窓がなく、仕切りもない?メタルBOXに隠れた日本のスモールハウス

HANDIY(ハンディ)
HANDIY(ハンディ)  

窓がない?

一見すると、倉庫か何か一枚岩のようなこの建物は、個人宅というよりも、窓もなく暗いメタルで覆われ、ハイセキュリティーのビルのようです。

しかし、一旦中に入ってみると、見た目の人を寄せ付けない外観からは想像もできないような、自然光をたくさん取り込む暖かく心地よいインテリアになっています。

Ant-House-by-mA-style-architects-1 Ant-House-by-mA-style-architects-9

このコンパクトで現代的なミニマムハウスは、mA-style architectsによってデザインされ、2012年に完成しました。

713スクエアーフィート(約67㎡)のこのミニマムハウスは、mA-style architectsの得意とするミニマリストスタイルで、遊び心のあるデザインです。

また、きちんと区分けされていないスペース、色味を抑えた色使い、カラマツの合板を使用したデザインも特徴的です。

Ant-House-by-mA-style-architects-5 Photo:inhabitat

仕切りのない設計

この家の、立方体で暗い色目を使った閉塞感のある外観と、切妻屋根によって中央部分に高さを出すことにより、明るく広く見えるインテリアとのコントラストも素晴らしい。

この家のコンセプトの一つに、壁によるパーテーション(仕切り)を使うことなく、家族5人が住むスペースを快適に区切り、楽しみと想像を絶するデザインも特徴の一つと言えるでしょう。

1階部分には、リビングルーム、バスルーム、収納スペースが、キッチンやダイニングスペースのような共有スペースによって取り囲まれています。

2階部分は、主にベッドルームで構成されており、大人と子供のベッドルームは、広いフリースペースによって分けられています。

Ant-House-by-mA-style-architects-10 Ant-House-by-mA-style-architects-3Photo:inhabitat

天窓:採光性の高さ

大きく、くり抜かれた窓は、全てのスペースを見渡すことができ、典型的な区切られた部屋の形ではなくオープンスペースを作り出しています。

自然光は、スカイライトとサイドにある背の高い窓から、カラマツ合板を通って室内に差し込んでいます。

本当に外観からは想像もできない、明るく広々とした内装に驚きです。

都会や人通りの多い道に建つ家にとっては、セキュリティーにもなり、一目を惹く素晴らしいデザインですね。

Ant-House-by-mA-style-architects-8 Ant-House-by-mA-style-architects-7 Ant-House-by-mA-style-architects-2Photo:inhabitat

via:inhabitat


HANDIY(ハンディ)

WRITTEN BY

HANDIY(ハンディ)

「古いから全部壊して、新しいものを作る」のではなく、住まいにDIYという体験を付加し、感情やストーリーを纏って最適化しながら持続可能な住文化をつくる。

これがHANDIYの目指す世界。

instagram facebook


塗るものを選ばないチョークペイント 塗るものを選ばないチョークペイント