戦時中の施設→楽しいウォーターレジャー施設にリノベーション!

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

負の遺産を生まれ変わらせるリノベーション

ポーランドで、第二次世界大戦中に使われていた施設を再利用しようとするプロジェクトが始まっています。

バルト海のポーランド北部沖に浮かぶ、当時のドイツ軍が魚雷開発のために使用していた観測施設

それが戦後から現在まで、そのまま放置されていました。

戦争中の施設をレジャー施設へ

ワルシャワの建築事務所MFRMGRが、なんとウォータースポーツが楽しめるレジャー施設へと一新させるというのです。

こちらが現在の状態。

Remodeling-an-old-observation-tower-by-Moko-Architects_dezeen_468_18photo by DEZEEN

こちらが理想のレジャー施設。

Remodeling-an-old-observation-tower-by-Moko-Architects_dezeen_468_15photo by DEZEEN

破損箇所も多く寄り付き難い場所なため、時々映画の撮影で使用されたり、ダイバーが練習する以外はほとんど使われていませんでした。

海岸から約1.6kmの距離にあるので、訪れる人々の交通手段は夏はボートのみ、冬は海が凍ったらホバークラフトで渡ります。

2階部分は現存する部分を鏡に写すように反転させたデザインにする予定。

また、使用するレンガは現存のものに限りなく近い素材を用い、なるべく元の建物の歴史を残すように工夫されています。

Remodeling-an-old-observation-tower-by-Moko-Architects_dezeen_468_11 Remodeling-an-old-observation-tower-by-Moko-Architects_dezeen_468_13photo by DEZEEN

電力は風力&太陽光を予定

屋内にはベッドやオフィススペースも完備。

主なエネルギー源には風力と太陽光を予定しているため、電力が不足しても快適に使えるように発電機まで設置するそうです。

建物を取り囲むように浮かぶデッキは高波から建物を守るだけでなく、ボートなどが停泊できるように小さな港の役割ももっています。

また、その中には3つの”浮かぶ島”が設置され、雨水を貯めるタンクやガーデンをつくったり、海鳥専用のエリアも設けるなど、訪れた人々が楽しめるように様々な工夫が施されています。

「こんなに隔絶されたミステリアスな場所なのに、ダイバーや冒険家,日光浴を楽しみたい人達までも関心を高めているんですよ。」

と語るのは建築家チーム。

完成予定は2016年。

その時にどんな姿になって現れるのか、今から多くの人の関心を寄せています。  

Remodeling-an-old-observation-tower-by-Moko-Architects_dezeen_bansource: MFRMGR
photo by DEZEEN


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント