無駄なくシンプルに暮らす!ミニマリストで楽しいライフスタイルに

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

衣類や雑貨など、好きなものをどんどん手に入れていけば、当然物が増えてしまいやすいです。

自宅にものが多くなると、場所を取ってしまったり空間を有効に使えなくなるなどさまざまな弊害が出てします。そこで参考にしたいのがミニマリストの思考。

ものを減らすことで、空間をすっきりとさせライフスタイルをも変える効果が期待できるようです。

今回はそんなミニマリストについてまとめていきます。


ミニマリストとは?

ミニマリスト(minimalist)とは日本語で「最小限主義者」を指します。

簡単に言うと、ミニマリストは最低限のものだけで生活を送る人のこと。

必要のないものを省き、絶対に必要なものを手元に置いて無駄なく暮らすライフスタイルを言います。

ミニマリストを実践するには、自分の持ち物を「捨てる」作業から始めます。

そして物を増やすさないことを意識するので、「断捨離」とも似ているのが特徴。因みに断捨離は物を減らすことで、空間と精神をすっきりさせる効果を図る思想の一種。

「物欲や執着を断つ」という仏教的な側面もあり、精神面を落ち着かせる効果を感じる人も多いようです。

ミニマリストも物を処分する行為があるため、実践した人の中にも「精神面の変化」を感じる人が多いのだとか。

もともとは欧米の思想の一つですが、実践して無駄のないライフスタイルを送るためにもミニマリストは大きな注目を集めているのです。

ミニマリストのメリット

①空間がすっきりする

ミニマリストのメリットとして大きく締めているのが、すっきりした空間を作れる点にあります。

物が多い空間はスペースが極端に少ないため、窮屈に感じやすいです。物を減らすことでスペースがグッと広くなるので、ゆとりのある空間にしやすいのです。

空間が広くなると気分もすっきりするので、前向きな気持ちを持ちやすいともいわれています。

②潔い判断ができるようになる

物が多い人は、なかなか捨てる決断ができないのが原因になっています。

「もったいない」「使えるかも」といった思考になってしまうので、必要がないのになぜか物を保管しているのが物の多い人の傾向です。

ミニマリストの実践では、物を捨てることが要求されます。

つまり必要のないものを処分することが重要になってくるので、潔く「捨てる」判断ができなくてはなりません。

ミニマリストを実践していくことで、必要かそうでないかを素早く判断できるようになるので、他のものごとに対しても潔くなる傾向にあります。

③無駄な行動が減る

ミニマリストのメリットには、無駄な行動が減る点もあげられます。というのも物が多い生活は必要なアイテムを探すのに時間がかかり、それが無駄になっていまします。

ミニマリストであれば物が少ない分、必要なものもすぐに見つけることができます。

余計なものが少ないので、作業なども集中しやすいといったメリットもあります。

④お金が貯まりやすくなる

ミニマリストの実践では「物を捨てる」作業から始めますが、処分した後は「物を増やさない」ことを意識して生活します。

これは物を購入しないことに繋がるので、お金を使う機会が減り貯蓄がしやすくなるのもメリット。必要なものを購入する際はしっかり品定めをするようになるので、上質なアイテムが手元に集まるようにもなってきます。

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

佐々木 典士
1,080円(08/20 11:17時点)
発売日: 2015/06/12
Amazonの情報を掲載しています

ミニマリストになるためのポイント

①絶対に必要なものをリストアップする

ミニマリストの実践において最初のステップが、身の回りのものを見直すことにあります。

まずは絶対的に必要なものをリストアップし、それ以外のものを排除していきましょう。

リストアップはメモなどに書き起こしておくのがポイントです。

②捨てる基準を設ける

物を捨てる作業を行う際、基準を設けるのもポイント。

例えば1年以上着用していなかったり使っていないものは処分するようにしたり、長年クローゼットにあるものを思い切って捨てるなど。

「まだ使える」「必要かも」といった考えを捨て、できるだけ「使うか」「使わないか」で基準を設けるのがいいでしょう。

③無駄な買い物を避ける

身の回りのものを処分できたら、今度はものを増やさないように買い物を避けるのも、ミニマリストの実践ポイントになります。

必要なものを購入するさいも、「本当に必要なのか」を自問自答し、何が自分にとって必要なのかをしっかり見分けていきましょう。

④質のいいものを持つようにする

[https://www.instagram.com/p/Bx3kwngAVXV/]

ミニマリストの実践として、必要なものを購入する際には質のいいものを選ぶのがポイント。

上質な製品は高価ではありますが、その分長持ちするので、長く使っていても飽きの来ないのが魅力。

長年愛用していけば味わいの出るものもあるので、良いものを手に入れて長く愛用していくことがミニマリストとして重要です。

ミニマリストのお部屋を拝見!

一人暮らしのワンルームは、住まいの空間も限られてくるので、ミニマリストを積極的に実践するのがおすすめ。

こちらは1LDKタイプの空間にミニマリストにしています。TVボードにはベンチを活用し、ベロア素材のソファを置いてレトロなワンポイントに。

リビング空間にはソファクッションを置いて、モダンでゆとりのあるミニマリスト空間にしています。

お部屋の角には枝などをかざって、秋冬を思わせる季節感を出しているのもポイントです。

こちらは猫と一緒に一人暮らしをしているワンルーム。

家具やカーペットなどを白でまとめ、すっきり感と清潔感のある空間を演出しています。ベッド下には衣類などの収納をしているので、空間をしっかり有効活用しているのもポイント。

ペットがいる生活は物が乱雑になりがちですが、ミニマリストの実践ですっきりした印象になっています。

こちらはミニマリストなお宅のリビング。

白い壁とフローリングが基調になった空間に、木目のダイニングテーブルと椅子を置き、本棚をシンプルに置いています。テーブルには生花を置き、さりげなく爽やかさをプラス。

本棚の本もかなり処分しており、全体的にナチュラル感がありつつもすっきりしたリビングができあがっています。

住人の方はお部屋に飾る絵画を探している様で、もう少し鮮やかさをプラスしていく予定だそうですよ。

こちらはミニマリストを実践した海外のお宅。

大きなガラスが特徴的なリビングには、暖炉風のストーブや椅子、テーブルをちりばめて、ゆったりとしてモダンな空間にしています。

収納棚には程よく小物や本を飾り、さりげなくおしゃれなリビングにしています。

こちらはミニマリストを取り入れたキッチン。

シンク上はあまりものを置かないようにしており、収納棚にすっきり整理をしています。

水回り横に鉢植えを置いて、ナチュラルなワンポイントをプラス。

住人の方は、カウンターに華やかさが欲しかったとのことで、友人の結婚式で使われていた花を飾っています。

サニタリールームは、脱いだ衣類や洗剤など、物であふれて乱雑になりやすい空間。

こちらはそんなサニタリールームをミニマリストで物を減らして、すっきりした空間を生み出しています。

洗面台には歯ブラシなどを取り出しやすい場所に設置。他の小物は収納棚に収め、無駄なものを見せない空間にしています。

住人さんとしては、洗濯機が大きすぎたようで、空間を狭く感じてしまうのだとか。それをカバーするようにミニマリストを実践し、空間を有効活用しているようです。

まとめ

無駄をなくしたシンプルなライフスタイルを目指す中で誕生したミニマリスト。

情報やモノが多い現代だからこそ、シンプルなライフスタイルは、あなたの心を豊かにさせてくれる一つのアイディアかもしれません。

これまでの生活を変化させるために、一度は実践してみるのはいかがでしょうか。

ラクに、すっきり、自分らしく 大人の小さなひとり暮らし

ラクに、すっきり、自分らしく 大人の小さなひとり暮らし

coyuki
1,382円(08/20 11:17時点)
発売日: 2019/01/19
Amazonの情報を掲載しています

【参考】Source: instagram
Photo by: instagram

HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

公式instagramへ 公式facebookへ

おかねのはなし

塗るものを選ばないチョークペイント

塗るものを選ばないチョークペイント