茶室から発想!様々なシーンで活躍するコンパクトな家とは?

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)

ハコを様々な用途で使用できる

ロンドンに拠点を置く研究者やデザイナーとミュンヘン工科大学のチームは、学生、ビジネスマン、スポーツやレジャーでの週末利用者など、宿泊施設の短期利用の需要増加に対する答えとして、M-CH(マイクロコンパクトホーム)を開発しました。

マイクロコンパクトホームは、1〜2人のための高品質でコンパクトな家です。

わずか2.66メートルの立方体はいろんなシチュエーションに対応できます。

ベッドスペース、ワーキング/ダイニング、シャワーブースなど、日常の使用に十分対応できます。

main inner1 inner2 kichenPhoto:microcompacthome

航空機、ヨット、車など、様々な分野の技術と、マイクロアパートとして高品質でコンパクトな「生活のスペース」としての技術が組み合わされています。

日本の伝統的な茶室に見られる、「用途を絞り込みミニマルを追求する」というアイデアが活かされています。

それはコストを抑えるためのコンパクトではなく、各部の質感も含めてじつに贅沢な空間です。

木材フレーム構造でポリエステル粉体塗装アルミ外装、断熱はポリウレタンフォーム、ペアガラスとアルミサッシ、ダブルロックの玄関ドアなどなど、一般的な住宅と同等の仕様です。

2つのコンパクトなダブルベッド、寝具や清掃機器の収納スペース。65×105センチのスライディングテーブル。

リビング/ダイニングスペースにフラットスクリーンテレビ。

シャワー&トイレブース。

キッチンには、2口のIHコンロ、電子レンジ、冷蔵庫・冷凍庫のユニットが完備され、3分別ゴミ箱、収納棚、スライド式のカトラリーBOXは2段の作業台になります。

エアコン、給湯機器、火災警報に煙探知器、床下ダクト温風暖房。

ビジネスシーンにも活躍

その四角い外観は、スポンサーのロゴや展示会・ビジネス用途にも最適!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Photo:microcompacthome

日本のプレハブ技術を活かし、内部部品の製造はほぼ自動化されていて、納期は約3ヶ月。

トラックでの輸送には木材フレームを使用しますが、ヘリコプターで運搬する場合は、アルミニウムフレームが使用されているそうです。

hericopterPhoto:microcompacthome

不思議なことに、この無機質な箱は森の中にあっても違和感がありません。

森や草原で週末を過ごすための拠点に最適でしょう。

自宅に庭があるのなら、書斎やプライベートオフィスにも最適です。

ビルの屋上やエントランスの空きスペースなどを活用して、レンタルルームにも良いでしょう。

田舎に土地を購入して、別荘にしてしまうのもありそうです。

使い道を考え出したらわくわくしてきますね。

あなたならどう使いますか?

Source:microcompacthome


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。 instagram:https://www.instagram.com/handiy_life/