新しい仕事のカタチ -建築編- 建築の未来予想図とは?

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  


建築→IT業界への原点


なぜ建築からウェブやITの業界にいったのかという大きな理由は、東日本大震災があったからです。
3.11以降、価値観の変化が大きくて、僕の中ではすべてが一変しました。
日本中がパニックになったことはみなさんご存知だと思いますが、東京もインフラや電車が止まって家に帰れなかったり。
そのときは長女が生まれていて、原発の報道やいろいろな不安があり、あたりまえだと思っていた価値観が変わって。
とりあえず東京から避難したいな、実家の長野に一回家族を返しておきたいなと思ったときに、会社に相談しました。
「政府が大丈夫と言っているから大丈夫でしょう」と上司に言われたときに、自分の生きていく選択肢を自分で決められないというのがリスクだなと思いました。
もともと起業はしたいなと思っていたので、背中を押す大きなきっかけになったのは、良くも悪くも東日本大震災があったからです。
建築は場所にとらわれる仕事なので、地震があったときや想定外の事が起きた時に気軽に動けない。
自由にどこでもできる仕事は何だろう?と考えたときに、不動産投資やIT、株など選択肢は様々ありましたが、業界が伸びていて場所に縛られない、且つ努力がちゃんと伸びていく業界はITだなと思った。
そこからIT業界の勉強、イベントに参加するように。

働き方と生き方


先に「生き方を決め」働き方は後でついてきたカタチです。
ぼくは家族といる時間を多くすることが豊かさを満たすラインだったので。
そのラインを守りつつ、ちゃんと収益があげれる可能性が高いものがITでした。

ですので、地元である長野で起業を目指していたわけではなく、致し方なく始まったようなカタチ。
お金もなかったし、高い志があってはじめたわけではないんです。
子供がいる親の価値観の変化は、震災後すごく増えているなと感じていて、長野市や松本、安曇野へ移住している方が多くいます。
人生の豊かさをどこに置くかと見極めるきっかけになったので、東京で寝る時間を惜しんで働いてということで幸せなのかな?とか、建築は高度経済成長の時は頑張れば伸びいく業界だったのですが、今は右肩下がりでどうなのか。
東京は高い家賃で高い生活コストのために一生懸命働いてすぐに無くなっていくこの消費社会は何なのだろう。

前のページへ 次のページへ
1 2 3 4 5 6 7
HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント