_306x423pic:Chris Leadbeater

彼らの記録を読むのも楽しい思い出となるでしょう。

今年の年末に取り除かれた後は、「どこへ航海し、どんな景色を見せてくれる」のでしょうか?

via:Mail Online


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント