コスパ抜群で超便利!無印良品のパイン材ユニットシェルフって?活用事例15選

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

収納に困っている方必見!無印良品の人気商品、パイン材ユニットシェルフをご存知でしょうか?パイン材ユニットシェルフはメリットたくさんコスパ抜群でとても便利なうえ、見た目もオシャレ。今回はそのパイン材ユニットシェルフの魅力や作り方、耐荷重、活用事例をしっかり解説します。


オシャレで便利すぎる!無印良品のパイン材ユニットシェルフとは?

シンプルで機能的、暮らしに役立つアイテムがたくさん揃った無印良品の中でも人気の「パイン材ユニットシェルフ」。

聞いただけではわからなくても、写真を見れば、見たことある!という方も多いのではないでしょうか。

無印良品のパイン材ユニットシェルフは、安くて簡単に自分の好みやインテリアに合わせてラックや棚を作ることができるとても便利なアイテムです!

オープンシェルフなので物が取り出しやすく、見た目もオシャレに。収納力も抜群なので収納をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

安い・軽い・組み合わせ自由!無印良品のパイン材ユニットシェルフは何がすごい?

無印良品のパイン材ユニットシェルフはどういったところが便利なアイテムなのでしょうか。メリットを見ていきましょう。

値段が安い

パイン材ユニットシェルフはひとつ5千円~1万円程度で購入することができます。

一番大きいワードローブでも17,900円と、とてもリーズナブル。一般的な収納家具は値段がとても高いですが、パイン材ユニットシェルフはお手頃な価格なので、あまり家具にお金をかけたくない方でも安心して購入できます。

軽くて持ち運びが簡単

パイン材ユニットシェルフは一番小さいサイズで5kg、一番大きいサイズでも16kgと、とても軽いので、購入時や組み立ての際、完成したシェルフを移動させるときなども女性一人でも持ち運びが簡単にできます。

家具の移動は重くて大変ですが、独り暮らしで人手が足りない方でもご自分で運べるので模様替えの時などに便利です。

奥行き・高さが選べる

無印良品のパイン材ユニットシェルフは高さが3種類、奥行きも3種類、幅は2種類あり、それぞれ選ぶことができます。

高さは子供も使いやすい低めの83cm、収納力があるミドルサイズの120cm、大人の身長の少し大きめサイズの175.5cmの3種類、そして奥行きは小物や本などコンパクトな物向けの26cm、ボックスを使いやすい39.5cm、衣類の収納もできる50cmの3種類です。

幅は狭いところにも収まる58cm、広めで使いやすい86cmの2種類です。お使いの場所やシーンに合わせてお好みの形を選べます。

組み合わせが自由にできる

パイン材ユニットシェルフは帆立と呼ばれる梯子のような形の木材と棚板を組むことで作られます。

帆立と棚板は自由に組み合わせることができるので、例えば棚2つを組み合わせる時は3本の帆立を購入し、間に棚板を入れるということで作れます。

帆立の高さを変えれば段違いの棚に、たくさん組み合わせれば横幅の広い大型のシェルフを作ることができるなど、アイデア次第で様々な使い方が可能。

棚板は一枚から購入が可能なので、帆立に収まれば何段にもできるのも嬉しいところです。

パイン材ユニットシェルフにぴったり収まる収納商品がある

無印良品ではたくさんの収納ボックスが販売されていますが、パイン材ユニットシェルフにぴったりと収まるようなサイズの商品がたくさんあります。

ラタンバスケット、ブリ材バスケット、ポリエステル綿麻混ソフトボックス、硬質パルプボックス、やわらかポリエチレンケースなど、それらを使えばスペースを十分に有効活用でき、見た目もスッキリとオシャレな印象になります。

例えばこちらはパイン材ユニットシェルフとやわらかポリエチレンケースの組み合わせです。ここまでぴったりと収まると壮観ですね!

組み立て簡単!パイン材ユニットシェルフの作り方と連結方法

帆立と棚板を組み合わせるというと大がかりな作業をイメージするかもしれませんが、組み立てはとても簡単、初心者でも女性一人でも簡単に作業できてしまいます。必要な工具もドライバーのみです。

作り方

まず帆立にクロスバーと呼ばれる×型の金属をネジで取り付けます。そして棚板を差し込むだけで完了です。帆立の横になっている棒には穴がありそこに棚板の金具をはめれば固定できるので、お好きな位置に棚板を設置しましょう。

連結方法

連結方法もとても簡単です。先ほど作ったシェルフの隣にもう一本の帆立とクロスバーを取り付けて棚板を入れれば、2つの連結した棚になります。帆立の高さを変えて高さの異なる2つの棚にすることも可能です。

パイン材ユニットシェルフの気になる耐荷重は?転倒防止にはどうすればいい?

パイン材ユニットシェルフ、安くて軽いとなるとどれだけ重いものを乗せられるのか心配になりますよね。また、地震対策も合わせて知りたいところ。耐荷重と転倒防止の方法についてご紹介します。

耐荷重は棚板1枚につき15~30kg

耐荷重は奥行きによって異なりますが、39.5cmと50cmのものについては棚板1枚につき30kgとなっています。奥行き26cmのもののみ棚板1枚につき15kgとなっています。

一番大型のワードローブの場合、棚板1枚30kg、棚全体は100kg、ワードローブバーは20kgまで耐えられるそうです。幅86cm、奥行き39.5cm、高さ120cmの中型の棚は、棚板1枚30kg、棚全体は75kgまで可能です。

棚板1枚の耐荷重が15~30kgであれば本棚としても十分活用できそうです。

転倒防止方法

地震の時や日常生活の衝撃で棚が転倒ということは避けたいところです。

無印良品ではパイン材ユニットシェルフと一緒に壁に貼る転倒防止パッドというものを販売しています。

震度6強を想定した試験をパスしているようなので大きな揺れでも対応してくれそうです。

パイン材ユニットシェルフを購入の際に合わせて購入しておきたいですね。

パイン材ユニットシェルフの活用事例

パイン材ユニットシェルフはご家庭では何を置きどのように使っているのでしょうか。活用事例を見てみましょう。

リビング収納

リビングにちょっとした収納があるといいのにと思うことも多いですが、こうした収納棚があるととても便利ですね!一番下の段にオシャレな牛柄のスツールや可動式のボックスを入れているのがアイデアですね。

食品をガラスのボトルに見せる収納をしているのもとても素敵です。

キッチン収納

キッチン収納の家具を購入するとなるとお値段もそれなりにしてしまいますが、パイン材ユニットシャルフを活用すればキッチン収納も可能です。大きなお鍋も楽に置けますね。木材と木製トレーがマッチしていて雰囲気が良いですね。

大きいサイズのユニットシェルフで大型のキッチン収納になっています。隣にはユニットシェルフ中サイズを連結しているそうです。オープンタイプのシェルフだと下にゴミ箱を入れ込むこともできますね!真ん中に見えるオーブンレンジがとてもかっこいいですね。

こちらも大型のキッチン収納です。これだけ大型の収納があれば物をしっかり収納できて便利ですね!扉がないので手が塞がる調理中なども使い勝手が良さそうです。

子ども部屋に

同じ幅のパイン材のユニットシェルフを2つつなげてさらにロフトベッドとも組み合わせています。大型の収納棚で、ベッドからも物を取りやすく、ベッド下にも収納スペースがあるので物が増えても困らなさそうですね!

本棚として

こちらは絵本の収納にパイン材ユニットシェルフを活用しています。絵本は物によって大きさが異なるので収納に困りますが、棚板の位置を変えられるので小さいサイズ、大きいサイズと分けて置けるのが良いですね。一冊だけ表紙が見えるように置いているのも図書館や書店のようで見せ方が工夫されていますね。

ランドリー収納

洗面所のランドリー収納として使用しています。同じ無印のラタンボックスがアクセントになっていて素敵ですね。サイズもピッタリ合っています。タオルは見せる収納に、見られたくない小物類はボックスに入れるととてもスッキリしますね。

おもちゃ収納

こちらはパイン材ユニットシェルフにやわらかポリエチレンケースを使用したおもちゃ収納だそうです。白く形も統一された収納ボックスを使えばごちゃごちゃしがちなおもちゃもスッキリ片付けられますね!

こちらもおもちゃ収納です。高さが低いユニットシェルフなのでお子さんでも自分でお片付けがしやすそうですね。白いケースにラベルをしていてどこに何があるのかも分かりやすそうです。

勉強机に

ユニットシェルフにデスクをセットすれば立派な学習机になります。たくさんの本や教科書も置けて、勉強する環境が整いますね。市販の学習机よりもスペースを使わないのも良さそうです。

キャンプグッズの収納に

キャンプ好きの方は、テントやタープ、テーブル、イスなどのキャンプグッズの収納に困りますよね。パイン材ユニットシェルフを使えば普段はたくさん収納できて使うときはさっと取り出せます。テントとちょうど大きさがピッタリで凄いですね!

ハンガーラックとして

パイン材ユニットシェルフを自分でDIYしてお子さんのハンガーラックにしています。高さもちょうどよく、色分けしてハンガーにかけているのでどんな服があるのかパッと見てわかりやすいですね!

ミシン台として

パイン材ユニットシェルフに折り畳みデスクを合わせてミシン台にしています。物も置けて作業がしやすそうですね。このアイデアを使えばパソコンデスクなどもできそうです。

階段下のスペースを活用

リビングに階段があると階段下のスペースが余ってしまいますが、そこを活用して収納棚を置いています。お子さんのおもちゃもディスプレイのように飾っていて、パイン材の木調と合っていて温かみのあるスペースになりますね。

子供の身支度スペース

リビングの一角にお子さんの通園の身支度用のスペースとしてパイン材ユニットシェルフを活用しているようです。リビングのインテリアを邪魔しないデザインがとても素敵です。シェルフにさらにクリアボックスを使用して整理整頓してあるので朝も慌てずにお子さんだけで身支度できそうですね!

無印良品のパイン材ユニットシェルフを使って収納を楽しもう!

無印良品のユニットシェルフは自由に組み合わせができ、設営簡単、コスパも抜群の優秀な収納アイテムです。リビングにもキッチンにも子ども部屋にもどんな場所にも使え、アイデア次第でいかようにも活用できるので、収納場所に困っている方や収納を買い替えようという方はぜひ検討してみてください!

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント